タグ「エクセル」が付けられているもの

こんにちは。ブログ担当の梅本です。今回ご紹介する会社は、今までと少し違う視点で、dbSheetClientを採用してくださった商社をご紹介します。

こちらの会社では、長年、営業部門で使ってきた「予実管理システム」のシステム再構築を検討していました。そこで、新たなシステムやソフトウェアを探すために、展示会やセミナーに来られて、弊社を知っていただくことになりました。

Webブラウザーシステムを維持する手間と費用

その後、弊社の担当営業が訪問してみると、問題になってる「予実管理システム」は、Webブラウザー上で操作が可能なWebシステムでした。

通常、こちらの会社には、システムを内製で作れる優秀なエンジニアがおられ、マイクロソフト社のExcelでマクロやVBAを駆使して業務システムを作り、自社で運用管理されています。しかし問題の「予実管理システム」については、内製ではなく、外部のシステム業者が作ったものでした。

Webブラウザーを使って、いつでもどこでもデータ参照/更新ができるWebシステムなら、何の不自由もないのでは、と担当の営業も思ったようです。しかしながら今回、Webブラウザーを使うのは止め、「予実管理システム」もExcelで新しく作り直すことを強く希望されました。

改めて問題点を聞いていくと、問題の本質が見えてきました。
問題なく稼働しているどんなシステムでも、時の経過とともに、機能追加や変更は必要になってきます。したがって、この「予実管理システム」も、業務内容の変化や拡大に伴って、機能追加や変更が発生していました。

そのため、エンドユーザーの利便性という点では、Webブラウザーで動くので、非常にメリットがあった一方、システム部門にとっては、メンテナンスのための費用が大きな問題になっていました。理由は、このシステムが外部のシステム業者によって作られたため、機能追加や変更が発生するたびに、手間と費用をかけてシステム業者に依頼しなければならないからです。

そこで今回、このシステムは以下の点を中心に検討することになっていました。
◆「予実管理システム」も、外部のシステム業者ではなく、社内で構築し、社内のシステム部門が管理・メンテナンスできるシステムに移行する。

ExcelにデータベースとWebシステム機能を付加

これを実現するために検討を重ねた結果、このシステムもExcelを使って再構築することになりました。やはりExcelが現場で最も使われていて、機能追加や変更の要望が発生しても、Excelであれば社内のシステム部門で対応できるからです。

もちろんExcelだけでは、データベースによるデータ一極集中管理は行えず、またインターネットを介したDBアクセスも行えません。そこで、それらを可能にする手段としてdbSheetClientが採用されることになりました。つまり、エンドユーザーが利用する参照や入力画面は、通常にExcelを使って行い、入力されたデータはExcelブックではなく、インターネットを介してデータベースへ保存できるようになります。

元々、Excel自体が非常に優秀なツールで現場に深く関わっており、現場のあらゆる業務をこなします。そのため、今回ご紹介した会社のように、普段から慣れ親しんだExcelを使って業務システムを作れるなら、システムの内製化も比較的容易に行えます。また、システムをいちからスクラッチ開発することに比べれば、入力や参照画面はExcelをそのまま使えるため、開発コストや期間も大幅に削減できます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでも何かヒントになる内容がありましたら幸いです。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見にいく >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見にいく >>


周辺業務のシステム開発は、どうしても後回しになりやすい分野ですが、早急に改善したいExcel業務がありましたら、ぜひ一度お気軽に弊社にご相談ください。
dbSheetClientのお問合せフォームに行く >>


excel_web2.jpg

建設業、Excelで行っている「実行予算」のシステム化

こんにちは。ブログ担当の梅本です。ここでは、Excelで行っている「実行予算」のシステム化を検討中の会社について、少し紹介させていただきます。ご存知の通り実行予算管理は、特に建設業界で、作業の進捗とコストをチェックするために欠くことのできない管理指標となっています。そして、この実行予算管理についても、マイクロソフト社のExcelが幅広く活躍している分野といえます。

