(378)平均値をより正確に求める方法~TRIMMEAN関数~

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?
so_251.jpg
週末は、連日、雨。。。気温もガクッと下がりましたね。
風邪などひかないように、気をつけてお過ごしくださいね。

咳がとまらないとき、カイロをおへそに(服の上から)貼ると、止まってくれて、
私は効果がありました^^ 何より、体を冷やさないことが大切ですよね。

期限があまり長くないから、買いだめが出来ないのですが、
カイロ、そろそろ、買い足さなくては^^;

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

平均値をより正確に求める方法~TRIMMEAN関数~

Excelでは、平均値を求めることがあります。
でも、極端な数値(極端に低いまたは高い)があると、正確な平均値が求められない、という場合がありますよね。

そこで、今回は、極端な数値は除外してより正確な平均値が求められる方法をご紹介します。

1.下図赤枠のように、極端に「高い数値」と「低い数値」がある場合、平均を求めても、正確な平均値、知りたい平均値ではないですよね。
hei6.jpg

2.そこで!
「TRIMMEAN関数」を使いましょう。

平均を求めたい「範囲」「割合」を指定します。
※割合は、除外したい割合で、0.2と設定すると、上下10%ずつ除外されます。
hei11.jpg


3.平均値が求められました。先ほどは「147,300」でしたが、この関数を使うと「88,960」となり、極端な数値に左右されずに平均を求めることができました。
hei7.jpg


いかがでしたか?

簡単に正確な数値を求められて便利ですよね。
ぜひご活用ください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/905

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年11月25日 09:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(380)ランダムに並べる方法~RANDBETWEEN関数~」です。

次の記事は「(379)数式の入っているセルがすぐ分かる方法~ ISFORMULA関数~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。