Excelの印刷でズレや切れをなくし、きれいに印刷します。

ドキュメントの印刷のズレや切れを補正

たとえば、以下のようにエクセルで表示されている内容を印刷してみます。

excelのサンプル画面

エクセルで印刷
画面で合わせた構成が崩れます。

※クリックで拡大Excelで印刷を行った場合
「Adjust Print for Excel」で印刷
印刷のズレや切れがなく、きれいに印刷されます。
※クリックで拡大Adjust Print for Excelで印刷を行った場合

Adjust Print for Excelのポイント

「Adjust Print for Excel」から補正処理した印刷画面を、PDFファイルに出力できます。印刷のダイアログで、プリンタをPDFファイルに出力できるユーティリティソフトを選択します。

※あらかじめ、プリンタの追加で、利用するソフトを設定しておく必要があります。

「Adjust Print for Excel」を、お持ちでない方にExcelファイルを送付する場合は、上記の通り、PDFファイルに変換出力したものを送付すれば、印刷時のズレや切れが発生することを防げます。

伝票印刷のズレや切れを補正

エクセルに貼り付けた伝票イメージを印刷してみます。

※Excelに伝票のイメージを貼り付けデータの位置合せ(0.5mm単位)
伝票印刷をするためのExcelの画面例

エクセルで印刷
印刷の位置にズレや切れが生じます。
※クリックで拡大Exceで印刷を行った場合
「Adjust Print for Excel」で印刷
位置が正確に印刷されます。
※クリックで拡大Adjust Print for Excelで印刷を行った場合

Adjust Print for Excelのポイント

伝票印刷については、「Adjust Print for Excel」に伝票印刷用のプログラムがあり、それを部品として使うことによりこの機能を活用できるようにしています。
例えば、Excelで伝票発行システムを構築していて指定伝票発行機能の実現をしたい場合、Excelのマクロから、Adjust Print for Excelの伝票印刷用のプログラムを部品として起動することでこの機能を使うことができます。

PageTop