WorkinBbudget_sampleGraph.jpg

現場監督と管理部門の業務負担

今回ご紹介する会社でも、複数の現場をかけ持つ現場監督が、その現場ごとの実行予算をExcelで作成し、毎週、管理部門へメールで送信していました。そして管理部門では、各地から送られてくるExcelファイルを集計して、役員やマネージャーが必要としている集計・分析データを作成します。

しかしこの運用は、現場監督にも、管理部門にも、多くの時間とコスト、ストレスを引き起こしており、業務上の大きな負担になっていました。これを受け、本格的な業務改善を検討することになりました。

データベース化の恩恵

根本的には、データベースを活用してシステム化することが最も効果的で、現場監督は、毎回メールでExcelファイルを送信する必要が無くなります。現場でデータを入力保存する際、データはExcelファイルではなく、ネットワーク上のデータベースに保存します。また管理部門は、メールで届いたExcelファイルの集計作業から解放されます。そして、既にデータはデータベースに入っており、あらかじめ設定された処理に従って、必要な指標データが自動集計されます。毎週の会議等でこれらのデータを必要としている役員やマネージャーにとっては、管理部門の集計を待たなくても、いつでもリアルタムに現状を確認できるようになります。

Excelを使ってデータベース接続を行う提案

従来から、このようなデータベース接続のシステム化が提案される場合、現場で活躍していたExcelを廃止して、Webシステムツールを使ったスクラッチ開発がよく提案されます。しかしながら、これには多額の開発費用、期間が発生することがあり、弊社では、既にExcelで業務が行われている場合は、そのExcelファイルを今まで通り使って、データベース接続が可能なシステムの提案を行っています。

Excel自体が優秀なツール

元々、Excel自体が優秀なツールですので、現場のあらゆる業務をこなします。そのため、長年使われてきたExcelファイルには各現場の仕組みが出来上がっていますので、それを捨ててしまうよりは、そのExcelをさらに活かせるシステム提案ができれば、システム開発のコストも期間もより削減できるものとなります。

それが可能なシステムツールがdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)です。これは、使い慣れた現場のExcelを今まで通り活用しながら、現場のデータだけデータベースに保存する仕組みを構築することができます。

また、dbSheetClientはWebシステムですので、各拠点から入力したデータはインターネットを介して本社等のデータベースに保存し、一括集中管理を行えます。

周辺業務のシステム開発は、どうしても後回しになりやすい分野ですが、見てきたようにデータベース化によって得られる現場の業務効率の向上と、データ分析力を考えると、周辺業務のシステム開発にかけたコストは、いずれ業績向上という形で返ってくるはずですので、周辺業務のシステム化も、本当は可能な限り急ぎたいもとなります。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

最後までお読みいただきありがとうございました。

excel_web2.jpg

大抵のExcel業務の問題は、dbSheetClientがあれば大丈夫!

こんにちは。ブログ担当の梅本です。今回はdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)のツールとしての立場を、少しご紹介してみようと思います。

パッケージソフトではなく、システムツール

dbSheetClientは、ある特定の業務に絞ったパッケージソフトではありません。日々社内では、あらゆる部門でExcel業務が活躍していますが、dbSheetClientは、それらのExcel業務に問題が起き始めたときに威力を発揮する「システムツール」のような立場になると思います。

例えば、Excelを使って予算集計を行っている場合を考えてみます。毎月、各担当から集めたExcelファイルを集計するのは、非常に手間がかかります。集計ミスにも注意が必要です。またそれをメールで担当者に送信するといった場合、誤送信などのミスも起こることがあります。

そして、時の経過とともに作業の負荷が大きくなると、その予算集計のExcel業務が問題になってきます。このような場合、通常、予算管理に特化した「予算管理パッケージ」ソフト等が比較検討されるかと思います。

そのような中、dbSheetClientが採用された場合、上述の問題を同様に改善できるのは言うまでもありません。そしてdbSheetClientがパッケージソフトと違うのは、ほぼすべてのExcel業務を改善できるシステムツールという点です。つまり、一度dbSheetClientを導入すると、予算管理だけではなく、他に問題となっているExcel業務があれば、それらの業務も改善していくことが可能となるのです。

