(350)西暦を和暦に変える方法♪

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

暑い中ですが、夏バテなどしていませんか?sy_095.jpg
食欲も減ってしまいがちですが、さっぱりしたものを頂きながら、元気に夏を乗り切りたいですね。スイカを食べると、スーっと体が冷えてホッとします^^

ちなみに私は、きゅうりに味噌をつけて食べるのが大好きです。
きゅうりは夏野菜で体を冷やしてくれます。味噌は体を温めてくれます。
陰(冷)と陽(温)の組み合わせで、体に優しいのが良いんですよね^^
                     画像:hoshino.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

西暦を和暦に変える方法

西暦を「昭和」「平成」などの和暦に変えたい場合、意外と手間取りますよね。
Excelでは、簡単ですぐに変えられる方法があるんです。

では、さっそくご紹介していきます。

以前、カレンダーを作る際の曜日指定でTEXT関数を使いました。
※カレンダー作りの小技1>>
ここでも便利なTEXT関数を使っていきます。

1.西暦の入力されたセルの隣りに関数式を入力します。
「=TEXT(A2,"gggge年m月d日") 」
※ gggg・・・和暦、e・・・年数、m・・・月、d・・・日
 和暦の部分をダブルコーテーション( " )で囲みます。
wareki2.jpg


2.西暦が和暦で表示されました。
wareki1.jpg

3.下のセルにも関数式をコピーします。
wareki3.jpg

いかがでしたか?
簡単に西暦を和暦に変えることができました。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/872

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2018年8月14日 14:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(349)他のセルの値と結合する方法~CONCATENATE関数~」です。

次の記事は「(351)年齢を表示させる方法♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。