dbSheetClient

ActiveDirectoryに対応していますか。どのように対応していますか?

対応しています。
dbSheetClient開発版を起動後、SuperVisor権限のユーザーIDでログインすると「AD情報の取込」が可能になります。編集画面では、AD内のOU(組織単位)とグループがツリー状に閲覧できますので、それらをdbSheetClientサーバー管理画面から登録したグループと紐づけすることにより、dbSheetClientのユーザーとして登録することができます。AD側のメンバーに入れ替わりがある場合は、随時取り込む必要があります。
なお、ActiveDirectory環境下では、実行版を起動する際には、SSO(シングルサインオン)対応となり、ユーザーID、パスワードの入力をスキップさせることができます。


お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当社製品のご案内や、
当社セミナーのご案内以外に使用することはございません。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム