(272)名前定義をすばやく簡単に設定する方法♪

newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像moca.jpg

みなさま、こんにちは!
モカです。
お元気ですか?

桜もあっという間に咲いて
たくさんの方が楽しまれたことと思います。

IMG_3185.jpg

特に外国から桜を楽しみ来られている方が
多いかったみたいですね^^

でも急に冷え込んで、びっくり!?
風邪をひかないよう、気をつけてくださいね。

**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆**☆

名前定義をすばやく簡単に設定する方法

Excelの機能の中でも特に便利な機能 「名前定義
みなさん、使われてますか?
名前定義をまとめて1度に設定できる方法

この機能のメリットは、数式の中で名前(範囲に設定)を使うと、
行や列が挿入されて場所がずれても数式がエラーならないところ♪


では、さっそくご紹介していきま~す。

まず、名前定義の設定方法は、

3つ

 あります。ショートカットキーが便利^^

(1)[名前ボックス]を使う←通常の方法
(2)[名前の定義]ダイアログボックスを使う(Ctrl+F3) (3)[名前の作成]ダイアログボックスを使う(Shift+Ctrl+F3)


今回は(3)の方法でご紹介します。
データがたくさんある場合、とーっても助かりますよ♪


1.項目「日付」(B3)にカーソルを置いて、
Shift + Ctrl +  


Shift + Ctrl + ↓ 
を押し、B列~G列の全データ(日付~金額のデータ)を選択します。

namae272-3.JPG

2.データを選択した状態で、Shift + Ctrl + F3 を押します。
「選択範囲から名前を作成」画面が表示されます。
「上端行」にだけチェックを入れ「OK」を押します。

namae272-4.JPG

3.これで、名前が設定出来ました。Shift + F3 を押して確認してみると・・・
それぞれの列のデータに(項目名で)名前がついています。

namae272-7.JPG

4.設定した「名前」を使って、関数式で、分析してみます。
浦和店のデータが何件あるか調べるには・・・

=COUNTIF(店舗,I2)
店舗・・・店舗(項目名の下にある)データ
2・・・セルⅠ2 に「浦和店」と入力します

namae272-5.JPG


20件ありました!


4.では、ギフトセットはいくつあるのか?
=COUNTIF(商品名,I5)

namae272-6.JPG

11個ありました^^

いかがでしたか?

範囲を全部選ばなくて、項目名を使えばOK!
便利ですよね^^

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

編集,関数

Posted by Mocha