dbSheetClient

実行ユーザーがログイン後、対象プロジェクトを選択するとAccessファイル( MDB )がサーバーからダウンロードされてMS-Accessが起動するということですが、毎回起動するたびにファイルをダウンロードすると、ネットワークトラフィックを圧迫するだけでなくレスポンスにも悪影響を与えるのではないでしょうか?

dbSheetClientの基本的な考え方として、ユーザーが入力したデータはあくまでサーバーDB上にあり『Accessファイル( MDB )のデータは空』を想定しています。つまり、サーバーからダウンロードするのは、あくまでAccessの「アプリ」の部分であり、「データ」はサーバーDBに保管されているということです。また、実行ユーザーがプロジェクトを起動するたびにAccessファイル( MDB )をダウンロードすることはありません。1回目(開発用PCから最新のAccessファイル( MDB )がアップロードされた直後)は少し時間がかかっても、2回目以降はキャッシュフォルダーにあるAccessファイル( MDB )が開きますので、そのぶん起動時間が短縮されることになります。


お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当社製品のご案内や、
当社セミナーのご案内以外に使用することはございません。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム