dbSheetClient|機能概要と動作環境

電話でお問合せ

機能概要と動作環境

機能概要

dbSheetClientの機能概要

dbSheetClientは、ユーザーが使用する「実行版」、dbSheetClientで動作させるための様々なシステムを開発する「開発版」、そしてサーバー機能を提供する「サーバーシステム(サーバー版)」に分けられます。
実行版でエンドユーザーが使用するフロント画面には、画面/帳票作成にExcel/Accessがそのまま活用できます。サーバーシステム(サーバー版)には、インターネットシステムに要求されるセキュリティ機能も、最初から標準装備されています。

⇒ dbSheetClient の概要(約4分)

※画像をクリックして拡大表示できます。dbSheetClient機能概要

dbSheetClientの構造と製品構成

下図の「dbSheetClientの構造」は、dbSheetClientが動作している状況をイメージ的に表しています。dbSheetClient自体が必要とするデータベースは、サーバーシステム(サーバー版)と共存させることも、サーバーを分けることも可能です。またExcelブックは、dbSheetClientのサーバーシステム上に保存するため、各クライアントマシンはサーバーに接続する度に、常に最新のExcelブックをサーバーからダウンロードします。

※画像をクリックして拡大表示できます。dbSheetClientの構造と製品構成

dbSheetClientの開発と実行のスタイル

開発版には開発に必要な様々な機能が用意されており、開発者はdbSheetClient開発版を使用して、本格的な業務システムを自由に開発することができます。開発が終われば、「Excelブック」と、dbSheetClientのプログラム/ロジック部分に該当する「定義ファイル」を、サーバーシステムにアップロードします。
利用者はdbSheetClient実行版を使用して、サーバーに接続するだけで、常に最新のExcelブックと定義ファイルをローカルにダウンロードして、作業を開始することが可能です。

※画像をクリックして拡大表示できます。dbSheetClientの開発と実行のスタイルの図

開発の役割と位置づけ

dbSheetClientの開発者は、開発版を使用してビジネスロジックやデータベース設計等、業務システムに必要なシステムを全て構築できます。
また、比較的軽いシステムの場合は、「IOTG(自動プログラム生成機能)」を使うことで、簡単にシステムを構築することができます。
データベース設計についても、クエリなどのSQL文を全て手動で組むことができますが、DB設計に不慣れな方も「SQLテスト実行」機能を使用すると、SQL文を自動で作成することができます。

※画像をクリックして拡大表示できます。開発の役割と位置づけ

dbSheetClient 2018 の動作環境

サーバー版環境
ハード
ウェア
CPU Intel Xeon 1.8GHz またはそれ相当以上
推奨メモリ 8GB以上
HDD容量 1.0GB程度 ※1
ソフト
ウェア
OS ・Microsoft Windows Server 2008
  Standard Edition / Enterprise Edition SP2以上
・Microsoft Windows Server 2008 R2
  Standard Edition / Enterprise Edition SP1以上
・Microsoft Windows Server 2012 / 2012 R2
  Foundation Edition / Standard Edition /
  Datacenter Edition
・Microsoft Windows Server 2016
  Standard Edition / Datacenter Edition
dbSheetClientの動作に必要なデータベース ※2 ・Microsoft SQL Server 2008/2008R2 SP3 ※3
・Microsoft SQL Server 2012/2014/2016 ※4
・Oracle Database 10g/10g R2 ※5
・Oracle Database 11g/11g R2 ※5
・Oracle Database 12c
dbSheetClientから接続可能な外部データベース ※6 ・上記の「dbSheetClientの動作に必要なデータベース」
  および下記のデータベース
・Oracle Database 9i /9i R2 ※5
・IBM DB2 for System i (V5R4 ~ V7R1) ※7
・MySQL(5.5以上) ※8
・ODBC接続で接続できるデータベース ※9
 【ODBC接続検証済みデータベース】
Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 9 ~ 11 ※10
フレームワーク Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
WEBサーバー Microsoft Internet Information Services
対応ターミナルサービス ・Windows Server 2008のターミナルサービス
・Windows Server 2008R2 / 2012 / 2012 R2の
 リモートデスクトップサービス
・Citrix XenApp (MetaFrame)(Presentation Server)
※1
  1. 内訳は、以下の通りです。
    1. dbSheetClient用に700MB
    2. .NET Framework3.5 SP1用に500MB

    (注)
    2. が既にインストールされている環境では、
    この容量を差し引いた空き容量が必要なハードディスク領域です。
    (注)
    HDD容量の内訳には、データベースプログラムのインストールと動作に必要な容量は含まれていません。 もし同一サーバー上でデータベースプログラムをインストールし運用する場合は、データベース用のハードディスク容量を別途考慮してください。

