newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

朝晩はひんやりして秋めいてきました。                    画像:Hoshino.com
最近、運動不足を実感すること多くて^^;aki_089.jpg
体力をつけるために、なるべく車ではなく歩いたり、走ったりすることを意識しています。
駅の乗り継ぎも意外と体力使いますよね。

暑さが和らいだので、体を動かしやすいです♪
食欲も増す「秋」ですが、健康増進の秋にしたいなぁ、と思っている今日この頃です^^

Excelは今まで通り使いながら、データをDB化できるシステム!いま、すごく注目されています。
よろしければ、ご覧になってみてくださいね。
※会員になると全文が読めるページです。
↓ ↓ ↓

シャープとJR九州がExcel業務を改革、現場の効率化と経営精度アップを実現



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データの初めと終わりにすぐに移動できる方法

Excelでは、データ量が大きくなると、データの一番最初や最後に移動するのは大変ですよね。
でもExcelなら簡単です。

では、さっそく、その方法をご紹介します。

Excelでは、一番左上端のセル<A1>(ホームポジションといいます)にカーソルを置いて終了させると、次に開いたときに編集しやすくて便利です。

1.そこで、セルA1に移動する簡単な方法は、
「Ctrl」+「Home」を押します。
※ノートPCは「Fn」も同時に押します。
home1.jpg  IMG_58121.jpg

カーソルがA1に移動しました!
home4.jpg



2.今度は、データの一番最後のセルに移動したい場合、
「Ctrl」+「End」を押します。
※ノートPCは「Fn」も同時に押します。
home1.jpgのサムネイル画像 IMG_58122.jpg

カーソルがデータの最後のセルに移動しました!
home5.jpg

いかがでしたか?
データ量が多いときには特にすぐに移動できて便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

夏休みも終わり、徐々に秋めいてきましたね。
わたしは誕生日が8月なので、やっぱり"夏"が好きです。
                          画像:www.i-nekko.jp
とくに、花火!hanbi.jpg
始まる前のあのワクワクした気持ち♪
あまりの綺麗さ、準備してくれた人達の気持ち・・・感動して、なんとも言えない幸せな気持ちになれます。

日本の花火大会は、海外よりも規模が大きくて、人気もあるようです。
今年も素敵な花を夜空にいっぱい咲かせてくれて、すてきな夏を彩ってくれました^^


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

年齢を表示させる方法

Excelで、名簿などの管理をすることがよくあるかと思います。
名簿には、氏名、生年月日などを載せた場合、年齢も載せたい、という場合がありますよね。

そこで、今回は、年齢を簡単に表示できる方法をご紹介します。

1.「生年月日」と「今日」の日付から年齢を求める関数式を入力します。
=DATEDIF(D3,TODAY(),"Y")
※D3・・・生年月日、TODAY()・・・今日の日付、"Y"・・・年数
tanjobi1.jpg

2.下のセルに関数式をコピーします。
tanjobi2.jpg


いかがでしたか?
年齢を求めるのは手作業だと結構、手間がかかってしまいますが、これならすぐに分かって便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

暑い中ですが、夏バテなどしていませんか?sy_095.jpg
食欲も減ってしまいがちですが、さっぱりしたものを頂きながら、元気に夏を乗り切りたいですね。スイカを食べると、スーっと体が冷えてホッとします^^

ちなみに私は、きゅうりに味噌をつけて食べるのが大好きです。
きゅうりは夏野菜で体を冷やしてくれます。味噌は体を温めてくれます。
陰(冷)と陽(温)の組み合わせで、体に優しいのが良いんですよね^^
                     画像:hoshino.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

西暦を和暦に変える方法

西暦を「昭和」「平成」などの和暦に変えたい場合、意外と手間取りますよね。
Excelでは、簡単ですぐに変えられる方法があるんです。

では、さっそくご紹介していきます。

以前、カレンダーを作る際の曜日指定でTEXT関数を使いました。
※カレンダー作りの小技1>>
ここでも便利なTEXT関数を使っていきます。

1.西暦の入力されたセルの隣りに関数式を入力します。
「=TEXT(A2,"gggge年m月d日") 」
※ gggg・・・和暦、e・・・年数、m・・・月、d・・・日
 和暦の部分をダブルコーテーション( " )で囲みます。
wareki2.jpg


2.西暦が和暦で表示されました。
wareki1.jpg

3.下のセルにも関数式をコピーします。
wareki3.jpg

いかがでしたか?
簡単に西暦を和暦に変えることができました。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • dbSheetClient関連ホワイトペーパーの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

最近のコメント