2017年4月アーカイブ

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

突然ですが、このところ、さつまいも にはまっています^^;
食物繊維が豊富で体に良いし、なんといっても、あの甘さ♪
やめられません!^^

一番美味しく さつまいもをふかす方法は、炊飯器!
きれいにあらってアルミホイルでしっかり包んで、ご飯を炊くとき、中に入れておきます。

栗!?みたいに美味しいんですよね~~
あー、しあわせ♪

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

貸借対照表のグラフを見やすく作る方法2

前回からの続きで、貸借対照表のグラフを見やすく作る方法をご紹介します。
見やすく作るには、ちょっと一工夫 加えるだけで、すごく見やすいグラフが作れるんです。

では、さっそくご紹介していきます。
前回は、ここまで作りました。
WS000071.jpg

・・・前回、凡例の「合計」を消すのを忘れていたので、これを先に消してしまいます。
「合計」の上で右クリックし、「削除」を押すだけで出来ます。
WS000063.jpg

↓ 合計が削除されました。
WS000064.jpg


それでは、さらに手を加えていきたいと思います。
作りたいグラフの完成はこんなかんじになります。
WS000051.jpgのサムネイル画像


1.まず、下にある凡例を右側に移動したいと思います。
凡例を選択し、右クリックで「凡例の書式設定」を選択します。
WS000074k.jpg

右側に「凡例の書式設定」が表示され、「下」にチェックが付いています。
WS000075k.jpg

ここで、「右」を選択します。
WS000076k.jpg

凡例が右に移動しました。
WS000084.jpg

2.次に、棒グラフの項目順が逆さまになっているので、これを直していきます。
上図のグラフの凡例を見ると、順番が逆なのです。

資本
固定負債
流動負債
固定資産
流動資産

元の表の項目順はこうなっています。
WS000050.jpgのサムネイル画像

そこで、この棒グラフの順番を入れかえていきます。
すると凡例の順番も一緒に変わってくれるんです。
グラフの上で右クリック-「データの選択」を押します。
WS000078k.jpg

次のような「データソースの選択」が表示されます。
WS000068k.jpg

順番を入れ替えます。右上の「↓」「↑」を使って、次の順番に入れ替えます。

1.資本
2.固定負債
3.流動負債
4.固定資産
5.流動資産

WS000081k.jpg

これで棒グラフも凡例も、表と同じ順番に並びました。
WS000080.jpg


3.次に、縦棒の幅を隙間の無い状態にまで太くしていきます。
縦棒の上で、右クリック-「データ系列の書式設定」を選択すると、
右側に「設定項目」が表示されます。
WS000082k.jpg

設定項目の「要素の間隔」「150%」から「0%」に設定します。
すると、棒グラフの隙間が無くなります。
WS000083k.jpg

これで、よく見る貸借対照表らしくなってきました。
WS000085.jpg

いかがでしたか。

あとは、もう少し見やすい色に変更したり、タイトルを変更すると完成です。
また、このグラフを作ると、通常は「2015年」の位置が下図にように右寄りになっています。
これを完成図のようにセンターに配置する とっておきの方法も合わせて、次回ご紹介しますね。

WS000086k.jpg

お楽しみに。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

newcom_cafecs4.jpgみなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

こちら埼玉は、桜もだいぶ散ってしまってます。
川にたくさんの花びらが浮いているのがとっても風情があって綺麗♪

私の田舎の長野は、そろそろ見ごろ!とのことです。IMG_5801.jpg
見に行きたいなぁ~^^

今年はお花見がばっちり出来たので満足♪
近所に桜の名所があったことにやっと気がついて^^;
先日行って来ました♪

みなさんはお花見できましたか?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

貸借対照表のグラフを見やすく作る方法

会社では「貸借対照表」をよく扱います。
前年との比較をしたい場合は、グラフを使うのが分かりやすくて便利です。

でも、意外とこの比較グラフ、うまく分かりやすく作るのが大変なんです!
そこで、会社の経理の方が作ったグラフがとても分かりやすく、よく出来ていたので、
それを教えてもらいました。その作り方を今回はご紹介します。

出来上がりは、こんなかんじです。
WS000051.jpg

1.まず2年間の比較の表は、普通はこのように作るのですが・・・
WS000049.jpg





今回は、貸借対照表の比較グラフを作るので、次のように年度ごとの表に作り直します。
WS000050.jpg

2.データを選択して「挿入」-「縦棒グラフ」-「その他の縦棒グラフ」を押します。
WS000053.jpg

3.左から2番目の「積み上げ縦棒」を選び、表示された中から右側のグラフを選び「OK」を押します。
taishaku2.jpg

4.グラフができました。でも、よく見る貸借対照表のグラフとは違いますので、手を加えていきます。
WS000054.jpg

5.まず、データラベル(数値)を表示させます。
グラフの横に表示される「+」を押して、「データラベル」にチェックを入れます。
WS000055.jpg

6.次に、グラフの一番上のデータは「合計」なので非表示にします。※データラベルだけ表示するようにしていきます。
まず、ラベルを下に寄せます。
オレンジの縦棒グラフ内のラベルを選択し、右クリックで「データラベルの書式設定」を選択し、「ラベルの位置」で、「内側軸寄り」にチェックを入れます。
WS000056.jpg

↓ 一番上(オレンジ色の棒グラフ)のデータラベルが下に下がりました。
WS000057.jpg

7.次に一番上(オレンジ色)の縦棒グラフを選び、塗りつぶしを無し(透明)にします。
WS000060.jpg

合計の値(データラベル)だけが表示されるようになりました。
WS000059.jpg

8.次は目盛の値を「1600」から「800」に変更して、整えます。
左の縦軸を選択し、右クリックで「軸の書式設定」を選択します。
そして表示された「軸のオプション」から最大値を変更します。
WS000061.jpg

↓ 目盛りが「800」になって、グラフが見やすくなりました。
WS000062.jpg

でも、まだ、これでは見慣れたグラフには程遠い^^;ので、さらにひと工夫していきたいと思いますが、
それは次回ご紹介します。
今回ご紹介した方法は、他の場面でも色々使えそうなので、ぜひご活用ください。

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆
  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。