(381)日付を和暦で表示させる方法

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?
medal.jpg
今年も残り1週間たらず!?
年賀状の準備していると、本当に1年が早かったなぁ~と、しみじみ^^;

2020年はオリンピックがありますね!
どんなドラマが展開されるのか?感動をたくさんできる1年になりそうで、
ワクワクします♪                            画像:オリンピック公式HPより

みなさま、今年も「EXCELコーヒーブレイク」をご覧いただき、
ありがとうございました。
少し早いですが、みなさま、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。 モカ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日付を和暦で表示させる方法

Excelでは、日付を和暦で表示させることもできます。
新しい元号になりましたが、設定すれば自動的に「令和」で表示されるので、
うっかり「平成」にしてしまった!?ということがなくて便利です。

では、さっそくご紹介していきます。

1.Ctrl + ; を押して、日付を入力します。
wareki1.jpg

2.日付のセルにカーソルを置いて、表示形式の設定を開きます(下図 右上赤枠部分)。
wareki2.jpg

3.設定画面の「表示形式」-「日付」-カレンダーの種類を「和暦」に設定して「種類」をどちらか選択して「OK」を押します。
wareki3.jpg

4.「令和1年12月23日」と表示されました。
wareki4.jpg

5.当日の日付が自動的に表示できる「TODAY関数」を設定してもOKです!
wareki5.jpg

いかがでしたか?

ぜひご活用ください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。