情報セキュリティ基本方針

当社は、「情報セキュリティ基本方針」について、以下の「基本理念」と「基本方針」を定め、会社として取り組んでおります。

基本方針
 株式会社ニューコム(以下、当社)は、dbSheetClient、SIソリューション、ホームページ作成の事業を運営するにあたり、お客様の期待と要望に対し、ITのプラットフォームを通じて、お客様の希望あふれる未来への「架け橋」となるようなサービスをご提案したいと思っております。

お客様の新しい価値の創造、世界のIT活用技術の向上、継続的に発展し、平和で幸福な未来のために貢献することで、企業としての社会的責任を果たし、社会貢献することを企業理念としております。

当社の事業の中で取り扱う、お客様の貴重な情報をはじめとする情報資産は、当社の経営基盤として極めて重要なものです。 当社は、漏洩、き損、滅失等のリスクからこれら情報資産を保護することの重要性を認識し、役員、従業員以下、すべての従業者を挙げて本基本方針を遵守し、情報資産の機密性、完全性、可用性といった情報セキュリティを維持するための活動を実践いたします。
基本理念
1. 情報資産を保護するために、情報セキュリティポリシーを策定し、これに従って業務を行うとともに、情報セキュリティに関連する法令、規制その他の規範、及び、お客様との契約事項を遵守いたします。
2. 情報資産に対して存在する漏洩、き損、滅失等のリスクを分析、評価するための基準を明確にし、体系的なリスクアセスメント方法を確立するとともに、定期的にリスクアセスメントを実施いたします。また、その結果に基づき、必要かつ適切なセキュリティ対策を実施いたします。
3. 担当役員を中心とした情報セキュリティ体制を確立するとともに、情報セキュリティに関する権限および責任を明確にいたします。また、すべての従業者が、情報セキュリティの重要性を認識し、情報資産の適切な取り扱いを確実にするために、定期的に教育、訓練および啓発を行います。
4. 情報セキュリティポリシーの遵守状況及び情報資産の取扱いについて、定期的に点検及び監査を行い、発見された不備や改善項目については、速やかに是正処置を講じます。
5. 情報セキュリティ上のイベントやインシデントの発生に対する適切な処置を講じるとともに、万一それらが発生した場合に際して、あらかじめ、被害を最小限に留めるための対応手順を確立し、有事の際には、速やかに対応するとともに、適切な是正処置を講じます。また、特に、業務中断に関わるようなインシデントについては、その管理の枠組みを確立し、定期的に対応、復旧試験及び見直しを行うことにより、当社の事業継続を確実にいたします。
6. 情報セキュリティのマネジメントシステムであるISMSを確立し、これを実行するとともに、継続的に見直し、改善を行います。

2014年12月1日 制定
株式会社ニューコム
代表取締役 坂口 泰司

ISMS認証の概要
登録組織名 株式会社 ニューコム SI事業部
所在地 〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤7-3-16 ジブラルタ生命浦和ビル
登録範囲 ・パッケージソフトウェアの設計・開発、及び運用
・ソフトウェアの設計・開発
2014年12月1日付適用宣言書 第1版
登録日 2015年2月25日
登録マーク
認定シンボル

※ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)について
ISMSとは企業などの組織が情報を適切に管理するための包括的な枠組みのことです。 ISMSは単なる技術的なセキュリティ対策の導入を行うだけでなく、情報を扱う際の基本的な方針(セキュリティポリシー)を定め、情報セキュリティを維持するために、自らのリスク評価により必要なセキュリティレベルを定め、具体的な計画をもち、資源配分をして、計画を実施・運用し、さらに監査等によるチェック、定期的な見直しを行うことまで含めたトータルなマネジメント体系です。 この取り組みを継続的に行うことにより、企業などの組織が保護すべき情報資産について、機密性、完全性、可用性をバランス良く維持改善することがISMSでは求められています。 ISMS適合性評価制度は、企業や組織がこのマネジメントシステムを適切に保持しているかどうかを第三者機関が認定する制度です。


ISMS認証を取得するにあたり、弊社では認証取得の支援会社であるLRM株式会社に取得支援を行っていただきました。そこで弊社はスムーズに認証取得に至ったこともあり、LRM株式会社のホームページで顧客事例の一つとして掲載していただいております。
■LRM株式会社の顧客事例ページ »»

レイアウト調整
お問い合わせフォームへ

Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.
デザイン要素