タグ「MDB」が付けられているもの

Access ADPを補って余りあるAccess対応版

こんにちは。ブログ担当の梅本です。今回はdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)のAccess対応版の導入を検討されているお客様について、ご紹介させていただきます。こちらの会社も製造業で、マイクロソフト社のAccessを使って業務システムを構築し運用しています。社内に、優秀なIT技術者の方がおられ、Accessで構築した業務システムは、今も何の問題もなく稼働しています。

しかしあることから、このAccessシステムの改革を検討せざるを得ない問題が発生しました。

Accessバージョン2013以降からADPの対応を廃止

こちらの会社では、Access MDBではなく、Access ADPでシステムが稼働しています。Access ADP方式は、データベースにSQL Server を利用し、ほとんどの処理をサーバー側で行うため、Access MDB 方式より、処理結果を受け取る速度が非常に速くなります。処理結果のみをクライアント側に返すため、ネットワーク上を流れるデータが非常に少なく、スピードが速いようです。このような利点に着目し、こちらの会社ではAccess ADP方式を採用していました。

しかし、マイクロソフト社では、Accessバージョンが2013以降から、このADP(Accessプロジェクト)への対応を廃止することとなりました。

※ADP方式廃止に関しては、Access対応版のFAQのページをご覧ください。

Access ADP方式に変わるシステムの検討

これを受けて、こちらの会社でもAccess ADP方式に変わる新しいシステムの検討が必要となりました。従来からのAccess MDB方式は処理速度が遅い問題があったために、Access ADP方式を採用したので、従来のAccess MDB方式の採用は検討外でした。しかし、現在稼働しているシステムに代わるものをスクラッチ開発するには、多大なコストが発生します。

そのような中、現在のAccessをそのまま活用しながら、かつ現在の処理パフォーマンスも維持できる仕組みとして、dbSheetClientが有力候補として上がってきました。スクラッチ開発よりdbSheetClientを導入するほうが、安価で、かつ既存のプログラムが使える点も評価して頂いたようです。


dbSheetClient Access対応版の詳細に関してはホームページをご参照ください。
⇒Access対応版の紹介ページを見に行く >>

dbSheetClientでセキュリティ対策も安心

dbSheetClientは、サーバーDBに対し直接ネイティブSQLを実行させ、その結果を受け取る仕組みを採用しているので、非常に処理スピードは速いものとなります。それ以外にも、以下のような特徴を兼ね備えており、Accessのみのシステムに比べて、セキュリティ面でも安心できます。

1.フロントエンドのファイル形式はMDB (ACCDB)です。
2.APサーバーによるログイン認証でセキュリティを確保します。
3.グループ別 権限管理が可能です。
4.ユーザー操作ログをサーバーで一元管理します。
5.ローカルMDBから複数のサーバーDBの切り替えが可能です。
6.複数ユーザーによるデータ更新時の同時実行制御(排他制御)機能をもっています。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>