(373)決まった曜日を省いて日数を求める方法~WORKDAY.INTL

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?
Nashi-pear,katori-city,japan (1).jpg
夏の疲れは出ていませんか?
暑さがやわらいで、食欲も戻ってくる頃。

旬の果物や食物で、栄養を採って、元気にお過ごしくださいね。
                                                                  画像:Wikipedia

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

決まった曜日を省いて日数を求める方法~WORKDAY.INTL関数~

Excelでは、納期の管理やスケジュール管理などをすることがあります。
出勤日、稼働日だけを考慮して納期を求める場合、ある曜日だけは省きたい、数えたくない、という場合もありますよね。

そこで、今回は、特定の曜日を省いた日数で納期を求めることができる関数をご紹介します。

1.(土)(日)(祝)を省いた、製造日数(10日間分)が何日か求めてみます。
「=W」と入力すると候補が出てくるので「WORKDAY.INTL」をダブルクリックします。
youbi1.jpg

2.「fx」を押して表示される「関数の引数」の画面で、
「開始日」A5(日付)、「日数」に「10」「祭日」「HOL(別シートの祭日一覧)入力し「OK」を押します。
o.jpg


3.日付表示に変更します。プルダウンメニューの中から「短い日付形式」を押します。
youbi3.jpg

4.セルの書式設定を開き、表示させたいものを選んで「OK」を押します。
youbi4.jpg

5.下のセルに関数式をコピーします。
youbi5.jpg


6.罫線が消えてしまうので整えて、納期一覧が完成!
土日祝日を省いた日付が納期の列に表示されています。
youbi7.jpg


いかがでしたか?
簡単に土日祝日を省いた納期が求められて便利ですよね。

ぜひご活用ください。

※2.で使用した「祝日の一覧」は、こちらのページからダウンロードさせていただきました。
http://office-qa.com/Excel/ex176.htm

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/900

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年8月30日 10:06に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(372)数字のデータを見やすくする方法」です。

次の記事は「(374)別のシートに移動する簡単な方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。