タグ「Access」が付けられているもの

melmaga_img.jpg

こんにちは、ブログ担当の梅本です。
ここでは、ニューコムが送っているメールマガジンを掲載しています。
今回は、2017年6月22日に送信された第58号です。

■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ニューコムメールマガジン 第58号 2017年6月22日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■

《 INDEX 》
■ 1.MS-Accessで開発した『総合管理システム』をdbSheetClientでWeb化し、
   抱えていた課題を全てクリア! ⇒ ユーザー事例に綜合エナジー様を掲載
   http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/sogo_energy.html

□ 2.2017年6月・7月の「dbSheetClientプレゼンセミナー」開催案内
   (6/23:東京会場)(7/11:博多会場)
   http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/index.html

............................................................................................................
■ 1.MS-Accessで開発した『総合管理システム』をdbSheetClientでWeb化し、
   抱えていた課題を全てクリア! ⇒ ユーザー事例に綜合エナジー様を掲載
   http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/sogo_energy.html
............................................................................................................

  この度、dbSheetClientをご導入いただきました、綜合エナジー様のユーザー
 事例を掲載しました。綜合エナジー様は、創業以来、地域社会へのエネルギーの
 安定供給と安全で快適で経済的なドライブの提供に努めてまいりました。
  今後は、より一層、安心・安全・便利そして環境に優しい仕組みと地域社会に
 おける災害時対応のインフラ施設の提供で地域の皆様に信頼され、地域の皆様と
 共に発展していける会社作りに邁進されています。

  綜合エナジ―様の一事業である、各SS(サービスステーション)拠点(9ケ所)
 におけるガソリンなどの販売実績(POSデータ)は、毎日、RIXセンター(リック
 スセンター=元売業社:JXTGエナジー様)で集計され、その後、本社のPEGAサー
 バーで受信します。受信した販売実績(POSデータ)は、dbSheetClient・Access
 版にて、前日の売上データなどの集計を行い、各種帳票を自動作成(Excelファイ
 ル)しています。... 詳しくは、下記URLをクリックしてください。

 ▼綜合エナジー株式会社様のユーザー事例
  http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/usrvoice/sogo_energy.html

 ▼綜合エナジー株式会社様のHPは、下記URLをクリックしてください。
  http://sougouenergy.jp/

............................................................................................................
□ 2.6月・7月「dbSheetClientプレゼンセミナー」の開催案内
   (6/23:東京会場)(7/11:博多会場)
   http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/index.html
............................................................................................................

  現場の業務では、Excel(エクセル)やAccess(アクセス)が非常に多く使用
 されています。そこでExcelやAccessの中に保存された現場のデータを、もっと
 全社レベルで簡単に参照/更新できないものかと考える方も多いのではないで
 しょうか。その場合、ExcelやAccessをそのまま業務システムにすることで
 実現できます。

  dbSheetClientを使った業務システムでは、既存のExcelやAccessをそのまま
 フロント画面に使用でき、コストを抑えて、短期間で導入することができます。

 是非、お気軽にセミナーにご参加ください。ご参加お待ちしております。

 <6/23(金):東京会場>
 http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/kanto_pre38.html

 <7/11(火):博多会場>
 http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/fukuoka_pre8.html

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
< メールマガジンについて >

▼弊社の個人情報保護に対する取り組みは下記をご覧下さい。
 http://www.newcom07.jp/privacy/

▼その他ご不明な点、ご要望などはこちらから
 https://www.newcom07.jp/contact/

    ▼△▼会社情報、製品の詳細はHPをご覧下さい▼△▼
        http://www.newcom07.jp/index.html

Access ADPを補って余りあるAccess対応版

こんにちは。ブログ担当の梅本です。今回はdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)のAccess対応版の導入を検討されているお客様について、ご紹介させていただきます。こちらの会社も製造業で、マイクロソフト社のAccessを使って業務システムを構築し運用しています。社内に、優秀なIT技術者の方がおられ、Accessで構築した業務システムは、今も何の問題もなく稼働しています。

しかしあることから、このAccessシステムの改革を検討せざるを得ない問題が発生しました。

Accessバージョン2013以降からADPの対応を廃止

こちらの会社では、Access MDBではなく、Access ADPでシステムが稼働しています。Access ADP方式は、データベースにSQL Server を利用し、ほとんどの処理をサーバー側で行うため、Access MDB 方式より、処理結果を受け取る速度が非常に速くなります。処理結果のみをクライアント側に返すため、ネットワーク上を流れるデータが非常に少なく、スピードが速いようです。このような利点に着目し、こちらの会社ではAccess ADP方式を採用していました。

しかし、マイクロソフト社では、Accessバージョンが2013以降から、このADP(Accessプロジェクト)への対応を廃止することとなりました。

※ADP方式廃止に関しては、Access対応版のFAQのページをご覧ください。

Access ADP方式に変わるシステムの検討

これを受けて、こちらの会社でもAccess ADP方式に変わる新しいシステムの検討が必要となりました。従来からのAccess MDB方式は処理速度が遅い問題があったために、Access ADP方式を採用したので、従来のAccess MDB方式の採用は検討外でした。しかし、現在稼働しているシステムに代わるものをスクラッチ開発するには、多大なコストが発生します。

そのような中、現在のAccessをそのまま活用しながら、かつ現在の処理パフォーマンスも維持できる仕組みとして、dbSheetClientが有力候補として上がってきました。スクラッチ開発よりdbSheetClientを導入するほうが、安価で、かつ既存のプログラムが使える点も評価して頂いたようです。


dbSheetClient Access対応版の詳細に関してはホームページをご参照ください。
⇒Access対応版の紹介ページを見に行く >>

dbSheetClientでセキュリティ対策も安心

dbSheetClientは、サーバーDBに対し直接ネイティブSQLを実行させ、その結果を受け取る仕組みを採用しているので、非常に処理スピードは速いものとなります。それ以外にも、以下のような特徴を兼ね備えており、Accessのみのシステムに比べて、セキュリティ面でも安心できます。

