予実管理システムは状況を営業現場で共有できます。損益を認識した活動を啓発し、予算と実績、および見込の把握をすることができます。

電話でお問合せ

事例一覧に戻る

お問い合せ

☆この事例について詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合せください。

予実管理システム (P/Lモニターシステム)

※「予算実績見込管理システム」のソース公開サンプルプログラムはこちら
※dbSheetClientの詳細は「dbSheetClientとは」をご覧ください。

導入目的

外部環境の変化が激しい中で当初の目論見で予算を達成するのは難しくなってきている。そのため、営業現場では、毎週の営業会議を通して、3ヶ月先までの見込物件のチェックを行い、数字の見込みとその実現に向けた意欲の共有と責任心情をもった営業活動を行っている。このような、見込みの調整を行う時、売上や粗利だけではなく、営業損益までの数字を把握するべきということになり、この予算実績管理システムを構築した。

P/Lモニターシステムの概要を動画で紹介しています。
P/Lモニターの動画

音声が流れます

システム概要

予算達成に対し、数ヶ月先の状況を組織で共有し、それに対する対応を1人ひとりが自分の問題として捉える環境づくりができる。社員にオーナーシップを芽生えさせ、自分の関わる部署について、 損益を認識した活動を啓発していく。そのために週単位で精度の高い見通し情報が提供できる運用とした。P/Lに対する権限管理を行い、会社から 公認されたデータを共有しながら、信憑性の高い新鮮なデータで部署別及び全社の損益状況の予算実績の把握や、予算と見込みの把握を行える。

メニュー構成

  • 予算入力・変更
  • 見込/実績入力・変更 ⇔ 売上/粗利シミュレーション
  • 予算/実績・見込の参照(月別)
  • 予算/実績・見込の参照(Q別)

メニュー構成

アプリケーションのボリューム

  • 画面数:6
  • 帳票数:4
  • マスターテーブル:2
  • トランザクションデータ:4
  • トランザクション用ワークシート:7

画面事例

見込・実績入力画面
見込・実績入力画面
試算シミュレート
試算シミュレート
予算・見込・実績参照(月別)
予算・見込・実績参照(月別)
予算・見込・実績参照(四半期)
予算・見込・実績参照(四半期)

dbSheetClientの資料ダウンロードはこちらから

セミナーのご案内

レイアウト調整

Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.