作ってみよう~PL実践編(6)分析シート2~

会計管理表(予算実績管理表)を、実際の作る過程をご紹介しながら、

Excelの小技も合わせて、連載で ご紹介していきます。


※私の働いている、ここニューコムでは、
  「予算と実績の管理をEXCELでWeb化するソース公開型パッケージ」をリリース
  していますので、エクセルを使った予算実績管理のための何か良いシステムを
  お探しの方はぜひご覧ください。


<参照用シート>管理者用と②経営者のシートがあります。

②経営者用シート

数式を入れてあり、入力シートに数値が入ると、

自動的にデータが入り参照できるようになっています。

経営者の場合は、科目を細分化せず、財務全体を見やすくしたシート

作りをしています。

(経営者用の分析シート)

tukuru-5-3.JPG

部門1の4月予算の数値を表示します。

=予算入力!B4 」と入力します。

※=(イコール)を数式バーに入力してから「予算シート」のB4をクリックします。他の月にもドラッグしてコピーします。

tukuru4-1.JPG

・部門1の4月実績の数値を表示します。

「 =実績入力!B6 」 と入力します。

※=(イコール)を数式バーに入力してから「予算シート」のB4をクリックします。他の月にもドラッグしてコピーします。

tukuru4-2.JPG

・上記で入れた数値から達成率を求める数式を入力します。

「 =C4/C3 」 と入力して、他の月にも数式をコピーします。

tukuru4-3.JPG

このように「予算入力」シート、「実績入力」シートの数値を自動的に

参照して、達成率を求める表を作成することができました。

tukuru-5-3.JPG

「実績」の行だけ、色をつけてみやすくしてあります。

経営者向けの表の場合、細分化されたものより、

上表の例のように、人件費やその他販管費といった集計化されたもの

が要望されることが多いです。

このような時も、入力シートと参照シートを分けて設計しておくと、

一度の入力で色々な形の表に対応できて便利です。

Excelだと手軽にこのようなシートを作成できます。

ぜひ、ご活用ください。

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。