したがって、dbSheetClientは他のパッケージソフトと根本的に違う「システムツール」だという認識が必要になります。

Excel自体が非常に優秀なツール

社内では、様々な業務がマイクロソフト社のExcelで行われています。
なぜならExcel自体が非常に優秀なツールで、実現したい集計・分析のほとんどがExcelで出来てしまうからです。

優秀なExcelを使い続けるための課題

一方、Excel業務が徐々に重要なポジションを占めるようになると、また必然的に以下のようなことが問題になってきます。
1)利用する人数分のExcelファイルの管理が煩雑。
2)Excelシートが現場で勝手に変更されてしまう。
3)収集したExcel ブックの集計が大変。
4)Excelの集計データのリアルタイムな情報共有が大変。

Excelを本格的な業務システムへレベルアップ

しかし、見てきたように、dbSheetClientを一度でも導入すると、Excel業務で発生する、このような大抵の問題は改善できるようになります。またその後は、色々なパッケージソフトを比較検討する手間もなくなります。

dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>

周辺業務のシステム開発は、どうしても後回しになりやすい分野ですが、早急に改善したいExcel業務がありましたら、ぜひ一度お気軽に弊社にご相談ください。

dbSheetClientのお問合せフォームに行く >>

excel_web2.jpg

お電話の場合は、下記(お近くのところ)までご連絡ください。
東日本(さいたま市):048-815-8460
中日本( 名 古 屋 市):052-265-8089
西日本( 大 阪 市 ) :06-6838-7270


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

最後までお読みいただきありがとうございました。


こんにちは。ブログ担当の梅本です。今回ご紹介する会社も、やはり世界的に有名な製造業で、その傘下の子会社です。グループ内の製品に必要なソフトウェア開発を行っており、社員数が500名前後です。周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

業種業態に関係なくExcel業務は重要

こちらの会社で問題となっているのは、管理職の方々が運用しているExcel業務(プロジェクト進捗管理)です。個人的に興味深い点は、最先端の技術を誇る企業でも、現場のExcel業務は欠かせない分野である点です。こちらの会社でも、数十人の課長職の方々が毎月Excelを使って、自分の部署に所属する部下の仕事内容を記録し、集計して、最終的に経理部門に渡す作業を行っています。その作業に、毎月1週間~10日ほど割かれてしまうため、各課長が行うべき本来の業務に支障をきたしていました。

Excelの業務データはデータベース化が必要

現在、業務の洗い出しを行っており、その過程でさらに以下の点に気づかれたと伺いました。

こちらの会社でも通常、集計作業が完了したExcelから、紙にプリントアウトを行います。したがって、最終的には紙に出力してExcelの使命が終わっていました。しかしながら、このままでは、過去のデータを使った比較や分析が、容易に行えないということが、課題として取り上げられました。データベースになっていないと意味がないとのことでした。

そこで、現在行っているExcel業務はそのままで、蓄積された過去のExcel業務のデータを使って、比較分析が行えるツールやパッケージを探していたところ、インターネットでdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)にたどり着きました。

データベース化で高度な分析が可能に

また、dbSheetClientはWebシステムでもあるので、各拠点から入力したデータはインターネットを介してサーバーのデータベースに集められます。ですので、本社、および各支店の課長様(管理職の方々)はその集められたデータを使って、今までExcel単体では考えられなかった、集計・分析が行えるようになります。

いかがでしたか。
周辺業務のシステム開発は、どうしても後回しになりやすい分野ですが、見てきたようにデータベース化によって得られる現場の業務効率の向上と、データ分析力を考えると、周辺業務のシステム開発にかけたコストは、いずれ業績向上という形で返ってくるはずですので、周辺業務のシステム化も、本当は可能な限り急ぎたいものとなります。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

excel_web2.jpg

Excelで行っている「請求支払管理」業務のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。今回は、ビル管理会社がdbSheetClientを導入されたケースについて、少しご紹介させていただきます。

