(364)データが追加されても常に連番が表示される方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

卒業シーズンですね♪han0205-049.jpg
甥っ子も先日、幼稚園を卒園しました。

お友達との分かれ、そして、4月には新しい出会いも待っていて、
寂しくもあり、わくわく楽しみな時でもあり、、、

新鮮な気持ちでわたしも頑張ろうっと^^

        
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データが追加されても常に連番が表示される方法

Excelでは、データが途中に追加されると、連番で番号をふっていたのが飛んでしまうことがあって不便な時がありますよね。

そこで今回は、途中にデータが追加されても、連番が常に表示される方法をご紹介します。

1.連番のふられたA列に、関数式を入れていきます。
row1.jpg

2.セルA2に「=ro」と入力し表示されてくる関数名から「ROW」をダブルクリックします。
row2.jpg

3.「=ROW( 」の後ろに「 )-1 」と入力してEnterを押します。
※ROW関数は「何行目か」を求めるので、項目名(1行)分を引きました。
row3.jpg

4.下の行にも関数式をコピーします。
セルA2の右下にカーソル置いて、十字に変わったらダブルクリックします。
row4.jpg

5.連番になるか、行を追加(データが追加)してみます。
5行目に列(データ)を追加して、セルA5にカーソルをおいて、「Ctrl+D」を押します。
※「Ctrl+D」は、上のセル(関数式)をコピーするショートカットです。
row6.jpg

6.連番になりました。
次に、行を削除してみます。
行番号「6」の上で右クリックー削除を押します。
row7.jpg

7.NO5の「村中 真人」さんが削除され、NOは飛ばずに連番になりました。
row8.png

いかがでしたか?
削除の場合はそのままでOK!ひと手間がいらず助かりますよね♪

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/891

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年3月12日 13:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(363)真ん中のデータを求める方法~MEDIAN関数~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。