(346)データの違いをすばやく見つける方法~EXACT関数~

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。

先日、大きな地震がありました。
小学生の女の子の痛ましい犠牲がありました。心が痛いです。
日頃、何気なく通っている道、行く場所の安全性も、改めて考えさせられました。

安全性の点検、確認を日々、陰ながらして下さっている方々もおられると思います。
身近なできる所から、私も意識して、危険な場所がなくなるようにしていきたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データの違いをすばやく見つける方法~EXACT関数~

Excelでデータを扱うとき、データの違いをすぐに特定したい、見つけたい、という場合がありますよね。
膨大なデータだと、なかなか見つけるのが大変です。

そこで、今回は、データの違いをすばやく見つける方法をご紹介します。

1.比較したいデータ(①②)をそれぞれ開き、別に新規ブック③を開きます。
新規ブックには、①②のデータと同様の項目行をコピー貼り付けしておきます。
hikaku1.jpg

2.新規ブックのセルに関数式を入力します。
「関数の挿入」ボタンを押して、「すべて表示」-「E」を押します。
「EXACT」を選んで「OK」を押します。
hikaku2.jpg

3.比較するセルをそれぞれのブックから選び(クリックし)※「OK」を押します。
※比較するセルをクリックしたらF4ボタン3回押して絶対参照を外します。
hikaku3.jpg

4.関数式を横の列にコピーします。そのまま、下の行にもコピーします。
hikaku4.jpg

5.「FALSE」と表示されたセルが、違うデータだと分かりました!
hikaku5.jpg


6.さらに、「FALSE」のとき、セルの色が変わるように設定しておきたいと思います。
データを範囲選択して「条件付き書式」-「新しいルール」を押します。
hikaku6.jpg

7.「指定の値を含むセルだけを書式設定」を押し、ルールの内容は、「特定の文字列」-「次の値を含む」-「FALSE」として「書式」を押します。
hikaku7.jpg

8.塗りつぶしの色を選択(クリック)して「OK」を押します。
hikaku8.jpg

9.「OK」を押します。
hikaku9.jpg

10.「FALSE」のセルに色がついて、特定しやすくなりました。
hikaku10.jpg

いかがでしたか?
ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

☆おすすめ情報☆☆☆
 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)の紹介ホームページへ
Accessでお困りの企業様は、こちらを,、ご覧になってみてください。
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。

EXCELの魅力,関数

Posted by Mocha