業務としては、ビル管理業務を行っており、ビルのオーナー、テナントの借主、業者間での、契約・請求・支払管理を行っております。その業務を「請求支払管理システム」として、dbSheetClientを使って構築されました。

業務システムとしてのExcelの限界

さて、この問題になっていた請求支払台帳ですが、元々は、それぞれの現場でExcelを使って作成されていました。そのため、Excelだけではデータ共有も困難なため、集計作業にも時間がかかり、また入力されているデータ自体の入力ミスも発生しがちでした。しかしこれからも、管理物件の数は増えてくるため、問題点を一刻も早く改善する必要がありました。

運用では以下のような問題が起きていました。

  • 各担当者が請求支払台帳を独自に作成し、運用が標準化されてなく属人的
  • 進捗管理・予算実績対比などを簡単に把握できない
  • 請求書処理、収支報告などに時間がかかる
  • Excelブックの数が多く、各部の請求支払台帳の保管先が複雑

dbSheetClientは既存のExcel業務をレベルアップ

こちらの会社では、現場の状況の把握、その他の様々なシステムやパッケージの検討のために、dbSheetClientを実際に採用するまで、おおよそ一年ほどの期間を要しました。
検討を重ねてきた結果、現場では既にExcelで業務が動いているため、dbSheetClientはそのExcelを使ってシステムを作れるという点が評価されました。

新システムの打合せもExcelフォームを使ってデモプロを作成

現場で既に利用しているExcelがあれば、そのExcelフォームを使いながら打ち合せが行えて、またそれを使ったデモプログラムの動きを見ながら検討を行えます。
ですので、要件定義・仕様検討については、2ヶ月くらいかけて行いました。
そして半年後には、新しく完成した「請求支払管理システム」が稼働し始めました。
今までは俗人的な作業だった作業ですが、dbSheetClientによりシステム化されたので、どなたでも、パートの方でも作業ができるようになりました。

弊社の営業担当から今回のケースについて確認した際に、やはりdbSheetClientを導入する理由は、現場の重要な業務が既にExcelで運用されている場合が多いとのことでした。
要件定義や仕様検討の際には、システム部門だけでなく、現場の担当者も積極的に加わりながら、現場が欲しいシステムを作り上げる点が最も評価されているようです。
確かに、現場は今まで通りExcelを使いながら、大事なデータはデータベースで一極集中管理が行えますので、様々な集計やデータ分析が容易に行えるようになります。

いかがでしたでしょうか。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様にとって、何かヒントになる内容がありましたら、本当に幸いです。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

excel_web2.jpg

Excelで行っている「在庫管理」業務のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。今回は、社員数約2000名、拠点も全国に存在する、ある製造業大手の会社にdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を採用していただいた内容を、少し紹介いたします。

Excelで構築した既存のシステムをそのままレベルアップ

こちらの会社では、情報システム部門にExcelが得意な方がおられ、Excelのマクロを駆使し、非常に高度な「在庫管理システム」を既に構築しておられました。
そのため、Javaや.NET等でWebシステムを新たに開発するよりは、既存のExcelシステムに足りない機能を追加していきたいという方針が明確になっていました。

Excelだけでは不可能な機能をdbSheetClientが補助

Excelのみで業務システムを運用するにあたり、こちらの会社が問題点として挙げていたのは以下のようになります。

・ブックの配布(各拠点に定期的に手動で配布しないといけない)
・各拠点で使用するブックに違いが生じてくる(古いバージョンのまま使用している)
・データを一極集中管理できない
・業務システムへアクセスした人や、操作のログ管理ができない
・ログオン認証ができない

そこで、現在のExcelシステムを使用しながら、上記の問題点を克服できるツールを探していたところ、dbSheetClientを見つけていただきました。

Excelのマクロもそのまま活用

まずdbSheetClientのセミナーに参加していただき、概要を確認していただきました。また、こちらの会社で現在運用しているExcelシステムは、マクロを駆使したシステムですので、マクロがそのまま使用できることが非常に重要な点となりました。
もちろんdbSheetClientは、既存のマクロもそのまま使用できます。

