(361)離れた見えないセルを見る方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

テニスの大坂なおみ選手が、見事!優勝しました。publicdomainq-0003114tbg.jpg
本当におめでとうございます。

飾らない人柄で周りの人たちを和ませてくれる素敵な女性♪

画像元:こちら
不利な状況からの立て直しが素晴らしかったです。
「大丈夫」だと自分の力を信じて前だけを見ていた姿にとても感動しました。

諦めないで、ひたむきに取り組めば、夢を実現させることが出来る。。。
大切なことを教えてもらいました。              


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

離れた見えないセルを見る方法

Excelでは、大きな表だと、端から端まで一度に見ることは出来ませんよね。
でも、一番最後のセル(合計)はいつも見たい、確認したいという場合がありますよね。

そこで今回は、一番端まで移動しなくても、端の合計の値が、常に見えるようになる方法をご紹介します。

1.表の一番右端の「年(合計)」の3つセルを一番左端に表示させて常に見えるようにしたいと思います。
camera1.jpg

2.リボンの何も無い所で「右クリック」し、「リボンのユーザー設定」を押します。
camera2.jpg

3.「リボンのユーザー設定」の画面が開きます。右側の「新しいグループ」ボタンを押します。
camera4.jpg

4.作成した「新しいグループ(ユーザー設定)」をクリックし「名前の変更」を押します。
「名前の変更」画面で、アイコンを一つ選んで、表示名を「カメラ」と入力し「OK」を押します。
camera5.jpg

5.「カメラ(ユーザー設定」が追加されました。「OK」を押します。
camera6.jpg

6.O列「年」のセル3つを選択「カメラ」を押し、セルA6をクリックします。
camera7.jpg

7.合計のセルが表示されました。表のデータが更新(編集)されれば、自動的に反映されます。
camera8.jpg


端まで見に行かなくても、常に合計が見られて便利ですよね。

いかがでしたか?
ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/887

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年1月28日 16:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(360)行列の入れ替えをする方法~TRANSPOSE関数~」です。

次の記事は「(362)500円単位で繰り上げや繰り下げをする方法~MROUND関数~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。