EXCELの魅力の最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

いま、年賀状を急いでつくっているところです。E-eto_I_01_036.png 
1年がほんとうにあっという間だと、毎年、実感する瞬間です^^;
最近は、メールで下さる方もいますね♪

今年お世話になった方、会えなかった方々にも、年始のご挨拶が出来る機会があるのが嬉しいです。
「良い1年をお過ごしください!今年こそ会いたいね」のメッセージを添えて^^
                               画像元:こちら
みなさんは、もう年賀状つくりましたか?

       
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

絞り込みしやすくする方法~スライサー~

Excelでは、データの絞り込みをして分析をします。でも、絞り込みの作業は、細かくて結構面倒^^;

そこで今回は、データの絞り込み、抽出がさくっと簡単に出来る方法をご紹介します。

1.表の中にカーソルを置いて「テーブルとして書式設定」を押して、一つテーブルを選びクリックします。
sura1.jpg

2.「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックをいれ「OK」を押します。
sura2.jpg

3.表の中にカーソルを置いて「スライサーの挿入」を押します。
sura3.jpg

4.「型番」「担当者」にチェックを入れ「OK」を押します。
sura4.jpg

5.スライサーが挿入できました。
sara9.jpg

6.見やすく表の下に並べて・・・
さっそく絞り込みをしてみます。型番「IN0001」をクリックします。sura8.jpg

7.すぐ絞込みができました。
sura10.jpg

8.絞り込みを解除するときは、赤い「×」をクリックします。
sura12.jpg
いかがでしたか?
最初から、抽出に必要な項目が表示されているので操作しやすくて便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?
IMG_9972-1.jpgのサムネイル画像
秋晴れの日は気持ちが良くて、お出かけしたくなりますよね♪

そうそう!もうすぐ♪
ブルーインパルスの飛行が見れます^^(入間航空祭

昨年行ったときは、かなり遠くから見たのですが、それでもかなりの迫力がありました。近くで見たらどんなだろう?
20万人の人出!?わくわくします^^


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

複数のセルに一度に入力できる方法

Excelでデータを作っているとき、いくつかの離れたセルに、同じ値や文字を一気にまとめて入力できたら便利ですよね。

では、さっそく、その方法をご紹介していきます♪

1.表の中の空白セルを選択したいと思います。
表全体を選択して「検索と選択」-「ジャンプ」を押します。
ikki1.jpg

2.「セル選択」を押します。
ikki2.jpg

3.「空白セル」を選んで「OK」を押します。
ikki3.jpg

4.「データ無し」と入力して「Ctrl」+「Enter」を押します。
ikki4.jpg

5.空白セル すべてに一気に入力ができました。
ikki5.jpg

いかがでしたか?
データが大量だと、探す手間がなく、一気に入力ができて便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。

先日、大きな地震がありました。
小学生の女の子の痛ましい犠牲がありました。心が痛いです。
日頃、何気なく通っている道、行く場所の安全性も、改めて考えさせられました。

安全性の点検、確認を日々、陰ながらして下さっている方々もおられると思います。
身近なできる所から、私も意識して、危険な場所がなくなるようにしていきたいです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データの違いをすばやく見つける方法~EXACT関数~

Excelでデータを扱うとき、データの違いをすぐに特定したい、見つけたい、という場合がありますよね。
膨大なデータだと、なかなか見つけるのが大変です。

そこで、今回は、データの違いをすばやく見つける方法をご紹介します。


1.比較したいデータ(①②)をそれぞれ開き、別に新規ブック③を開きます。
新規ブックには、①②のデータと同様の項目行をコピー貼り付けしておきます。
hikaku1.jpg

2.新規ブックのセルに関数式を入力します。
「関数の挿入」ボタンを押して、「すべて表示」-「E」を押します。
「EXACT」を選んで「OK」を押します。
hikaku2.jpg

3.比較するセルをそれぞれのブックから選び(クリックし)※「OK」を押します。
※比較するセルをクリックしたらF4ボタン3回押して絶対参照を外します。
hikaku3.jpg

4.関数式を横の列にコピーします。そのまま、下の行にもコピーします。
hikaku4.jpg

5.「FALSE」と表示されたセルが、違うデータだと分かりました!
hikaku5.jpg


6.さらに、「FALSE」のとき、セルの色が変わるように設定しておきたいと思います。
データを範囲選択して「条件付き書式」-「新しいルール」を押します。
hikaku6.jpg

7.「指定の値を含むセルだけを書式設定」を押し、ルールの内容は、「特定の文字列」-「次の値を含む」-「FALSE」として「書式」を押します。
hikaku7.jpg

8.塗りつぶしの色を選択(クリック)して「OK」を押します。
hikaku8.jpg

9.「OK」を押します。
hikaku9.jpg

10.「FALSE」のセルに色がついて、特定しやすくなりました。
hikaku10.jpg

いかがでしたか?
ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちEXCELの魅力カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはEXCELのバージョンアップです。

次のカテゴリはその他です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。