通信テストも問題なくクリア

次に、こちらの会社は広い構内で作業を行うため、通信環境はさほど良くありません。
そのため、そのような通信環境でも大丈夫かどうかの動作確認が行われました。そこでもdbSheetClientは、問題なくクリアしました。
このような、幾つかのテストを通過し、晴れてdbSheetClientが採用される運びとなりました。

また、今回の会社はシステム部門にて完全に内製化によって構築されました。
このように「在庫管理システム」はdbSheetClientを使って、Excelが今までのブックの管理からシステムの管理へと変貌を遂げました。現在はdbSheetClient開発版を使いながら、新たにシステムの機能アップを検討されておられます。

いかがでしたでしょうか。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様にとって、何かヒントになる内容がありましたら、本当に幸いです。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>


excel_web2.jpg

Excelで行っている「賃貸管理」業務のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。こちらでは、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を検討されている会社の様子を紹介しています。周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、不動産賃貸業界の会社で、dbSheetClientを検討されている内容について、少しご紹介させていただきます。社内には不動産賃貸に関わる業務がいくつかあり、そんな中、物件の貸主(オーナー)と借主の詳細を管理するための「賃貸管理」業務のシステム化を検討されておられます。

システムを構築した担当者が退職する問題

こちらの会社では、この「賃貸管理」業務は、ある有名なツールを使ってしっかり作られており、問題なく運用できていました。そのため、本来なら改めてシステムを検討する必要のない業務でした。しかしながら、元々このシステムを作られた方が、退職されて、他に誰もメンテナンスができないという事態が起きてきました。

業務の洗い出しに使い始めたExcelをシステム化

そこで今回、同じような事態が今後も発生することが無いよう、このシステムの置き換えが検討されていました。そのため現場では、「賃貸管理」業務の洗い出しをマイクロソフト社のExcelを使って行っていました。ここでもやはりExcelは、みんなが知っているツールですので、Excelの機能を使って「賃貸管理」業務の、だいたいの動きが構築できました。そして次に、この業務をシステム化するためのツールを探す段階となり、インターネット等で調べていたところ、dbSheetClientはExcelをそのまま使ってシステム化できることを知りました。

システムを構築する場合、見積りが大きく膨らむことがある

たとえば弊社のお客様の中では、次のようなケースのお客様も非常に多いです。
もともと、万能なExcelで業務を行っていましたが、時を経て、その業務が会社にとって非常に重要な業務となってくることがあります。しっかりとシステム化する方針が出されると、私たちのようなシステム構築の会社に問い合わせが入ってきます。そして、幾つかの会社から、システム提案を受ますが、新たにシステムを構築する場合は、色々なプログラムやツールの提案を受けます。しかし、ときには何千万円クラスの見積もりが提示されることがあります。もちろん、これは弊社でも新たにシステムを構築する場合は、このような金額の提案に至るケースがあります。これはシステム構築の内容、かかる期間や工数を考慮していくと、どうしても金額が高くなることがあるからです。

現場のExcelを、なるべくそのまま活用する

そこで弊社ではシステム構築の問い合わせが入って、お客様先に訪問した際に、もしお客様がExcelを業務に使っていることが分かると、まずはExcelをそのまま活用できないかを提案するようにしています。もし、Excelをそのまま活用できるのであれば、システム構築の費用を大幅に削減できるからです。

今回の不動産賃貸業界の会社では、当初、作業の洗い出しのために使い始めたExcelですが、dbSheetClientはExcelをそのままシステム化できることを知り、現場で作り上げたこのExcelをdbSheetClientでシステム化していくことになりました。それにより、一般的にシステム構築で必要とされる開発費は、かなり削減していただけると思います。

Excelなら、SEと現場がやり取りしながら、より良いシステムになる

また、Excelをシステム化するときの良い点は、仕様を決める段階から実際にExcelで動きを確認し、そして気に入らない場合はすぐに変更が行えるという点です。SEの方と、現場の方で、Excelを中心に何度かやり取り行いながら作り上げていくことに、他のツールに比べて、非常にメリットを感じていただいている様子です。ですので、システムが出来上がった時には、かなり現場のニーズに合ったものが作れるということになります。

