(448)Excelで取り消し線を簡単にひく方法

みなさま、こんにちは。
モカです。
お元気ですか?

このところ、冷え込みが激しくて、あの暑さは何だったんだろう?と
家族とよく話しています。

暑いときは、涼しいのが恋しかったけど、冷え込んでくると、う~ん・・・

そして、
ウクライナでは、2℃の日もあるとか・・・
早く平和になって、暖がとれるようになりますように。
安心して当たり前の平穏な毎日を送ることができるようになりますように。


取り消し線を簡単にひく方法

Excelでは、資料を作成した後、訂正があったり、取り消し線をひく、という場合もありますよね。

そこで、今回は、簡単に取り消し線をぱっとひける方法をご紹介していきます。

1.取り消し線をひきたい文字を選択するか、その文字のセルにカーソルを置きます。


2.Ctrl + 5 を押します。


3.取り消し線がすぐにひけました。


4.もう一度、Ctrl + 5 を押すと、取り消し線が消えます。

いかがでしたか?
すぐに簡単に取り消し線がひけて、意外!?早い!便利♪

ぜひ、ご活用ください。

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

関数

Posted by Mocha