(379)数式の入っているセルがすぐ分かる方法~ ISFORMULA関数~

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。 800px-Kaki.JPG
お元気ですか?

柿が来る!来る!?
田舎から、怒涛のように送られてくる、柿!

かじってみると、乾く~!!!渋い~~~!
渋柿が混ざっていたりして^^;

でも、柿を見るだけで、あのビタミンカラーに元気をもらえるので、
毎日スリルを味わいながら、美味しく頂いています^^
                                                     画像:Wikipediaより
でも、不思議なのは、渋柿って、なんであんなに口の中乾くのでしょう・・・?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

数式の入っているセルがすぐ分かる方法~ ISFORMULA関数~

Excelでは、セルに、数式、文字、空白...色々なデータが入力されています。
混在しているので、ぱっと見て、すぐに数式の入っているデータがどれなのか分からない、編集しずらい、という場合がありますよね。

そこで今回は、数式が入っているセルがすぐに分かる方法をご紹介します。

1.表の横のセルに、関数式を入力します。
「 =ISFORMULA(C6) 」 結果は「FALSE」。数式は入っていません。
mula1.jpg

2.下のセルに関数式をコピーします。下の2つは「TRUE」となり、数式が入っていることがわかります。
mula2.jpg

いかがでしたか?

合計、小計以外でも数式が入っていることがあったりします。
うっかり、データを入力して数式を消してしまうこともあります。

ぜひご活用ください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。


☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/906

コメントする

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2019年11月27日 16:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(378)平均値をより正確に求める方法~TRIMMEAN関数~」です。

次の記事は「(380)ランダムに並べる方法~RANDBETWEEN関数~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。