newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

2017年になりましたね!
今年も「EXCELコーヒーブレイク」をよろしくお願いします♪

バタバタしていたら、あっという間に1月後半。早い!?
年末年始は10日間も田舎に帰省していたので、普段の生活を忘れかけ・・・^^;IMG_1701.JPGのサムネイル画像

美味しいものい~ぱい頂いて、嬉しい楽しい年末年始でした^^
今年もがんばるぞ~♪ 

皆様にとって、さらにさらに良い1年になりますように。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

セル内で改行する方法

ご存知の方も、意外と知らない方もいるようなので、改めてご紹介するのは・・・

セルの中で「改行」する方法です。

Enterだけ押すと、次のセルに移動してしまいますよね。
それに、単語の途中で折り返してしまうと読みにくい・・・
ちょうどよいところで改行できる方法は・・・?

それは・・・
Alt を押しながらEnterを押します。
kaigyou2.jpgのサムネイル画像

実際にやってみると・・・
「顧客オフィスまでの」の次にカーソルをおいて(「の」の横でクリック)、
Alt+Enter を押します。

kaigyou1.jpg

「の」の次で 改行されました。
kaigyou3.jpg

きれいに見栄え良く、見やすくなりましたよね。
 

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

今年も残りわずかですね!?早い!
今年もこちらエクセルコーヒーブレークにお越しいただき、本当にありがとうございました!

今年はどんな1年でしたか?
わたしは、、、ちょっと太りました><
年末年始は、食べ過ぎに注意せねば^^;

みなさまにとって、来年も、健康でお元気で良い1年となりますように。
みなさまのお役に立てる小技の紹介を来年はもっともっと頑張ってご紹介していきます!

みなさま、良いお年をお迎えください♪
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一番最初のセルにもどる方法

Excel で、沢山のデータがあると、カーソルを行きたい場所に移動させるのが大変な時がありますよね。
一番左上端のセル(ホームポジションといいます)に一旦戻ると、次に移動したい場所に行くのも便利です。

そこで今回は、ホームポジション(一番最初のセル・A1)にサッと簡単に戻れる方法をご紹介します。


1.Ctrlキー と Homeキー を同時に押します。
IMG_3994.jpg IMG_3995.jpg

2.ホームポジションにカーソルが移動しました!
IMG_3996.jpg


Excelを終了するときは、この「ホームポジション」にカーソルを置いてから終了するのがおすすめです。
次に開いたときに、編集しやすくなりますよ。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆


newcom_cafecs4.jpg
みなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

2016年も残りわずか・・・
やり残すことがないように、早め早めにしておきたいものです。
12月はあっというまに走り去ってしまいそうです^^;

健康で元気に過ごせることが何と言っても一番ですよね^^

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

年代別の人数を求める方法

Excelで作った表で、年齢が含まれるデータの場合、年代別に何人いるか知りたい、という場合がありますよね。

そこで今回は、関数を使って簡単に、年代別の数を求める方法をご紹介します。

1.年代別に集計できる表を表の外(下図では、表の下)に作ります。
countnendai1.jpg

2.下に作成した年代別の集計表(一番上のセル)に関数式を次のように入力します。
「 =COUNTIF($C$3:$C$14,"<20") 」 ←20歳未満を求める式です。
※C3:C14 は、上の表の年齢の列 です。ここではF4を押して絶対参照にしています。
countnendai4.jpg

3.下のセルにも次のように、関数式を入力します。
「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=20")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=30") 
↑20歳以上30歳未満を求める式です。 下のセルにもコピーします。
countnendai2.jpg

4.下のセルにコピーした関数式の年代の部分だけ書き換えます。
30代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=30")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=40") 」←30歳以上40歳未満
40代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=40")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=50") 」←40歳以上50歳未満
50代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=50") 」←50歳以上

5.年代別の人数が集計できました。
countnendai3.jpg

いかがでしたか?
よく使うシーンがありそうですよね^^

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

最近のコメント

アイテム

  • IMG_1701.JPG
  • kaigyou3.jpg
  • kaigyou1.jpg
  • kaigyou2.jpg
  • IMG_3996.jpg
  • IMG_3996.jpg
  • IMG_3994.jpg
  • IMG_3995.jpg
  • countnendai4.jpg
  • countnendai3.jpg