Excel業務の問題を解決するのは、"脱"Excel? "活"Excel?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

katsuexcel.jpg

こんにちは、企画室の梅本です。今回は小冊子をご紹介します。
冊子のタイトルは「""Excelで現場の効率化を促進するWebシステムを」です。
"" Excelではなく、"(かつ)"Excel、です。
""Excelは、現場のExcel業務をそのまま活用して、様々なExcel業務の問題を解決へ導きます。

現在、現場のExcel業務に問題を抱えており、それを改善する必要に迫られている方は、ぜひ一度、手に取ってみてください。
"活"Excelで現場の効率化を促進するWebシステムを >>

Excel業務の問題を改善するためにWeb検索を行うと、今は「"" Excel」がキーワードとなり、問題解決のための1つの考え方となっています。
Excel業務に大きな問題を抱えつつある会社にとっては、大きな希望を感じさせるキーワードです。
ところが実際の現場ではどうでしょうか。
"" Excelが必ずしも正解ではなかった声も聞こえてきます。
そもそも"" Excelとは、どのような背景から生まれてきたのでしょうか。

"" Excelが注目された背景

社内では様々な業務にマイクロソフト社のExcelが使われています。
なぜならExcelは非常に優秀なツールで、現場の大半の業務をExcelで回すことができるからです。
このようなことから「Excel業務」という言葉も生まれてきました。
しかし、会社の成長や業務の変化に合わせて、Excel業務にも困ることが出てきました。

たとえば・・・
・各地から毎月メールで送られてくる沢山のExcelブックの集計に時間がかかる
・集められたエクセルの集計は手作業のため、ミスに対するチェックが大変
・サーバーに蓄積されていくExcelブックの管理が大変
・集計データのリアルタイムな情報共有が困難
など・・・。

これは、もはやExcel単体の機能では解決できない領域です。
そこでExcelのこれらの問題を解決できる他のツールやシステムに置き換えようという考え方が広まりました。
このような中、いつからか"脱"Excelという言葉が流行るようになったと考えています。

しかしながら、Excelを捨てて、新しいツールやシステムを導入することが必ずしも正解とはならない場合があるようです。

その業務の問題を解決するのは、"" Excelですか?、"" Excelですか?

重要なExcel業務を他のツールまたはシステムに無事に置き換えることができ、問題なく運用している会社もありますが、高い費用を投じた新しいシステムやツールが現場に定着せず、いつの間にか、またExcelに戻ってしまうという話も聞こえてきます。
さらに問題なのは、導入された新しいシステムにはExcelのような柔軟性が無く、この新たに導入されたシステムと、Excelの両方を使うことになったという話もあります。

したがって、まずはどちらが定着しやすい現場の新しいシステムになり得るかということを、慎重に考える必要があるのではないでしょうか。

■ 既存のExcelを新しいシステムやツールに置き換えて、現在の問題を解決する。
  ⇒ "" Excel
■ 既存のExcelをそのまま活用して、現在の問題を解決する。
  ⇒ ""Excel

もちろんdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)は、「既存のExcelをそのまま活用して、現在の問題を解決する」""Excelのシステムツールです。
現在、現場のExcel業務に問題があり、それを改善する手立てを模索されている場合、この小冊子はそれを改善するためのヒントにしていただけるはずです。
ぜひ一度、お読みください。
"活"Excelで現場の効率化を促進するWebシステムを >>

usercases_img.jpg

こんにちは、企画室の梅本です。
dbSheetClientユーザー事例に、呉信用金庫様を追加いたしました。
呉信用金庫様からは、主な開発システムとして、出資受付登録と案件総合管理をご紹介いただきましたが、他にも3年間で30以上の業務をdbSheetClientでシステム化されています。

圧倒的な処理スピードの向上

呉信用金庫様では、各種業務をExcel+マクロを使って、ある程度の自動化は図って来られました。
しかし登録した件数分のExcelシート(CSV)ができ、それをネットワーク経由で様々な集計業務を行っていると、数万件分のCSVを処理することもあり、データを受け取るだけで10分以上掛かるという、スピード面で問題がありました。
これが今回、dbSheetClientでシステム化し、10分以上が瞬時となりました。
その他、様々な点で改善が図られ、システム導入の効果を実感されているようです。

ぜひ詳細を事例ページご覧ください

詳しくは、ぜひ事例のページをご確認ください。
呉信用金庫様事例ページへ >>

PSIシステムで営業部門と生産企画部門が情報一元化を実現

usercases_img.jpg

こんにちは、企画室の梅本です。
dbSheetClientユーザー事例に、シャープ株式会社様を追加いたしました。
この度シャープ様では、喫緊の経営課題である在庫削減と販売機会の最大化を実現するためのツールとして、dbSheetClientを採用していただきました。

販売系PSI業務における生産投入の精度向上のために、先ず情報一元化による販売系PSIの効率化を図るため、各事業部営業部門と生産企画部門の要望を盛り込んだ新PSIシステムを構築しました。

新PSIシステムで一点突破

2014年当時、在庫が増えていたことと、その改善を図ろうにも、営業の販売見込みの精度が低く、生産投入が遅れがちになったり、過剰生産につながるといった悪循環に入ってしまっており、PSI業務を刷新する必要性に迫られていました。当初は何社かの比較をしていましたが、最終的にdbSheetClientを採用していただくとになりました。

ぜひ詳細を事例ページご覧ください

詳しくは、ぜひ事例のページをご確認ください。
シャープ株式会社様事例ページへ >>