(311)年代別の人数を求める方法♪

| コメント(0) | トラックバック(0)


newcom_cafecs4.jpg
みなさま、こんにちは♪
お元気ですか?
モカです。

2016年も残りわずか・・・
やり残すことがないように、早め早めにしておきたいものです。
12月はあっというまに走り去ってしまいそうです^^;

健康で元気に過ごせることが何と言っても一番ですよね^^

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

年代別の人数を求める方法

Excelで作った表で、年齢が含まれるデータの場合、年代別に何人いるか知りたい、という場合がありますよね。

そこで今回は、関数を使って簡単に、年代別の数を求める方法をご紹介します。

1.年代別に集計できる表を表の外(下図では、表の下)に作ります。
countnendai1.jpg

2.下に作成した年代別の集計表(一番上のセル)に関数式を次のように入力します。
「 =COUNTIF($C$3:$C$14,"<20") 」 ←20歳未満を求める式です。
※C3:C14 は、上の表の年齢の列 です。ここではF4を押して絶対参照にしています。
countnendai4.jpg

3.下のセルにも次のように、関数式を入力します。
「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=20")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=30") 
↑20歳以上30歳未満を求める式です。 下のセルにもコピーします。
countnendai2.jpg

4.下のセルにコピーした関数式の年代の部分だけ書き換えます。
30代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=30")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=40") 」←30歳以上40歳未満
40代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=40")-COUNTIF($C$3:$C$14,">=50") 」←40歳以上50歳未満
50代「 =COUNTIF($C$3:$C$14,">=50") 」←50歳以上

5.年代別の人数が集計できました。
countnendai3.jpg

いかがでしたか?
よく使うシーンがありそうですよね^^

ぜひ、ご活用ください♪

☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆ 前の記事 ☆☆

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします。 
                   
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

にほんブログ村

☆おすすめ情報☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

 企業様で、ExcelやAccessのシステム化を考えておられましたら、既存のExcel、Accessをそのまま使えて、大事なデータはすべてDB保存するdbSheetClient(ディービーシート・クライアント)をおすすめいたします。

Excel_blog_dbsc_500.png
☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆・・・☆☆☆

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/805

コメントする

  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2016年12月19日 09:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(310)横のセルと同じ値をすばやく入力する方法♪」です。

次の記事は「(312)一番最初のセルにもどる方法♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。