他のブログにも何度か書かせていただきましたが、dbSheetClientが選ばれる大きな理由としては、やはりExcelを使って運用している業務があれば、そのExcelをそのまま活用しながら、データは本格的なデータベースで一極集中管理が行える点があげられます。パソコンの入力画面も、今まで通りExcelの画面を使います。

いかがでしたでしょうか。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様にとって、何かヒントになる内容がありましたら、本当に幸いです。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

excel_web2.jpg

Excelで行っている「見込み顧客管理」のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。ここでは、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を採用していただいた会社の様子を紹介しています。現在、周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、住宅建築業界の会社がdbSheetClientを採用された内容について、少し紹介させていただきます。今回ご紹介する会社は個人向けの戸建て住宅を販売しているハウスメーカーです。戸建て住宅の販売ですので、お客様が契約する金額も何千万円と高額なものとなります。ですので、こちらの会社ではお客様との信頼関係を特に大切にしている会社です。

このような背景から、周辺業務とはいえ、見込み顧客の管理業務を非常に重要視されています。ですので、現状の見込み顧客の管理業務を、「見込み顧客管理システム」として本格的にシステム化される予定です。現在、国内の各支店や販売店では、やはりマイクロソフト社のExcelをそれぞれ活用して、見込み顧客の集計管理をしています。Excelを使った各拠点内での運用は、ひとまず問題なくできているようです。

社内でも特に重要なExcel業務からシステム化

問題は、各拠点の見込み客の詳細を本社で集計する際、面倒な作業が発生し時間がかかっていました。そのため本社では、見込み客の数字や状況を正確に把握できないという事態が起きており、この業務の問題点を改善するための方針が出されていました。この会社では上述のように、お客様との信頼関係を重要視されているため、今回のような見込み顧客を把握するためのシステム化は、周辺業務の中でも重要なものとなっていました。

情報システム部門の担当者は、見込み顧客管理に活用しているExcelのデータ集計をもっと素早く、かつ正確に行う方法やツールはないか、インターネットや、その他の情報を探しておられました。そのような中、弊社のdbSheetClientを見つけていただきました。もちろん、他のツールもいくつか検討され、実際にそのツールを試験的に導入されたこともあったようですが、業務を完全に吸収できるまでには至らず、再度検討を重ねてdbSheetClientに落ち着いたようです。


dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページを見に行く >>

Excelのデータを、DBで一括集中管理

dbSheetClientが選ばれる大きな理由としては、こちらの会社のように現在すでにExcelを使って運用している業務があれば、そのExcelをそのまま活用しながら、データは本格的なデータベースで一極集中管理が行える点があげられます。パソコンの入力画面も、今まで通りExcelの画面を使います。

さらに、dbSheetClientはWebシステムですので、各拠点から入力したデータはインターネットを介してサーバーのデータベースに集められます。ですので、本社、および各支店の責任者はその集められたデータを使って、今まで行っていた集計や分析はもちろん、さらに詳細なデータ分析を行えるようになります。

Excel業務をdbSheetClientでシステム化するメリット

このようにdbSheetClientを使ってExcelをそのまま活用することで、たとえば、以下のようなことが実現できます。
・Excel資産を活用したリフォーム型システム開発が可能です。
・現場にとって使いやすい業務システムの構築を実現できます。
・システム内製化による、システム化されていない周辺業務の仕組化を実現できます。

今回は住宅建築業界の会社の例を紹介させていただきましが、どの会社でも現場の周辺業務というのは、とても多く存在しています。そして、その中でも非常に重要な業務に関しては、様々なデータ加工や分析を行い、頻繁に変更を加えることがあるため、マイクロソフト社のExcelがよく利用されることになります。なぜなら、Excelにはそのような様々な業務を構築し運用できるだけの機能がすでに備わっているからです。

