(362)500円単位で繰り上げや繰り下げをする方法~MROUND関数~

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

日に日に、春が近づいてきている気配^^image8611.jpg
でも、寒さが急に戻ってきたりするので油断はできませんよね^^;

マフラーや薄手のジャンバーやベストなど、持ち歩いて備えたいですね♪

風邪も流行っているみたいなので、体調に気をつけて、元気いっぱいで春を迎えたいですね^^          
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

500円単位で繰り上げや繰り下げをする方法~MROUND関数

Excelでは、細かい数字まで計算で求められます。でもあんまり細かいと目安や傾向をつかみにくい、という場合がありますよね。

そこで、今回は、指定した単位で「切り上げ」か「切り捨て」が出来る方法をご紹介します。
一番近い方を選んで「切り上げ」「切捨て」がされます♪

1.元の表(赤枠)を範囲選択して「コピー」、横に「貼り付け」をします。貼り付けた後に表示される「貼り付け」マークの▼を押し「元の列幅を保持」を選びます。

500-1.jpg

2.貼り付け先の表のデータを消して、関数式を入力します。
「=MROUND(B2,500) 」500単位でより近い方に「繰上げ」または「繰り下げ」する式です
500-2.jpg

3.関数式を他のセルにコピーします。セル(G2)の右下にカーソル合わせて十字の状態でダブルクリックします。下のセルに関数式がコピーされました。
500-4.jpg

4.G列のデータを範囲選択して、3.と同様に十字の状態で横にドラックしてコピーします。
500-5.jpg

5.指定した「500」の単位で、丸める(「繰上げ」または「繰り下げ」する)ことができました。
500-6.jpg

いかがでしたか?
なんだか、すっきりして見やすくなりましたよね!

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/889

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年2月20日 11:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(361)離れた見えないセルを見る方法」です。

次の記事は「(363)真ん中のデータを求める方法~MEDIAN関数~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。