(450)簡単に今後のデータを予測する方法

みなさま、こんにちは。
モカです。
お元気ですか?

紅葉が綺麗で、うっとりしているこの頃♪
秋。素敵な季節ですよね。

青空に紅葉が映えます^^



簡単に今後のデータを予測する方法

Excelでは、データをもとに、今後の推移を予測することが出来るのが良いところ♪

ということで、今回は、蓄積したデータをもとに、簡単に今後のデータの予測ができる方法をご紹介していきます。

1.データを範囲選択します。表の中にカーソルを置いて、Ctrlを押しながら「a」を押します。


2.「データ」ー「予測シート」を押します。


3.「予測終了日」を入力し「作成」を押します。


4.予測の表とグラフが作成されました(新しいシートが自動的に作成されます)

予測データとグラフがパッと作成できます。
予測データには幅(多めの予測、通常の予測、少なめの予測)があるので、とても参考になります。

いかがでしたか?
便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

表示

Posted by Mocha