(260)条件に一致する値だけの合計や平均を出す方法♪

newcom_cafecs4.jpg

みなさま、こんにちは!
モカです。
お元気ですか?

紅葉のきれいな季節になりました♪
日本は、四季があるので、本当に見事!

IMG_26862.jpg

特に東北の紅葉はきれいだろうなぁ・・・
見に行ってみたいです^^

先日いった長野の上高地はまだ紅葉していませんでした(涙)
来年はみたいなぁ♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

条件に一致する値だけの合計や平均を出す方法

たくさんのデータの中から、特定のデータだけの合計や平均を知りたい、
という場合がありますよね。

今回は、合計と平均を出す簡単な方法をご紹介します。

1.まず、関数式で使う範囲に名前を付けます。一気に2か所の名前を付けてみます!。
名前を付けたい範囲を選んで(項目名も選んで)、「数式」-「選択範囲から作成」を押します。

sumifaveif21.jpg

2.上端行だけにチェックをいれ「OK」を押します。

sumifaveif22.jpg

3.メニューのデータの範囲を選ぶと項目名「メニュー」が名前となって、範囲に名前がついてます。

sumifaveif23.jpg

注文数のデータの範囲を選択すると、項目名「注文数」が名前となって、名前がついてます。

sumifaveif24.jpg

4.では、関数式を作成します。「日替わり」だけのオーダー数を集計してみます。
関数の挿入ボタン(Fx)を押し「数学/三角」から「SUMIF」を選び「OK」ます。

sumifaveif25.jpg

5.範囲に「メニュー」検索条件に「"日替わり"」合計範囲に「注文数」と入力し「OK」を押します。

sumifaveif26.jpg

6.日替わり の合計が、14 と求められました。
sumifaveif27.jpg

7.では、つぎに平均。設定するセルにカーソルを置いて、関数の挿入ボタン(Fx)を押します。
sumifaveif32.jpg

8.「統計」から「AVERAEIF」を選び「OK」を押します。
sumifaveif28.jpg

9.範囲に「メニュー」検索条件に「G1」合計範囲に「注文数」と入力し「OK」を押します。
sumifaveif29.jpg

10.日替わり の注文回数4回中、1回あたりのオーダー数(平均オーダー数)が求められました。
sumifaveif30.jpg

いかがでしたか?

効率よく簡単に合計や平均が分かって便利ですよね。
ぜひ、ご活用ください。

さらに、G1 に入力規則のリストを設定すれば(次回ご紹介します)
もっと、便利になりますよ♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

編集,関数

Posted by Mocha