dbSheetClientはERPシステム周辺の現場の業務改善や効率化に最適です。

電話でお問合せ

Excel業務とdbSheetClientの位置づけと活用する価値とは?

1.Excel業務の位置づけ

まずExcel業務の位置づけを見ていきたいと思います。業務の自動化を実現し、現場効率を大幅に向上させるために、ERPシステムや各種業務パッケージを導入します。

但し、それを実現するためには、業務をパッケージに合わせるという課題をクリアしなければなりません。この変化の激しい時代環境で、そのようなことを前提にして、実運用に耐えられるのでしょうか?現実には、難しい場合が多いようです。

Excel業務の位置づけの画像

結果、現場要求とのギャップを埋める必要が出てきます。まずは、カスタマイズでこれに応えようと試みますが、コストが肥大化し、採算が合わなくなってきます。このため、仕方なく適用範囲の絞込を行い、あとの部分は、周辺業務として現場任せになってしまうことが多いようです。

一方、現場では、ギャップの吸収を行う必要があり、一般的に、現場の知恵とExcelを活用してこの部分の解決を図っているようです。ここで、Excel業務が誕生するわけです。

2.Excel業務の成長過程

次に、Excel業務の成長過程を見ていきたいと思います。Excelは、自分の行いたい管理表を手軽に作ることができます。

Excel業務の成長過程

この図では、作成したブックを、個人や所属しているグループ内で運用している段階、これを、非定型段階と言っています。次に、業務改善に有効なExcelブックは、見直し、整理され、業務の標準化とともに、ブックの標準化も図られ、企業内で広く活用されるものになります。この段階が、定型運用段階になります。ここでの問題は、この業務の運用管理者が、大量のブックの管理やブックを超えた集計業務に膨大な工数を要すること、重要なデータ管理においても、強固なセキュリティが確立できないことが挙げられます。

これらの問題を解決するために、Excel業務のWebシステム化が検討されます。
「dbSheetClient」は、この段階で、非常に有効となるものです。 「dbSheetClient」を活用することで、Excelの機能をそのまま活かしたかたちで、Webシステムの機能を付加していくことができます。その結果、リソースのサーバでの一極集中管理や強固なセキュリティ機能を確立したExcelシステムが、非常に低コスト・短期間で構築できます。

dbSheetClientの資料ダウンロードはこちらから

レイアウト調整

Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.
デザイン要素