dbSheetClient

Access対応版の製品概要


製品概要

dbSheetClientは、AccessをWebシステムに簡単に移行できます。
Accessを業務システムに使用している場合、またはAccessを使用して新しくシステム開発を検討している場合は、Access対応版で簡単にWebシステム対応の業務システムを構築できます。また既存のAccess資産を活用することで、短期間/低コストで業務システムを構築できます。

  1. AccessとdbSheetClientサーバー版の連携によりWeb化を実現
  2. 既存のAccessアプリ部(フォーム、クエリ、レポート、テーブル定義等)を有効活用
  3. VBAからWebサービスAPIを介してサーバー機能を利用

Accessシステムは通常、アプリ部(フォーム、クエリ、モジュール、レポート等)とデータ部(テーブル)から構成されています。Access対応版dbSheetClient では、既存のAccess アプリ部、およびテーブル定義を最大限有効利用します。クライアント側のAccessテーブルは、サーバーDB のデータをダウンロードした際の一時保管(テンポラリ)テーブルとして利用します。また、既存のAccessプログラムに、サーバーとのデータ通信をAPI を使って追加記述することにより、Webシステム化を可能にしています。


システム開発と運用時の流れ

dbSheetClient開発版を使って、DB接続情報、Accessのパス定義を構築します。

PGファイル 処理内容 開発ツール
ACCDB ファイル Web対応アプリケーション(API利用) MS-Access
定義ファイル DB接続情報ACCDBのパス情報 dbSheetClient開発版

システム開発時は、MS-Accessを利用しAPIをコールすることにより、サーバー版が提供する機能を利用します。また、開発版を利用し、DB接続情報とAccessファイルのパス情報を定義します。

システム運用時は、実行版を起動後、以下の流れとなります。

  1. ユーザーログインとプロジェクトの選択
  2. 定義ファイルとAccessファイルのダウンロード
  3. Accessの起動
  4. AccessはAPIを介しサーバー版と連携し、サーバーDBのデータ参照や更新

Access版の起動方法

Access対応版

VB.Net対応

AccessのAPIの拡張機能

お問い合わせ

個人情報の取り扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当社製品のご案内や、
当社セミナーのご案内以外に使用することはございません。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム