dbSheetClient
fixedImage

ユーザー訪問

OZEKI SAKE (U.S.A.) INC. ( 米国大関 ) 様

http://www.ozekisake.com/

清酒製造におけるリアルタイムな在庫管理と複雑な清酒の工程トレース機能をdbSheetClientで構築!

ユーザーフレンドリーなExcel I/Fでシステム化を実現!

入力作業も現地従業員で対応可能!

データの2重入力もなくなり、入力作業時間の大幅な時短(月60時間以上削減)を実現!

OZEKI SAKE (U.S.A.) INC.のご紹介

   「大関」は1711年(正徳元年)、現在も本社を置く兵庫県西宮市今津で創業いたしました。
   1970年代に日本が経済大国として世界に台頭するにつれ、米国では日本の食文化への関心が高まり、寿司などの日本料理の人気が急上昇するとともに、日本酒の需要も高まりました。しかし、日本から米国への輸送中の商品の鮮度低下が危惧されていたことから、「現地で酒造りをして、鮮度の良い状態で飲んでもらう方が良いのではないか」という声が上がり、当社は、1979年に米カリフォルニア州の北部に位置するサンベニート郡ホリスター市に、OZEKI SAN BENITO INC.(現・OZEKI SAKE (U.S.A.) INC.)を設立しました。日本酒メーカーが設立した初めての海外の酒蔵であり、現在は30名ほどが現地生産部門のスタッフとして勤務しています。
   日本特有の酒造りの伝統と基本を守りつつ、常にフレッシュな状態の清酒を、また、海外の蔵ならではの新しい形の清酒を、米国で味わっていただけることを目標に日々努力し続けております!

会社概要

商 号
OZEKI SAKE (U.S.A.) INC.
住 所
249 Hillcrest Road, Hollister, CA 95023, USA
電 話
831-637-9217
設 立
1979年5月21日
社 員
43名(2021年9月1日現在)
事業案内
清酒ほか酒類の製造

訪問インタビュー

訪問インタビューに参加してくださった方々

 OZEKI SAKE (U.S.A.) INC.  Production Manager Brewing Specialist  小竹氏


システム構成図

酒帳簿管理システム

酒帳簿管理システム

「Topics」へ戻る↑


システム規模

  • テーブル数 : 19
  • 印刷(帳票数) : 11
  • タスクセット数 : 152
  • SQL数: 93
  • マクロ数 : 60
  • シート数 : 30
  • 開発着手 : 2019年10月
  • 本番稼働 : 2020年2月

「Topics」へ戻る↑


システム概要

酒帳簿管理システム

   日々のお酒の製成、移動、ブレンド、濾過、瓶詰作業における液量の現場記録の入力と集計をするシステムです。日々の作業記録をdbSheetClientに入力することにより、タンクに保管されているお酒の情報の管理や、最終的に瓶詰されたお酒が、どのタンクで醸造されたお酒なのかをトレースすることができるようになりました。また、毎月、税務局へ提出する資料の作成も可能になりました。

【TOP画面】

TOP画面

【Operation入力画面】
見たいデータをクリックする事で、タンクのトレースができます

Operation入力画面

【Packaging Report】
1つの製品ロットに関して滓下げから瓶詰までの一連の作業を纏めて使用数量や増減などを集計
見たいデータをクリックすることで、タンクのトレースができます

Packaging Report

【タンクトレース結果】
Rework工程も含め、どのタンクの酒が何リットル入っていたか、20階層まで遡ることができます

タンクトレース結果

【月末在庫レポート】
各作業での酒の増減について帳票出力します
数字を選択すると、集計に使われた入力作業の詳細が表示されます

月末在庫レポート

「Topics」へ戻る↑


システム導入前の課題・要望

   アメリカでも日本の酒蔵と同様に、現場の各工程におけるお酒の液量の日々の記帳が義務付けられています。毎月、税務局に在庫量を報告書で提出する必要があります。また、州行政からの監査が入った場合は、リアルタイムでの在庫を確認される可能性があったり、万が一、製品に不具合が見つかった場合は、その製品がどのお酒から作られたものなのかを迅速にトレースする必要があります。
   これまで当社は、日々のお酒の移動量などについてエクセルで記帳管理をしていました。お酒の液量の管理は、一見簡単そうに思われるかもしれませんが、ブレンドなど様々な工程を含んでおり、意外と複雑な作業になっています。特にRework工程(工程上瓶詰されなかったお酒の濾過工程)のトレースは、エクセルでの管理だと殆ど不可能な状況でした。また、毎月、税務局に提出する在庫量の資料は、1L(リットル)のズレであっても許されない為、なかなか現地従業員に任せることができず、この酒帳簿の記帳業務は全て日本からの駐在員の仕事となっていました。
   システム導入前に使っていたエクセルファイルは、すべてのタンクにおいて液量を手動で入力する形式で、例えば「AタンクからBタンクへXL(リットル)の移動」を入力するには、Aタンクの入力箇所でXLの入力、Bタンクの入力箇所でAタンクからの移動液量XLと移動後の液量YLを入力する形式になっていましたが、仮に、このXLの数値をA、Bどちらかのタンクで誤入力してしまった場合、月末での集計において、欠減から計算される在庫量と、実際の在庫量が異なる値となってしまい、その間違い箇所を発見するために多大な時間を費やすことになり、駐在員の業務負担となっていました。

「Topics」へ戻る↑


dbSheetClient・Excel対応版を採用した理由

   現場記録をデータ入力する際、dbSheetClientはデータベースからタンク在庫の液量のデータを読み出すため、エクセル管理よりもデータの信頼性があると考えました。また、複数のエクセルシートに入力する必要がないため、入力の箇所と回数が減り、現地従業員に入力作業を任せれるのではないかと考えました。Microsoft Accessでの管理も検討したのですが、駐在員には任期で交代があるため、メンテナンスや不具合があった時の対応を考えると、システム会社が管理するシステムの方が良いと考えました。日本にも酒帳簿のパッケージシステムを扱っている会社はありますが、海外で対応していただけるシステムは無く、アメリカのシステム会社に日本特有の細やかな対応を求める事は不可能だと考えてました。いろいろと模索していたところ、日系のシステム会社であるニューコムさんが営業にいらっしゃり、酒帳簿のシステムへの対応が可能との事でしたので、採用させていただく事になりました。

「Topics」へ戻る↑


システム導入の効果

   当初の想定通り、日々の酒帳簿の入力作業を現地採用従業員に任せることができるようになりました。また、データの2重入力もなくなり以前に行っていたエクセル業務より入力時間が短時間で終了するため、月60時間からそれ以上の入力作業時間が削減できました。入力作業が大幅に軽減されたことから、日々のタンク在庫をほぼオンタイムで確認することができるようになりました。また、酒のトレース作業ではdbSheetClientにより20階層までさかのぼることができ、これまでのエクセル管理よりもスピーディーに行うことができ、万が一の際の対応もばっちり整っています。とくに以前までエクセルでは非常に困難であったRework工程のトレースも可能になりました。やはり、清酒製造における複雑な製造工程と在庫管理に対するシステム構築は、多くの経験を持たれたニューコムさんであったから実現できたと思っています。ありがとうございました。

「Topics」へ戻る↑


今後について

   今のところ入力されたデータは、税務局への月末在庫の報告資料の作成と、製品のトレースの際に主に使用されていますが、今後データが溜まっていくと共に、適正在庫の管理や、作業ごとのロス発生箇所の割り出しに使えるかと考えています。また、製品ロット毎の分析データを入力することによって試験成績書(COA)の発行ができるのではないかと考えています。

「Topics」へ戻る↑

事例のPDFファイルをダウンロードしていただけます。»

※上記WebページとPDFファイルとでは、内容やレイアウトが若干異なる場合がございます。予めご了ください。

※他のPDFファイルをダウンロードするには、
下記の「各種資料ダウンロード」ボタンから、「各種資料ダウンロード」ページをご利用ください。↓

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当社製品のご案内や、
当社セミナーのご案内以外に使用することはございません。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム