newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

本格的な暑さが来ましたね。
特に日本は湿気が多いので、余計に暑く感じますよね。

こまめに水分を取って、無理をせず体を休ませながら熱中症に気をつけて下さいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

入力モードを自動的に切り替える方法~入力規則~

Excelでは、入力したい文字や数字などで、入力モードを変える必要があります。
これが意外と手間なんですよね。

そこで今回は、自動的に入力モードを切り替える方法をご紹介します。

※入力モードを自動的に切り替える方法は、かなり以前の記事でも紹介しましたので、よければこちらもご覧ください。Excelのバージョンは古いです。
*(121)入力モードの切り替えで効率UP!入力モード


1.設定するセル(範囲)を選択します。
ここではカタカナを入力する個所を選択しました。
WS000021k.jpg

2.「データ」ー「データの入力規則」を押します。
WS000024k.jpg

3.「日本語入力」で「全角カタカナ」を選び「OK」を押します。
WS000020.jpg


4.1と同様に別のセル(範囲)を選択して「データ」ー「データの入力規則」を押します。
ここでは、半角英数字を入力したい個所を選択しました。
WS000023k.jpg

5.「日本語入力」で「半角英数字」を選び「OK」を押します。
WS000029.jpg

6.これで、セルを選ぶと、それぞれ、入力モードが自動的に切り替わります。
フリガナのセルにカーソルを置くと、カタカナ入力に切り替わります。
WS000027k.jpg

電話番号のセルにカーソルを置くと、半角英数入力に切り替わります。
WS000028k.jpg

いかがでしたか?
自動的に入力モードが切り替わるので便利ですよね。
ぜひ、ご活用ください♪


☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

今年の夏はまたまた、暑い! と聞きました。
毎年、覚悟はしていますが、ちょっと身構えてしまいます^^;

でも、屋内の冷房などで、体の芯は意外と冷えてたりするんですよね。
わたしのお勧めグッズがあります♪それは・・・
レッグウォーマー♪

足首を冷えないようにすると、結構、体が楽なんですよね。
寝るときにしています^^ 朝、とっても調子が良いんですよ^^

暑さ&冷えに負けず、元気に毎日過ごしたいですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

罫線が切れるのを防ぐ方法

Excelで「表」を作ると、一番左端の罫線は画面では見えないので、
よく図のように切れている!? っていうことがありますよね。
kei1.jpg

今回は、罫線が切れるのを防ぐ簡単な方法をご紹介します。

1.表の上にカーソルを置いて、Ctrl+A を押して、表全体を選択します。
kei2.jpg

2.赤枠部分を押して、設定画面を開きます。
kei3.jpg

3.罫線が一部切れている場合は、図の矢印部分のように薄い線になっています。
その場合は、赤枠の左端罫線を押して(ONにして)、「OK」を押します。
kei4.jpg


4.印刷プレビューをしてみると、罫線の切れた部分が無くなりました♪
kei5.jpg

いかがでしたか?
もし一番上から表を作った場合も、一番上の罫線の様子を、同様に確認できます。
印刷してみて・・・・・え~!?! ということがないように、確認してみるのも良いかも^^

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?モカです。


画像:Hoshino.com

梅雨の時期を迎えましたね。ha_147.jpg
日本独特の湿気。じめっとしてちょっと大変ですが・・・

この陽気とうまく付き合いながら、少しでも快適に過ごせると良いですよね^^

いろんなひんやりグッズがいっぱい出ているので、お店をのぞくのが楽しみ♪
ha_148.jpgうまく活用しながら、快適、元気に乗り切りましょう~!




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

印刷のページ数が適量に設定される方法

Excelで、縦に長い表を印刷する場合、何ページに分けたら丁度よいんだろう?と迷う時ってありますよね。

今回は、そんな(考える)手間を省く 簡単な方法をご紹介します。
この操作をしておくと、自動的に丁度良いページ数で印刷されます。

1.「ページレイアウト」-「ページ設定」を押します。
99-1.jpg

2.「ページ」タブの「次のページ数に合わせて印刷」を選び、
「横」を「1」、「縦」を「99」に設定し、「OK」を押します。
99-2.jpg

3.印刷プレビューをすると、適度なページに分かれて全テータが印刷されるのが確認できます。
99-4.jpg


最後の方のデータが印刷されない、という心配がないし、
ページ数を指定する手間がないので便利ですよ~。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

最近のコメント

アイテム

  • WS000029.jpg
  • WS000028k.jpg
  • WS000027k.jpg
  • WS000022.jpg
  • WS000023k.jpg
  • WS000020.jpg
  • WS000020.jpg
  • WS000021k.jpg
  • WS000024k.jpg
  • WS000018k.jpg