(171)期限がすぎそうなデータに色をつける~条件付き書式とTODAY関数~

こんにちは!モカです。
お元気ですか?
 
もう10月なのですね!?
早いですね!
 
今年はとくに早く感じます。
いろんな出来事があったせいでしょうか?
 
いままでの常識や想定を超えるような場面が
多い最近。
 
sora4.JPG
そんな中で感じていることは、
自分の中でも、これが常識!とか、当たり前!とか、
枠を決めないようにしたいな、ということです。
 
そのほうが、可能性がぐーっと広がりますもんね^^
 
今朝、きれいな青空を見ながら、
宇宙から眺めた地球が、ほんとうに美しかったのを
テレビで見たのを思い出しました。
 
そんな美し~い地球にいるわたしたちは、
本当に幸せ者なんだなぁ、とふと思いながら通勤しました^^
 
 
 
 
 
 
◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆..◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆..◇…☆
 
期限がすぎそうなデータに色をつける
     ~条件付き書式とTODAY関数~
 
 
仕事をしていると、「期限」が迫っているデータには注意したい、という場合がありますよね。
 
今回は、条件付き書式とTODAY関数をつかって、
注意を促す色をつける設定をご紹介します。
 
 
設定したいデータの範囲を選択します。
kigen2.JPG
 
 
「書式」 - 「条件付き書式」 を選択します。
color2.JPG
 
条件付き書式の設定画面が開きます。
 
数式を設定します。「数式が」を選び、
   つぎの数式を入力します。
 
=$B2<=TODAY()  セルの列番号だけ固定($を頭につける)するのがポイント!
この数式は、今日の日付以前で期限が過ぎているセルに色が付きます。
kigen3.JPG
 
上の画面で「書式」ボタンを押して、「パターン」タブを開き、色を選んで「OK」を押します。
kigen4.JPG
 
今日の日付に色がつきました。
kigen5.JPG
 
さらに、前日から色が付くように設定します。
「書式」「条件付き書式」を開き、「数式が」を選び、数式を次のように設定します。
=$B2-1<=TODAY()       「書式」ボタンから色も設定し「OK」します。

kigen6.JPG

 
期限(今日)の前日(明日)の日付から色が付きました。
kigen7.JPG
 
今度は、期限がきれる30日前(1ケ月前)と60日前(2ヶ月前)から
色が付くように設定します。それぞれ、30、60を引きます。「書式」ボタンから別々の色を設定します。
=$B2-30<=TODAY() 
=$B2-60<=TODAY()
kigen8.JPG
 
1ヶ月前は「オレンジ」、2ヶ月前は「緑」の色が付きました。
kigen9.JPG
 
両方組み合わせると、一度に両方確認できて便利♪
ぜひ、ご活用ください。
◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆..◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆…◇…☆..◇…☆ 前の記事

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

書式

Posted by Mocha