入力の最近の記事

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

今日は穏やかなお天気♪
ほっとします^^IMG_0741-1-2.png

街中には、クリスマスツリーが登場してきました。
子供たちにとっては、年に一度のサンタさんからの贈り物が届く日。
待ち遠しいんだろうな・・・^^

準備する側は、大変ですよね!?
期待を裏切れないので^^; がんばれー!サンタさん!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

横のセルと同じ値をすばやく入力する方法

Excelでデータを入力していて、横のセルと同じ値を入力したい、という場合があります。
一から入力するのも良いのですが、その入力の手間を省く方法がExcelにはあるのです。

電話番号とFAX番号が同じ場合、すばやくコピーすることができます。
では、さっそくご紹介していきまーす。

1.住所録のデータを開きます。電話番号の隣のFAX番号のセルにカーソルを置きます。
r1.jpg

2.Ctrl+R を押します。
r2.jpg

3.左のセルの値をコピーすることが出来ました。
r3.jpg


4.もし、番号が末尾だけ違う、一文字だけ書き換えたい、という場合は、続いてF2を押します。
r4.jpg


5.編集中になるので、Backspaceキーを押して一文字消します。
r5.jpg
r6.jpg

6.一文字入力してEnterを押します。
r7.jpg


いかがでしたか?顧客データなどを入力していると、よく出てくるシーンですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪

お元気ですか?

モカです。

お天気がめまぐるしいこの頃。

体調管理が大変ですよね。それでも段々春に近づいてる気配♪ha_009.jpg

今年も始まったと思ったら、あっという間に2月も半ば・・・。

年初めの気持ちを思い出しながら、大切に1日1日過ごしたなぁと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

郵便番号から住所を入力する方法

郵便番号を入れて変換すれば、住所がパッと表示される!?

そんな便利な機能がExcel  にはあるのです♪

では、さっそくご紹介していきま~す。

1.まず郵便番号辞書をONにします。

「あ」または「A」の上で右クリックし「設定」を押します。

yubin1.jpg

2.「全般」-「Microsoft IME」をクリックし「プロパティ」を押します。

yubin2.jpg

3.「辞書/学習」-「Microsoft IME 郵便番号辞書」のチェックをONにし「OK」を押します。

yubin3.jpg

4.「OK」を押して設定画面を閉じます。

yubin4.jpg

4.郵便番号を入力して変換を数回押して住所を選びます。

そのまま続けて番地を手入力します。

yubin5.jpg

yubin6.jpg

すばやく住所の入力が出来ますよね。

効率が大幅UP!

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

newcom_cafecs4.jpg
みなさま、こんにちは!
モカです。
お元気ですか?

先日、航空公園へ行ってきました♪
お天気がよくて、紅葉もきれいでリフレッシュ出来ました!

紅葉して散った葉っぱが花びらみたいで
とってもきれいでしたよ~ ⇒
koukuu2.jpg
フリーマーケットが開催されていたり、
池があって、鴨が泳いでいたり・・・

癒されます^^
おすすめスポットです^^♪




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リストで選ぶと条件に一致するデータが自動表示される方法

たくさんのデータの中から、特定のデータだけの合計や平均を知りたい、
という場合の方法を前回ご紹介しました。今日はその続編♪

リストから選ぶと対応したデータに自動的に切り替わる方法をご紹介します。


1.G1(日替わり)のセルにリストを設定します。
リストを切り替えれば、G1を参照している関数式の入った「オーダー数」セルが自動的に変わってくれます。
bento1.jpg

2.まず、メニューのデータに名前を付けます。
メニューの範囲を選択して、名前ボックスに「メニュー」と入力しEnterを押します。
bento2.jpg

3.セルG1 にカーソルを置いて「データ」-「データの入力規則」-「データの入力規則」
押します。
bento3.jpg

4.入力値の種類に「リスト」を設定し、元の値に「=メニュー」と入力し「OK」を押します。
bento4.jpg

5.リストが設定できました。
bento5.jpg

6.日替わり の合計は、14 でしたが、Bランチに切り替えると 2 になりました。
bento7.jpg


関数式は、こんなかんじで設定します。
範囲に「メニュー」検索条件に「G1」合計範囲に「注文数」
sumifaveif29.jpg


7.同様に隣のセルにも関数式(平均オーダー数を求める)を設定します。
bento8.jpg

8.Bランチの1回あたりの平均オーダー数は、1 と求められました。
bento9.jpg


いかがでしたか?
前の記事と合わせて、ぜひ、ご活用ください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。                    
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ 
にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 

 企業様で、ExcelやAccessのWebシステム化を考えておられましたら、
 dbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。
Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 
  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち入力カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは作ってみようコーナーです。

次のカテゴリは印刷です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。