※2
dbSheetClientが動作するにはデータベースが必要です。
※3
・Workgroup / Standard / Enterprise のそれぞれのEditionに対応済み
・SP4の動作確認済み
・ x86 / x64 それぞれ対応済み
・Expressを除く
※4
・Workgroup / Standard / Enterprise のそれぞれのEditionに対応済み
・SP1の動作確認済み
・x86 / x64 それぞれ対応済み
※5
Express / Personal のそれぞれのEditionを除く
※6
別の業務システム等で使われている外部データベースも含みます。
※7
こちらはデータ照会のみ可能なデータベースです。
※8
対応できるデータ型に制限があります。詳細については、お問い合わせください。
※9
dbSheetClient からODBC接続のインターフェースは提供しておりますが、未記載のDBにつきましては接続並びに動作を保証するものではありません。
※10
バージョン9および10は互換モードで表示
注意
動作環境に記載されているオペレーティングシステムの種類やハードディスクの容量等は、オペレーティングシステムのサポート終了や、弊社製品の改良などに伴い、変更、追加、または削除される場合があります。 また、製品の運用環境によっては、ログファイル、データベースファイル、定義ファイルなどの保存、また他のソフトウェアとの共存などにより、必要となるメモリサイズやハードディスク容量も異なりますので、ご注意ください。
実行版環境
ハード
ウェア
CPU Intel Core i3 2.0GHz またはそれ相当以上
推奨メモリ 4GB 以上
推奨画面解像度 SXGA (1280×1024)以上
HDD容量 580MB程度 ※1
※4
ソフト
ウェア
OS Microsoft Windows 7 SP1 (x86 / x64)
Microsoft Windows 8.1 (x86 / x64)
Microsoft Windows 10 (x86 / x64) ※5
フレームワーク Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
またはMicrosoft .NET Framework 4.0以上 ※2
表計算ソフト Microsoft Office Excel
対応バージョン: 2010 SP2 / 2013 SP1 / 2016
Access対応版
(オプション ※3
Microsoft Office Access 2010~2016
または、
Microsoft Office Access Runtime 2010~2016
webブラウザー Microsoft Internet Explorer 9 ~11
Microsoft Edge
※1
  1. 1) 内訳は、以下の通りです。
    1. dbSheetClient用に200~300MB
    2. .NET Framework3.5 SP1用に500MB、
      または.NET Framework4.0以上用に500MB

    (注)
    2. が既にインストールされている環境では、
    この容量を差し引いた空き容量が必要なハードディスク領域です。

  2. 2) Microsoft Excelは既にインストール済みとします。
※2
このコンポーネントがインストールされていない場合は、dbSheetClientのインストール時に、インストールを促されます。
※3
Access対応版はdbSheetClientのオプション製品であり、Access対応版をdbSheetClient実行時に利用する際には、Microsoft Office Access、あるいはAccessランタイムが必要になります。
※4
リストに記載されているMicrosoft 製品は弊社にて動作を確認した環境であり、製品自体のサポート期間は、マイクロソフト社の製品サポートライフサイクルポリシーに従います。
※5
Windows10のタブレットモードには対応していません。
開発版環境
ハード
ウェア
CPU Intel Core i3 2.0GHz またはそれ相当以上
推奨メモリ 4GB 以上
推奨画面解像度 SXGA (1280×1024)以上
HDD容量 580MB程度 ※1
※4
ソフト
ウェア
OS Microsoft Windows 7 SP1 (x86 / x64)
Microsoft Windows 8.1 (x86 / x64)
Microsoft Windows 10 (x86 / x64) ※5
フレームワーク Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
または Microsoft .NET Framework 4.0以上 ※2
表計算ソフト Microsoft Office Excel
対応バージョン: 2010 SP2 / 2013 SP1 / 2016
Access対応版
(オプション ※3
Microsoft Office Access 2010~2016
※1
  1. 1) 内訳は、以下の通りです。
    1. dbSheetClient用に200~300MB
    2. .NET Framework3.5 SP1用に500MB、
      または .NET Framework4.0以上用に500MB

    (注)
    2. が既にインストールされている環境では、
    この容量を差し引いた空き容量が必要なハードディスク領域です。

  2. 2) Microsoft SQL Serverなどのアプリケーションを別途インストールする場合は、
    その分追加でディスク領域を考慮してください。
  3. 3) Microsoft Excelは既にインストール済みとします。
※2
このコンポーネントがインストールされていない場合は、dbSheetClientのインストール時に、インストールを促されます。
※3
Access対応版はdbSheetClientのオプション製品であり、Access対応版をdbSheetClient開発時に利用する際は、Microsoft Accessが必要になります。
※4
リストに記載されているMicrosoft 製品は弊社にて動作を確認した環境であり、製品自体のサポート期間は、マイクロソフト社の製品サポートライフサイクルポリシーに従います。
※5
Windows10のタブレットモードには対応していません。

dbSheetClientの資料ダウンロードはこちらから

セミナーのご案内

レイアウト調整


Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.
デザイン要素