(449)Excelで画面を広く表示する方法

みなさま、こんにちは。
モカです。
お元気ですか?

紅葉が始まって、すっかり秋らしくなりました!
冬になる前に、ちょっと賑やかな時期^^
黄色や赤の葉が気持ちを明るくしてくれます♪

今年の冬は、「寒め」らしいです。
冬支度、万全にしておきたいですね。

画面を広く表示する方法

Excelでは、データをなるべく広い画面で見たい、分析したい、という場合もありますよね。
その場合、列番号や行番号を非表示にすると、広くなります。

そこで、今回は、簡単に画面を広くする方法をご紹介していきます。

1.「ページレイアウト」ー「シートオプション」ー「見出し」の中の「表示」のチェックを外します。


2.「列番号」「行番号」が非表示になって、画面が広く表示されるようになりました。


3.いま非表示にした「列番号」「行番号」をもし印刷時、表示したい場合は、
「印刷」のチェックをONにします。

4.「印刷プレビュー」をすると、
「列番号」「行番号」が表示されてきました。プレビュー前は表示されていなくても、表示されてきます。

いかがでしたか?
簡単に、思うように、表示、非表示ができて便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

表示

Posted by Mocha