(334)グラフが自動的に更新される方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪aki3.jpg
お元気ですか?
モカです。

紅葉が綺麗な今日この頃。
私がよく行く航空公園も綺麗でした!

落ち葉がたくさん落ちていて、さくさく音がして♪
焼き芋がしたくなりました^^

今の季節は、焼き芋、本当に美味しい!
炊飯器でご飯を炊くときに、ラップに包んで一緒に炊いてます。
小腹がすいたら、芋!にかぎりますー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

グラフが自動的に更新される方法

Excelのデータをグラフにしておくと、分析がすぐにできて便利ですよね。

もし、グラフの元のデータが更新されたり、追加されても、それが
自動的に反映されると、もっと便利ですよね^^

そこで今回は、データが更新されたら、グラフも自動的に更新される方法をご紹介します。

1.グラフを作成します。元の表の最終行に空白行を追加しておきます。
その最終行も含めて範囲選択し「挿入」-折れ線グラフを選択します。
glap1.jpg

2.グラフが出来ました。データを追加してみます。
(1)新しい行を最終行の上に追加して、データを追加します。
行番号の上で右クリック-「挿入」を押します。
glap2.jpg

(2)追加した行にデータを入力すると・・・新しいデータが自動的に反映されました。
glap3.jpg

いかがでしたか?
グラフの範囲を選択しなおさなくても、自動的に反映されるので便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/849

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2017年12月11日 10:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(333)表の外枠が簡単に引ける方法」です。

次の記事は「(335)関数をすばやく入力する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。