グラフの最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

一大イベント!ソフトウェア開発環境展(SODEC)が無事おわりました。IMG_8867.jpg
3日間にわたって開催された展示会。
足を運んでいただいたお客様、ありがとうございました。

例年より、かなり肌寒いお天気となりました。
でも、会場は熱気で包まれて暑いくらいでした。

良い製品がないか、と探しておられるお客様と直にお会いして、製品をご紹介できる機会は本当に貴重な時間でした♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

グラフがすぐ作れる方法~クイック分析~

Excelで、いろんな手順を踏まなくても、すぐにグラフが作れたら便利ですよね。
そこで今回は、たった3クリックするだけで、すぐにグラフを作れる方法をご紹介します。

1.データを範囲選択します。
すると、クイック分析のアイコンが表示されます(青枠)ので、クリックします。
qick1.jpg

2.「グラフ」をクリックします。
qick2.jpg

3.マウスポインタを合わせたら、作成できるグラフのイメージ(プレビュー)が表示されます。
<集合縦棒グラフ>
qick3.jpg

<積み上げ面グラフ>
qick4.jpg

4.作成したいグラフのタイプを選び、マウスポインタを置くだけではなく、クリックすると、すぐにグラフが作成できました。
qick5.jpg

5.グラフタイトルを消すか、タイトルを入力するば完成!
qick6.jpg

いかがでしたか?
あっという間に、すぐにグラフが作成できて便利!

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪aki3.jpg
お元気ですか?
モカです。

紅葉が綺麗な今日この頃。
私がよく行く航空公園も綺麗でした!

落ち葉がたくさん落ちていて、さくさく音がして♪
焼き芋がしたくなりました^^

今の季節は、焼き芋、本当に美味しい!
炊飯器でご飯を炊くときに、ラップに包んで一緒に炊いてます。
小腹がすいたら、芋!にかぎりますー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

グラフが自動的に更新される方法

Excelのデータをグラフにしておくと、分析がすぐにできて便利ですよね。

もし、グラフの元のデータが更新されたり、追加されても、それが
自動的に反映されると、もっと便利ですよね^^

そこで今回は、データが更新されたら、グラフも自動的に更新される方法をご紹介します。

1.グラフを作成します。元の表の最終行に空白行を追加しておきます。
その最終行も含めて範囲選択し「挿入」-折れ線グラフを選択します。
glap1.jpg

2.グラフが出来ました。データを追加してみます。
(1)新しい行を最終行の上に追加して、データを追加します。
行番号の上で右クリック-「挿入」を押します。
glap2.jpg

(2)追加した行にデータを入力すると・・・新しいデータが自動的に反映されました。
glap3.jpg

いかがでしたか?
グラフの範囲を選択しなおさなくても、自動的に反映されるので便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。
IMG_9396.jpg
先日、動物園に行きました♪
智光山公園こども動物園

動物を間近で見ることができ、ふれあうことも出来る、飼育員の方もフレンドリーで動物のことを色々教えてくれたりして、とってもアットーホームな動物園です。

私が好きなのは、カピバラ
目の前の水槽の中を泳いだり、水辺でぼーっとしてる姿に癒されました^^
透明のフィルムケース越しなのですが、近くてびっくり!?→

動物に親しむと、その素の姿がなんだか、ほのぼの して いいですよね~♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

分析しやすいグラフの作り方

Excelのグラフは、データの入力、作成と同時に、分析が出来るので、とても便利ですよね。
例えば、家計簿や予算管理。

今の時点で、予算に対してどれくらい使っているんだろう?
給料日や決算間近だと気になります^^

そこで今回は、予算に対して、その日、いくらなら赤字にならないか、ひと目で分かるグラフの作成方法のご紹介をしていきます。

1.図のような、予算に対して一日に使える額(C3 ÷ H6)が分かる表を作成します。
「日ごとの利用可能額」は、残額(G列)÷日数(H列) で求めてあります。
glaf3-1.jpg


2.グラフを作る際必要な「平均累計額」は次のように求めています。
1日平均(E3)×日数(A列) ※E3F4を押して絶対参照にしてから、下のセルに式をコピーします。
glaf3-2.jpg

3.では、グラフを作成します。
「日付」「累計額」「平均累計額」を選択し、「挿入」-「折れ線グラフ」を押します。
glaf3-3.jpg

4.グラフタイトルを変更して、グラフの大きさを整えます。
glaf3-4.jpg

毎日、その日の支出を入力すると、予算(オレンジ色)に対して、今 支出がどのくらいなのか、ひと目で把握できます。節約すると、予算を下回って、一日の利用可能額を増えるので楽しくなります^^

いかがでしたか?

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちグラフカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは作ってみようコーナーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。