そのため弊社では、既に現場で運用し使い慣れているExcelがある場合は、そのまま活用することをお奨めしています。Excelをそのまま活用できるなら、業務のシステム開発に膨大なコストをかける必要がなくなります。そして、そのExcelにdbSheetClientを付加することで、Excelで入力したデータは全てWebシステムを経由してデータベースへ蓄積していくことができるのです。これにより、今まで手動で行っていた作業(Excelファイルの回収、集計、分析、配布など)の時間とコストが大幅に解消されます。

周辺業務をシステムするメリット

また、いったんシステム化を行っておくと、会社にとってのメリットは、コスト削減だけではありません。その後はExcelだけでは考えられなかったデータベースの恩恵を受けられるようになります。全拠点からデータベースに集められたデータを用いて、全社でリアルタイムな情報共有ができ、また様々な角度からの企業戦略に役立つデータ分析も行えるようになります。

周辺業務のシステム開発は、どうしても後回しになりやすい分野です。しかし、見てきたようにデータベース化によって得られる現場の業務効率の向上と、データ分析力を考えると、周辺業務のシステム開発にかけたコストは、いずれ業績向上という形で返ってくるはずです。ですので、周辺業務のシステム化も、本当は可能な限り急いだ方が得策といえます。

いかがでしたでしょうか。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様にとって、何かヒントになる内容がありましたら、本当に幸いです。


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>



excel_web2.jpg

Excelで行っている「販売店実績管理」のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。ここでは、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を採用していただいた会社の様子を紹介させていただいています。現在、周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

今回は、ある食品大手がdbSheetClientのExcel対応版を使って業務のシステム化に着手された内容を少し紹介させていただきます。

多くの企業では、マイクロソフト社のExcelも現場業務に欠かせない最強のツールといえます。今回ご紹介する食品会社も同様に、様々な場面でExcelを活用されています。

こちらの会社では業務の効率を上げるために、かねてから現場のExcel業務のシステム化を検討されてこられました。そこでもう2年ほど前になりますが、dbSheetClientをWebの検索で見つけていただきました。その後、ツールやシステムを検討されて、最終的にdbSheetClientを選択していただきました。

dbSheetClient Excel対応版は既存のExcel画面をそのまま活用

dbSheetClient の特徴としては、現場の業務に浸透したExcelの画面をほぼそのまま活用しながら、入力したデータはサーバーのデータベースで管理することが可能な点です。Webシステムですので、インターネットを介して各拠点の担当者が直接データを入力し、リアルタイムにサーバーで一極集中管理を行えます。

既存のExcel業務をWebシステム化するメリット

ですので、こちらの会社でも、おおむね次の点についてメリットを感じておられます。

  • Excelファイルの壊れるリスクが回避出来る
  • リアルタイムな集計が出来る
  • 情報漏洩のリスクを回避できる
  • インターネット環境で読込/更新が出来る
  • 開発費の低減、メンテナンスのし易さ

dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページ

dbSheetClientひとつで、大抵のExcel業務のシステム化が可能

また、こちらの会社でも、非常にExcelを得意とする方が社内におられ、社内の様々な業務はExcelを使って構築してこられました。そのため、数多く存在するExcel業務の中から、スムーズにシステム化を進められる業務を、順次システム化していかれるようです。

そして、システム化を進める最初の業務は「販売店実績管理(仮名)」です。
食品メーカーですので、色々な自社商品を全国のストアに卸しており、そのお店ごとの実績管理は今までExcelファイルを駆使して行っていました。社内にExcelが得意な方がおられますので、こちらの会社ではExcelの高度な関数やマクロを使って色々なデータ分析をされておられます。ももちろん dbSheetClientを導入することで、現在行っているデータ分析だけでなく、一極集中管理されたデータベースを活かし、Excelだけでは限界があった分析や集計もできるようになります。パソコンからのデータ入力は、今まで通りExcelをそのまま活用していただけます。


Excel業務のシステム化を検討されている方は、ぜひdbSheetClient Excel対応版をご検討ください。
dbSheetClientの詳細に関しては、ぜひ弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient 紹介ホームページ


