EXCELの魅力の最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。

先日、大きな地震がありました。
小学生の女の子の痛ましい犠牲がありました。心が痛いです。
日頃、何気なく通っている道、行く場所の安全性も、改めて考えさせられました。

安全性の点検、確認を日々、陰ながらして下さっている方々もおられると思います。
身近なできる所から、私も意識して、危険な場所がなくなるようにしていきたいです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データの違いをすばやく見つける方法~EXACT関数~

Excelでデータを扱うとき、データの違いをすぐに特定したい、見つけたい、という場合がありますよね。
膨大なデータだと、なかなか見つけるのが大変です。

そこで、今回は、データの違いをすばやく見つける方法をご紹介します。


1.比較したいデータ(①②)をそれぞれ開き、別に新規ブック③を開きます。
新規ブックには、①②のデータと同様の項目行をコピー貼り付けしておきます。
hikaku1.jpg

2.新規ブックのセルに関数式を入力します。
「関数の挿入」ボタンを押して、「すべて表示」-「E」を押します。
「EXACT」を選んで「OK」を押します。
hikaku2.jpg

3.比較するセルをそれぞれのブックから選び(クリックし)※「OK」を押します。
※比較するセルをクリックしたらF4ボタン3回押して絶対参照を外します。
hikaku3.jpg

4.関数式を横の列にコピーします。そのまま、下の行にもコピーします。
hikaku4.jpg

5.「FALSE」と表示されたセルが、違うデータだと分かりました!
hikaku5.jpg


6.さらに、「FALSE」のとき、セルの色が変わるように設定しておきたいと思います。
データを範囲選択して「条件付き書式」-「新しいルール」を押します。
hikaku6.jpg

7.「指定の値を含むセルだけを書式設定」を押し、ルールの内容は、「特定の文字列」-「次の値を含む」-「FALSE」として「書式」を押します。
hikaku7.jpg

8.塗りつぶしの色を選択(クリック)して「OK」を押します。
hikaku8.jpg

9.「OK」を押します。
hikaku9.jpg

10.「FALSE」のセルに色がついて、特定しやすくなりました。
hikaku10.jpg

いかがでしたか?
ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

季節の変わり目、みなさま、体調は大丈夫ですか?

私は、晴れた日に本当に綺麗な青空が広がるので、空を眺めてリフレッシュしています。
心が洗われていくようで、すーっと体の力も抜けて、疲れも取れたような気持ちになります^^
renban5.jpg
休息も大事ですが、気持ちのリフレッシュも大事ですよね。
出来れば、緑いっぱいの山の中に行きたいのですが、それは、中々・・・^^;

みなさまは、どんな風にリフレッシュ、休息を取られてますか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一番大きな番号を見つける方法

Excelで、商品や顧客に番号を付けていく(連番をふる)時、その時点での一番大きな番号がどれか、データが多いと探すのが大変なときがありますよね。

アルファベットなどが含まれる番号だと、関数式で見つけるのは、ちょっと難しいです。
そこで、今回は、簡単に、一番最後(最大)の番号をすばやく見つける方法をご紹介します。

1.連番をふる列にカーソルを置いて、「並べ替えとフィルター」-「降順」を押します。
renban1.jpg

2.一番上に来た番号が一番大きな番号です。それを把握して、Ctrl+Z で元に戻します。
renban3.jpg

3.番号を付けたいデータに、連番を振ります。
renban4.jpg

とっても簡単な方法なのですが、意外と連番を自動的に降るのは、Excelでは大変なので、この方法、私は重宝しています^^

いかがでしたか?

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

梅雨ですね・・・
とっても蒸し暑かったりするので、くせっ毛の私はha_365.jpg
頭がひとまわり大きくなって大変です^^;

でも、あちこちで綺麗に咲いている アジサイに癒されるので、
初夏って好きです♪

                                画像:Hoshino.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

消去する時に数式を消してしまわない方法

Excelでは、数式が入っているセルを消去する(Deleteキーを押す)と、値だけでなく、入力しておいた数式まで消えてしまいます。

数式を消さずに、まとめて、効率よく、値だけ消去する方法を今回はご紹介します。

1.家計簿のシートを使います。前月のシートをコピーします。
Ctrlキーを押しながら、前月のシート名「6月」をクリックして横にドラッグします。
shokyo1.jpg

2.コピーして出来た新しいシートの名前をダブルクリックして「7月」と入力します。
shokyo2.jpg

3.赤枠のセルには、数式が入力してあります。
この数式を消さずに、値(数値)だけを一気に消してみます。
shokyo3.jpg

4.「F5」キーを押して表示された画面の「セル選択」を押します。
shokyo4.jpg

5.「定数」を選択し、さらに「数値」を選択して「OK」を押します。
shokyo5.jpg

6.数値(値)だけが全部選択されました!
この状態でDeleteキー(消去キー)を押します。
shokyo6.jpg

7.数値(値)が一気に消去できました。数式を消してしまう心配がなくて安心です♪
shokyo7.jpg


いかがでしたか?

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちEXCELの魅力カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはEXCELのバージョンアップです。

次のカテゴリはその他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。