営業支援のための見込管理システムは3ヶ月先までの物件内容をABCランク付けして入力。3ヶ月間の予算/実績の見込管理を行うことができます。

電話でお問合せ

事例一覧に戻る

お問い合せ

☆この事例について詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合せください。

営業見込管理システム

営業支援(SFA)のために、見込管理をExcel(エクセル)で行っている場合、既存のExcelシートを使用して簡単にWebシステムにレベルアップすることが可能です。 今まではExcelブックに保存していたデータをデータベースで管理できるようになり、集計や分析が容易に行えるようになります。
※dbSheetClientの詳細は「dbSheetClientとは」をご覧ください。

営業見込管理の動画

⇒ 概略説明

導入目的

営業に3ヶ月先まで見通した物件の確保を意識させ、予算遂行に対する責任意識の向上を図るといった営業の教育が第一目的である。 この情報をもとに毎週営業会議を行い、各物件のA、B、Cランクの確認とそのレベルアップを討論する。マネージャが予算と現状の見込みを正確に把握し、どの物件をどのようにアプローチして受注していくかを営業と相談し、方向性を出していく。 その方向性によって見込数字と予算の関係がどう変化していくかも随時シミュレーションでき、早めの対策を打つことで予算遂行の精度を高めることがもう一つの目的である。

システム概要

営業が自分のアプローチしている物件の3ヶ月先までの内容をA、B、Cランクも判断し、入力する。各物件の内容は進展とともに更新される。 その情報をもとに3ヶ月間の売上、粗利の見込管理が行える。部署別、個人別の売上/粗利の予算/実績・見込の状況からその数字の裏づけとなる物件状況までが画面や帳票で確認できる。

システム構成

システム構成

メニュー構成

メニュー構成

アプリケーションのボリューム

  • 画面数:13
  • 帳票数:8
  • マスターテーブル:3
  • トランザクションデータ:1
  • トランザクション用ワークシート:9

画面事例

営業物件入力画面
営業物件入力画面
入力物件確認画面
入力物件確認画面
部署別受注/粗利/見込集計画面
部署別受注/粗利/見込集計画面
失注一覧画面
失注一覧画面

dbSheetClientの資料ダウンロードはこちらから

セミナーのご案内

レイアウト調整

Copyright © NEWCOM Inc. All Rights Reserved.