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>

excel_web2.jpg

Accessで行っている「受発注業務」のシステム化

こんにちは、企画室ブログ担当の梅本です。ここでは、dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)を採用された会社を紹介するブログを始めました。現在、周辺業務のシステム化を検討されている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

dbSheetClientのAccess対応版

dbSheetClientにはAccess対応版もあります。マイクロソフト社のAccessを業務システムに活用している場合は特に、現在運用しているAccessを簡単にWebシステムにすることができます。

現在使っているAccess資産をそのまま有効活用が可能

何よりも助かるのは、現在使っているAccessを、ほぼそのまま活用していただける点だと思います。既に開発して運用しているAccessシステムに少し手を加えるだけで、多拠点を結ぶWebシステムが実現できます。もちろんパソコンのフロント画面は今まで通りAccessを使います。ですので、スクラッチ開発のように、最初からシステムを新たに作り上げなくても、AccessをそのままWebシステムにレベルアップしていただけます。

access_2.gif

Access対応版で「受発注業務」をWebシステム化

さて、そのような中、dbSheetClient Access対応版の導入を検討していただいている、農業関連のある会社について、少し紹介してみたいと思います。

こちらの会社でも、やはりマイクロソフト社のAccessを業務に活用しておられ、「受発注業務」に利用されています。そしてこの度、弊社からのDMを きっかけに、dbSheetClient Access対応版の存在を2年ほど前に知っていただけました。それから現在まで、色々なシステムの検討を重ねてこられましたが、最終的に dbSheetClient Access対応版を導入していただくことになりました。

社内では現在、「受発注業務」を現場の担当者が全て紙の伝票で行っており、その紙のデータを本社のAccess入力担当者がまとめてAccessへ入力しています。そのため、どうしても入力ミスや時間のロスが発生するため、これらの問題を改善するべくシステム化を検討してこられました。
しかし、拠点は日本国内だけでも30拠点以上にもなり、システム化の準備も業務のあい間を縫って取り組んでおられ、準備にかなり時間を要することになりました。

Access対応版を使って既存のAccess資産をシステム化するメリットとは

そこで、dbSheetClient Access対応版を使ってシステム化する場合、思いつくだけでも、以下のようなメリットや、改善効果を期待しておられます。

  • 現在使用しているAccessは、ほとんどそのまま活用できるため、新たにシステムを作り上げる必要がありません。開発費用は非常に安く抑えられるだけでなく、今まで通りのAccessの画面で作業が行えます。
  • 各拠点はdbSheetClient Access対応版のWebシステムを使って本社のサーバーと連結できるため、受発注業務を行っている現場の担当者が、拠点の端末から直接データを入力することができます。
  • 現場の受発注のデータがリアルタイムに集計されるので、集計されたデータを使った分析をすばやく行えるようになります。

いかがでしたか。
Access は非常に有能なツールですので、Accessで業務を行っている企業様も非常に多いです。そのため弊社は、現在運用しているAccess資産を捨ててしまうのではなく、そのまま活用できるシステム化をお勧めしています。また仕様をまとめる過程で、新たな仕様が出てきても、既存のAccessへ容易に追加することができます。

Accessのシステム化を検討されている方は、ぜひdbSheetClient Access対応版をご検討ください。


dbSheetClient Access対応版の詳細は、弊社のホームページをご参照ください。
⇒dbSheetClient Access版 紹介ホームページへ行く >>


定期的に各地で無料セミナーを開いていますので、セミナーにご参加いただくことをお奨めします。
⇒セミナー一覧のページを見に行く >>



excel_web2.jpg

dbSheetClientとは

ExcelをWebシステムにレベルアップできるdbSheetClientは、ユーザーの操作画面に普段業務で使用しているExcelシートをそのまま活用できるWebシステムを構築できます。
入力したデータはすべてデータベースに登録するところが、今までのExcel業務と大きく異なる部分となり、今までのExcel業務を大幅に改善し、効率化が図れます。Excelの業務がそのままWebシステムに変われば、業務の可能性も広がります。

動画:約3分20秒 / 音声にご注意ください。