(324)指定した範囲の合計を求める方法~OFFSET関数~

| コメント(0) | トラックバック(0)

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

昨日は、カミナリがよく鳴って、その後、空が一面 真っ白に!?
スコールのような大雨が降りました。その後は晴れてきて・・・
めまぐるしいお天気でした。。。
in_017.jpg
小学校は早いところでは、夏休みに入りましたね!
たくさんの楽しい思い出が出来る夏休みになりますように^^

子供の頃、一番わくわくしたのが、夏休みだったなぁ~♪
ふと思い出しました。
                                画像:Hoshino.com
大人になっても、色んな思い出を四季折々、作りながら過ごしたいなぁ、
と思いました^^


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

指定した範囲の合計を求める方法~OFFSET関数~


Excelは、合計(や平均)を出して分析できるのがとても便利なところ。

分析していると、「ここの部分だけ合計を知りたい」という場合もありますよね。
そこで今回は、指定した範囲だけの合計を求める方法をご紹介します。

1.金曜日から月曜日までの範囲(青枠部分)の合計をOFFSET関数を使って求めます。
setoff1.jpg

2.結果を表示するセルを決めて分かりやすく枠線を引きます。
その上のセルに「金~月の経費」と入力します。
setoff2.jpg

3.枠線を引いたセルE4に関数式を入力していきます。
「 =SUM(OFFSET(C11,1,0,6,4) 」
※OFFSET関数の詳細は、
 C11・・・基準のセル、1・・・基準のセルの下何行目か、0・・・基準セルの横何列目か、
 6・・・合計する範囲の行数、4・・・合計する範囲の列数)
setoff4.jpg

4.青枠の範囲の合計を求めることが出来ました。
setoff3.jpg

いかがでしたか?特定の部分の合計を知りたいときに便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/827

コメントする

  • ディービーシート・クライアントの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2017年7月19日 14:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(323)消去する時に数式を消してしまわない方法♪」です。

次の記事は「(325)数式がどのセルと関係しているか確認する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。