Access対応版とは?

AccessをWebシステムに簡単に移行できるツールが、dbSheetClientです。 Accessを業務システムに使用している場合、またはAccessを使用して新しくシステム開発を検討している場合は、Access対応版を使うことで簡単にWebシステム対応の業務システムを構築できます。また既存のAccess資産を活用することで、短期間/低コストで業務システムを構築できます。

Access業務のWebシステム化

※ Accessに習熟している方は、VBAを使ってAccessプログラム資産を安く、早く、確実にWebシステム化することができます。

Access対応版ができることは?

1.AccessをフロントエンドにしたWebシステムの構築

既に開発して運用しているAccessシステムに少し手を加えるだけで、全社展開するような多拠点システムのWebシステムが実現できます。

2.dbSheetClientサーバーによるリソース管理機能をフルサポート

dbSheetClientのサーバー版がもつ「リソース管理機能」を全面的に利用することができます。本格的なWebシステムを構築するに際し、ユーザー認証、権限管理、ログ管理、不正侵入防止等の機能をつけたい場合も、新たにプログラムを開発する必要はありません。

3.開発したAccessプログラム(ACCDB)の配布の自動化

データベース(DB)の管理は、dbSheetClientのサーバー版で行います。 Accessのプログラムの入ったAccessファイルは、クライアントPCにダウンロードされて、動作します。このような動作環境で運用しても、dbSheetClientにより、データとプログラムのサーバ一極集中管理が自動的に実現できます。
従って、Accessファイルを共有する場合と違い、Accessファイルのメンテナンスを任意のタイミングでも行えます。

4.サーバー同時アクセスに対する排他制御をサポート

Webシステムの場合、複数のユーザーがサーバーの共有データを更新するため、排他制御の仕組みが必須になります。Access対応版では、APIを通じて楽観的ロック/悲観的ロックの排他制御機能を提供します。

Access対応版で得られるメリットは?

1.既存のAccess資産を、簡単にWebシステム化できます

既存のAccess資産、フォームやクエリ、レポート等の既存アプリケーション部を有効活用して、簡単にWebシステム化できます。データ部もテーブル定義をサーバー側にコンバート(「DBアップ」機能)することにより流用できます。よって、開発工数を大幅に短縮することが可能になります。

2.Access技術者は新たな開発言語の習得は不必要です

Access技術者は、クライアントPCのAccessアプリケーションのみ開発すればいいので、新たにサーバー側プログラム構築のためにJavaやPHP等を習得する必要がありません。

3.Accessプログラムの更新の自動化により、運用コストを削減できます

Accessファイルの更新作業はdbSheetClient開発版からアップロードするだけで自動的に行われますので、配布更新作業に伴うリスクがなく、メンテナンスや運用にかかるコストを削減できます。

4.ACCDB(MDB)の壊れやすい、重くなるという問題から解放されます。

これまでAccessファイルは壊れやすい、あるいはファイルサイズがどんどん肥大化するといった問題がありました。Access対応版では、常に最新のAccessファイルが実行版PCにダウンロードされるのでそういった問題は回避できます。

Access対応版の体験版を利用できます

「Accessプロジェクト開発体験版」が完成

「Accessプロジェクト開発体験版」が完成しました。このプログラムは、MS-AccessをフロントエンドにしたWebシステム(リッチクライアント型Webシステム)を構築する上で、Access開発者の皆様にとって貴重な支援ツールになると思います。

「Accessプロジェクト開発体験版」で開発工数の短縮を実感

※「開発体験版」について、以下の特徴を挙げることができます。

  • Accessプロジェクトをサーバー不在の環境で開発できます。
  • 開発PC上のMDB(ACCDB)からVBAでAPIをコールし、SQL Server 2012 Express Editionに対し、DB参照、更新といった機能を実装します。
  • MDBのローカルテーブルをSQL Serverにアップサイズ(DB移行)する機能をもっています。
  • サンプルプロジェクト(2つ)を参考に、最大5つまで新規プロジェクトが開発できます。
  • 体験版で開発したMDBは、そのままでサーバー構築後もAccess版プロジェクトとして動作します。
  • 40日間利用可能です。(延長キーあり)

※ Access対応版の体験版について、もっと詳細を確認したい方は下記のボタンから。

体験版の詳細ページへ »

Access対応版の体験版を申し込む

dbSheetClientとは

dbSheetClientは、Accessの馴染みのある操作性、標準機能を残したまま、システム化を実現できます。業務システムとして利用するうえでの必須機能も標準で備わっています。

dbSheetClientのさらに詳細をお知りになりたい方は弊社ホームページをご覧ください。

dbSheetClientのホームページへ »

紹介動画

Excel、Accessは今までどおり使って、業務データのみ本格DBで管理

注意:動画は音声とBGMが流れます。

ユーザー事例

一宮運輸株式会社
当社、国際物流事業部では、拡大する事業の要請を受けて、国際物流及び通関業務に特化したシステムの 早急な構築が必要になっていました。 その際、国際物流事業部(利用部門)とIT推進部(管理部門)が連携して、 継続したシステム開発、保守・メンテナンスを短期間でできること...
一宮運輸株式会社様の事例詳細へ »
産業用電気機器 卸売業
当社、管理本部では、dbSheetClient・Access版を導入し、営業担当者および営業アシスタントが利用する『営業支援システム』を構築しました。本システムは、日々、営業担当者が作成する見積書、注文書から請求書作成に至るまでを、カバーするMS-Accessのアプリケーションを国内10拠点でスムーズに運用できるシステムです。
産業用電気機器 卸売業様の事例詳細へ »

既に現場で使用しているAccessファイルがあれば、それを使ってシステム化を可能にするのが、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)です。
他のユーザー事例は、こちらから資料をダウンロードしていただけます。
「各種ユーザー事例のダウンロード」»»
(※メールアドレスをご用意ください。)


手持ちのAccessファイルを
システム化する提案をいたします。

手持ちAccessのシステム化を検討してみる

pagetop