1.フロントエンドのファイル形式はMDB (ACCDB)です。
2.APサーバーによるログイン認証でセキュリティを確保します。
3.グループ別 権限管理が可能です。
4.ユーザー操作ログをサーバーで一元管理します。
5.ローカルMDBから複数のサーバーDBの切り替えが可能です。
6.複数ユーザーによるデータ更新時の同時実行制御(排他制御)機能をもっています。

dbSheetClient-Access対応版を採用された企業様のユーザー事例

・Accessで開発した『 総合管理システム 』をdbSheetClientでWeb化し、抱えていた課題を全てクリア !!
綜合エナジー株式会社 様

・Accessで作成した『営業支援システム』を国内10拠点で運用可能なシステムへレベルアップ !!
産業用電気機器 卸売業 様 (本社所在地 : 東京都)

・物流の顧客管理システムを、既存のAccess資産を活用して、Webシステムを構築
一宮運輸株式会社 様



dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

Accessで行っている「受発注業務」のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。ここでは、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を採用された会社を紹介するブログを始めました。現在、周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

dbSheetClientのAccess対応版

dbSheetClientにはAccess対応版もあります。マイクロソフト社のAccessを業務システムに活用している場合は特に、現在運用しているAccessを簡単にWebシステムにすることができます。

現在使っているAccess資産をそのまま有効活用が可能

何よりも助かるのは、現在使っているAccessを、ほぼそのまま活用していただける点だと思います。既に開発して運用しているAccessシステムに少し手を加えるだけで、多拠点を結ぶWebシステムが実現できます。もちろんパソコンのフロント画面は今まで通りAccessを使います。ですので、スクラッチ開発のように、最初からシステムを新たに作り上げなくても、AccessをそのままWebシステムにレベルアップしていただけます。

access_2.gif

Access対応版で「受発注業務」をWebシステム化

さて、そのような中、dbSheetClient Access対応版の導入を検討していただいている、農業関連のある会社について、少し紹介してみたいと思います。

こちらの会社でも、やはりマイクロソフト社のAccessを業務に活用しておられ、「受発注業務」に利用されています。そしてこの度、弊社からのDMを きっかけに、dbSheetClient Access対応版の存在を2年ほど前に知っていただけました。それから現在まで、色々なシステムの検討を重ねてこられましたが、最終的に dbSheetClient Access対応版を導入していただくことになりました。

社内では現在、「受発注業務」を現場の担当者が全て紙の伝票で行っており、その紙のデータを本社のAccess入力担当者がまとめてAccessへ入力しています。そのため、どうしても入力ミスや時間のロスが発生するため、これらの問題を改善するべくシステム化を検討してこられました。
しかし、拠点は日本国内だけでも30拠点以上にもなり、システム化の準備も業務のあい間を縫って取り組んでおられ、準備にかなり時間を要することになりました。

Access対応版を使って既存のAccess資産をシステム化するメリットとは

そこで、dbSheetClient Access対応版を使ってシステム化する場合、思いつくだけでも、以下のようなメリットや、改善効果を期待しておられます。

  • 現在使用しているAccessは、ほとんどそのまま活用できるため、新たにシステムを作り上げる必要がありません。開発費用は非常に安く抑えられるだけでなく、今まで通りのAccessの画面で作業が行えます。
  • 各拠点はdbSheetClient Access対応版のWebシステムを使って本社のサーバーと連結できるため、受発注業務を行っている現場の担当者が、拠点の端末から直接データを入力することができます。
  • 現場の受発注のデータがリアルタイムに集計されるので、集計されたデータを使った分析をすばやく行えるようになります。

いかがでしたか。
Access は非常に有能なツールですので、Accessで業務を行っている企業様も非常に多いです。そのため弊社は、現在運用しているAccess資産を捨ててしまうのではなく、そのまま活用できるシステム化をお勧めしています。また仕様をまとめる過程で、新たな仕様が出てきても、既存のAccessへ容易に追加することができます。

Accessのシステム化を検討されている方は、ぜひdbSheetClient Access対応版をご検討ください。


dbSheetClient Access対応版の詳細は、弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient Access版 紹介ホームページへ行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

dbSheetClient-Access対応版を採用された企業様のユーザー事例

・Accessで開発した『 総合管理システム 』をdbSheetClientでWeb化し、抱えていた課題を全てクリア !!
綜合エナジー株式会社 様

・Accessで作成した『営業支援システム』を国内10拠点で運用可能なシステムへレベルアップ !!
産業用電気機器 卸売業 様 (本社所在地 : 東京都)

・物流の顧客管理システムを、既存のAccess資産を活用して、Webシステムを構築
一宮運輸株式会社 様


excel_web2.jpg

dbSheetClientのプレゼンセミナー

ExcelやAccessを使って行っている業務をWebシステムへレベルアップする方法をご紹介しているITセミナー(無料)です。

現場の業務ではExcel(エクセル)やAccess(アクセス)が非常に多く使用されています。そこでExcelやAccessの中に保存された現場の データを、もっと全社レベルで簡単に参照/更新できないものかと考える方も多いのではないでしょうか。その場合、ExcelやAccessをそのまま Webシステムにすることで実現できます。
dbSheetClientを使ったWebシステムでは、既存のExcelやAccessをそのままフロント画面に使用でき、コストを抑えて、短期間で導入することができます。

詳細は、ぜひお気軽にセミナーでご覧ください。
ご参加お待ちしております。

http://www.newcom07.jp/dbsheetclient/seminarinfo/index.html