newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

一大イベント!ソフトウェア開発環境展(SODEC)が無事おわりました。IMG_8867.jpg
3日間にわたって開催された展示会。
足を運んでいただいたお客様、ありがとうございました。

例年より、かなり肌寒いお天気となりました。
でも、会場は熱気で包まれて暑いくらいでした。

良い製品がないか、と探しておられるお客様と直にお会いして、製品をご紹介できる機会は本当に貴重な時間でした♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

グラフがすぐ作れる方法~クイック分析~

Excelで、いろんな手順を踏まなくても、すぐにグラフが作れたら便利ですよね。
そこで今回は、たった3クリックするだけで、すぐにグラフを作れる方法をご紹介します。

1.データを範囲選択します。
すると、クイック分析のアイコンが表示されます(青枠)ので、クリックします。
qick1.jpg

2.「グラフ」をクリックします。
qick2.jpg

3.マウスポインタを合わせたら、作成できるグラフのイメージ(プレビュー)が表示されます。
<集合縦棒グラフ>
qick3.jpg

<積み上げ面グラフ>
qick4.jpg

4.作成したいグラフのタイプを選び、マウスポインタを置くだけではなく、クリックすると、すぐにグラフが作成できました。
qick5.jpg

5.グラフタイトルを消すか、タイトルを入力するば完成!
qick6.jpg

いかがでしたか?
あっという間に、すぐにグラフが作成できて便利!

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

ただいま「作り置き」に、はまっています。
家族が美味しいと言ってくれるレシピに出会えたので、がぜん、やる気が出ました♪tukuoki.jpg

参考にさせてもらった本は、「つくおき」→
★サイトはこちら→レシピサイトつくおき

手順が少なく紹介されていて作りやすいし、さらに、手間も少なく、最短でつくれるように工程まで紹介されているので、1週間分のおかずが、あっという間に出来て楽しくなります^^

もっと早く出会いたかったわ~^^;



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

次の集客数を予測する方法~TREND関数~

Excelで便利なのは、なんといっても関数!
と、いうことで^^ 今回は、いままでの数値から今後の予測をしてくれる関数「TREND関数」をご紹介します。

1.2018年の来場者数をTREND関数で予測してみます。
2018年の来場者数のセルにカーソルを置き、関数の挿入ボタンを押します。
torend3.jpg

2.関数の分類を「すべて表示」にして、「T」を押します。「T」で始まる関数が表示されるので、その中から「TREND」を選び「OK」を押します。
torend2.jpg

3.それぞれの範囲、セルを選択して「OK」を押します。
上から順に、
「既知のy」は、いままでの来場者数の範囲を選択して設定します→B2:B9
「既知のx」は、いままでの年の範囲を選択して設定します→A2:A9
「新しいx」は、予測する年(新しい年)のセルを選択して設定します→A10
torend4.jpg

4.予測の数が表示されました。「534.71・・・」です。
torend6.jpg

5.見やすく1の位までの表示にします。
「小数点以下の表示桁数を減らす」ボタンを何回か押し、1の位までにします。
予測される数は「535」となりました。
torend5.jpg

いかがでしたか?
今後の予測ができると、目安ができて、配布資料の数など、色んな準備がしやすいですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。
yama.jpg
先日、田舎に帰省してきました。
北アルプスにはまだ雪がかぶっていました。
とっても綺麗で見とれてしまいました。

空気も美味しくて、いつも以上に食欲全開な私でした^^;

一番おいしかったのは、山で食べた焼き肉!
バーベキューのような洒落たものではなかったのですが、
普段なかなか出来ない体験♪

やっぱり自然の中で食べると美味しいんですね!
暖かくなったのでこれからアウトドアに最適な季節ですよね♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

両手があいていない時の操作方法

Excelでデータをつくっているとき、片手にデータの資料や受話器を持っていて、両手で操作できない、という場合もありますよね。

そんなとき、便利なのは、片手でもいろんな操作ができるショートカットキー。
ではさっそくご紹介していきます。

★一行目(項目名)の文字を「中央揃え」「太字」にして、見映え良くしたいと思います。

1.一行目の項目名を範囲選択(A1にカーソルを置いて、Shift+→3回押)して、「Alt」キーを押しながら、「H」を押します。
ryote2.jpg
IMG_2711.jpg

2.機能のボタンの近くに、それぞれ、英文字や数字が表示されました。
「中央揃え」は、「AC」となっていますので、まずAを押します。
ryote3.jpg

3.つづけて、Cを押します。
ryote4.jpg


4.「中央揃え」に出来ました。さらに太字にしたいので、Ctrl+Bを押します。
ryote5.jpg

5.太字になりました。見やすくなりましたよね♪
ryote6.jpg

いかがでしたか?
すべて片手で操作できるし、慣れるとマウスで操作するよりも早い!

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

  • ディービーシート・クライアントの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

最近のコメント