関数の最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

暑い中ですが、夏バテなどしていませんか?sy_095.jpg
食欲も減ってしまいがちですが、さっぱりしたものを頂きながら、元気に夏を乗り切りたいですね。スイカを食べると、スーっと体が冷えてホッとします^^

ちなみに私は、きゅうりに味噌をつけて食べるのが大好きです。
きゅうりは夏野菜で体を冷やしてくれます。味噌は体を温めてくれます。
陰(冷)と陽(温)の組み合わせで、体に優しいのが良いんですよね^^
                     画像:hoshino.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

西暦を和暦に変える方法

西暦を「昭和」「平成」などの和暦に変えたい場合、意外と手間取りますよね。
Excelでは、簡単ですぐに変えられる方法があるんです。

では、さっそくご紹介していきます。

以前、カレンダーを作る際の曜日指定でTEXT関数を使いました。
※カレンダー作りの小技1>>
ここでも便利なTEXT関数を使っていきます。

1.西暦の入力されたセルの隣りに関数式を入力します。
「=TEXT(A2,"gggge年m月d日") 」
※ gggg・・・和暦、e・・・年数、m・・・月、d・・・日
 和暦の部分をダブルコーテーション( " )で囲みます。
wareki2.jpg


2.西暦が和暦で表示されました。
wareki1.jpg

3.下のセルにも関数式をコピーします。
wareki3.jpg

いかがでしたか?
簡単に西暦を和暦に変えることができました。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。
お元気ですか?

連日の猛暑、ほんとうに厳しいですね。
「熱中症」「危険な暑さ」 etc、ニュースで頻繁に聞くようになりました。

まるで、地球が沸騰しているよう・・・地球の温暖化を実感させられる毎日です。ka_037.jpg
どこかで歯止めをかけなくては、と思わされます。


熱中症は、自覚があまりないまま、重症化してしまうようなので、他人事ではなく、気をつけたいですよね。

                    画像:Hoshino.coom

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

他のセルの値と結合する方法~CONCATENATE関数~

Excelで、都道府県、住所、番地など、別々のセルに入った値を一つにしたい(一つのセルに表示したい)、結合したい、という場合がありますよね。

そこで今回は、別々のセルの値を一つにする関数をご紹介します。


1.「関数の挿入」ボタンを押します。ketugo1.jpg

2.関数の検索のボックスに「結合」と入力してEnter(または「検索開始」)を押します。
「CONCATENATE」を選んで「OK」を押します。
ketugo2.jpg

3.都道府県(E2)、市町村(F2)、番地(G2)のセルをそれぞれクリックして指定して「OK」を押します。
ketugo3.jpg

4.3つのセルに分かれていた住所が一つに結合できました。
ketugo4.jpg


5.下のセルにも関数式をドラッグしてコピーします。
ketugo5.jpg


いかがでしたか?
簡単に値をつなげることが出来て便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
モカです。

先日、大きな地震がありました。
小学生の女の子の痛ましい犠牲がありました。心が痛いです。
日頃、何気なく通っている道、行く場所の安全性も、改めて考えさせられました。

安全性の点検、確認を日々、陰ながらして下さっている方々もおられると思います。
身近なできる所から、私も意識して、危険な場所がなくなるようにしていきたいです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

データの違いをすばやく見つける方法~EXACT関数~

Excelでデータを扱うとき、データの違いをすぐに特定したい、見つけたい、という場合がありますよね。
膨大なデータだと、なかなか見つけるのが大変です。

そこで、今回は、データの違いをすばやく見つける方法をご紹介します。


1.比較したいデータ(①②)をそれぞれ開き、別に新規ブック③を開きます。
新規ブックには、①②のデータと同様の項目行をコピー貼り付けしておきます。
hikaku1.jpg

2.新規ブックのセルに関数式を入力します。
「関数の挿入」ボタンを押して、「すべて表示」-「E」を押します。
「EXACT」を選んで「OK」を押します。
hikaku2.jpg

3.比較するセルをそれぞれのブックから選び(クリックし)※「OK」を押します。
※比較するセルをクリックしたらF4ボタン3回押して絶対参照を外します。
hikaku3.jpg

4.関数式を横の列にコピーします。そのまま、下の行にもコピーします。
hikaku4.jpg

5.「FALSE」と表示されたセルが、違うデータだと分かりました!
hikaku5.jpg


6.さらに、「FALSE」のとき、セルの色が変わるように設定しておきたいと思います。
データを範囲選択して「条件付き書式」-「新しいルール」を押します。
hikaku6.jpg

7.「指定の値を含むセルだけを書式設定」を押し、ルールの内容は、「特定の文字列」-「次の値を含む」-「FALSE」として「書式」を押します。
hikaku7.jpg

8.塗りつぶしの色を選択(クリック)して「OK」を押します。
hikaku8.jpg

9.「OK」を押します。
hikaku9.jpg

10.「FALSE」のセルに色がついて、特定しやすくなりました。
hikaku10.jpg

いかがでしたか?
ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

  • ディービーシート・クライアントの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち関数カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは表示です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。