dbSheetClient

ユーザーPC(クライアント)のAccessとdbSheetClientサーバー間でどのようにデータ通信を行っているのですか?

㈱ニューコムが提供するCOMコンポーネント(「dbsAcNetClass.dll」)をAccess VBA画面から「参照設定」することにより、クライアント ⇔ サーバー間でデータ通信を行ないます。具体的には、クライアントのDLLとdbSheetClientサーバーが提供するWebサービスとの間で通信を行います。このDLLでは約40種類のAPI(アプリケーションプログラムインターフェイス)を提供しています。例として、サーバーから最新のデータをクライアントPCのAccessテーブルにコピーする場合は、「CopyLocal_fromSvr」というAPIを利用します。また、クライアント側で編集したデータをサーバー側にコピーする場合は「CopySvr_fromLocal」というAPIをパラメーター付きで記述します。その他、Webシステムを構築する上で必要な機能を多種そろえていますので、「APIリファレンスマニュアル」を参考にシステム開発を進めることが可能となっています。


お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当社製品のご案内や、
当社セミナーのご案内以外に使用することはございません。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム