その他の最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。
hana.jpg
今日、散歩に出かけた川原で見かけたお花がとても綺麗でパチリ。
調べたら、「花ニラ」という名前でした。

葉がネギやニラのような匂いがするので、それが名前の由来だそうです。もっと洋風な名前かな?と思ったのですが^^;
今度、葉の匂いを確かめてみようと思いました。
sora.jpg
桜も開き始めて、一段と春めいてきましたね。
お天気の日は暑いくらいです。
季節の変わり目なので、体調管理に気をつけたいですね。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

誤字、脱字のチェックを簡単にする方法~セルの読み上げ~

Excelでは、文章を入力する場合もあり、誤字脱字をチェックしたい、という時がありますよね。文章を読み上げてもらうと、そのチェックも効率よく出来ます。

そこで、今回は、文章を読み上げてくれる機能をご紹介します。

1.クイックアクセスツールバーの▼を押して「その他のコマンド」を押します。
onsei1.jpg

2.「すべてのコマンド」で、次の4つのコマンドを選んで「追加」を押します。
「セルの読み上げ」「セルの読み上げ-セルの読み上げを停止」
「セルを一行ずつ読み上げ」「セルを一列ずつ読み上げ」
onsei2.jpg

3.4つのコマンドが追加されたら「OK」を押します。
onsei3.jpg

4.4つ、アイコンが追加されました。
onsei4.jpg

5.青枠の「一行ずつ読み上げ」ボタンを押してから、赤枠の「セルの読み上げ」ボタンを押すと、一行ずつ読み上げてくれます。
onsei9.jpg

6.青枠の「一列ずつ読み上げ」ボタンを押してから、赤枠の「セルの読み上げ」ボタンを押すと、一列ずつ読み上げてくれます。
onsei10.jpg

いかがでしたか?
読み上げてもらうと、目で見て見逃した誤字脱字も意外と見つかったりします。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

夏まっさかり!sy_095.jpg
皆さんは、スイカ 食べてますか?^^
旬のものは体に良いそうです。
確かに暑くなった体がスイカを食べると、スーッと汗が引いて心地よいです♪

きゅうり も体のむくみを取ってくれる夏野菜。
とうもろこし も美味しいですよね~

あ、また食べ物のことばかり^^;
美味しく食べられる、健康でいられることが一番!ですよね♪
                                画像:Hoshino.com

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

数式がどのセルと関係しているか確認する方法


Excelは、色々な数式を使って多様なデータを作れるので便利ですよね。

でも作ってしばらくすると、数式がどういう目的で作ったのか、作った時の意図を忘れてしまったり、参照元のセルを忘れてしまったりして困ったりすることがあります^^;

そんな時、便利なのが「参照元トレース」「参照先トレース」の機能!
では、さっそくご紹介していきます。

1.赤枠のセル(C26)参照元を確認してみます。
セル(C26)にカーソルを置いて「数式」-「参照元のトレース」を押します。
torece1.jpg

2.四角い枠矢印が表示されました。それを見ると、参照元のセルは、囲われた部分(C22:C24)だと分かりました。C22からC24の合計を出していることが分かりました。目で見て分かりやすいですよね。
torece2.jpg

3.数式を見ると「=SUM(C22:C24)」となっています。
torece3.jpg

今回は複雑な数式ではないですが、もっとより複雑な数式になると、具体的に目で見て参照元を把握できるので、忘れていても思い出せて安心です。

4.今度は、セルC7(マイレージレート)参照先を確認してみます。
C7にカーソルを置いて「数式」-「参照先のトレース」を押します。
torece4.jpg

5.矢印が表示されて、セルC7の参照先のセル(セルC7の数値を使った数式のあるセル)が矢印でひと目で分かりました。
torece5.jpg

いかがでしたか?

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

暑くなってくると食欲が減る、といいますが、
食欲全開なわたし・・・^^image1.JPG

そうそう!先日、食べたカレーが絶品!? だったんです。
また、食べたいなぁ・・・ 
ナンが大きくて、得した気分でした♪
インド人?のご主人がとても感じが良くて、それも嬉しかったです^^

場所は、京浜東北線の北浦和駅の近くで、「シルクロード」っていうお店でした。

お近くに行かれることありましたら、おすすめです^^

食べログ♪→https://tabelog.com/saitama/A1101/A110102/11037932/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Excelで電卓を起動する方法

Excelには、まだまだ便利な機能がいっぱいあります♪

お仕事していると、結構な頻度で「電卓」を使うことがあります。経費の精算etc...
そこで、今回は、よく使うExcel上から電卓を起動する方法をご紹介します。

1.リボンの右端の何も無いところで「右クリック」-「リボンのユーザー設定」を押します。
dentaku1.jpg

2.「数値」を選んで「新しいグループ」を押します。※「数値」以外でも良いです
dentaku2.jpg

3.「新しいグループ(ユーザー設定)」を押してから「名前の変更」を押します。
dentaku3.jpg

4.電卓のアイコンを選んで、表示名に「電卓」と入力して「OK」を押します。
dentaku4.jpg

5.「電卓」という名前に変わりました。続いて、その「電卓」を押してから、
左のコマンドの選択で「すべてのコマンド」-「電卓」を選び「追加」-「OK」を押します。
dentaku7.jpg

6.新しく作った「電卓」を押してみます。
dentaku8.jpg

7.「電卓」が起動しました! すぐ使えて便利♪
dentaku9.jpg

いかがでしたか?

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
  • ディービーシート・クライアントの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはEXCELの魅力です。

次のカテゴリはグラフです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。