2011年9月アーカイブ

newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像
こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

食べ物が豊富にある飽食の時代。
一方では、飢餓でたくさんの方が亡くなっている現実もあります。

食べ物を頂くことへの感謝を忘れずにいたいし、
必要以上に食べ過ぎることも、控えなくてはと思います。

昔から「腹八分目に医者いらず」と言われます。
適量が体にとって一番良いのですね。

適度な運動、適量の食事、
心がけたいな、と思うこの頃です。


◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

一列おきに色を付けたり、市松模様を付ける方法②♪

一行おきに色をつける方法を以前ご紹介しました。
前回、①一おきに色をつける をご紹介しましたよね。

今回は、交互に色をつけて市松模様にする方法をご紹介します。


②市松模様に色を付ける

一抹模様に色をつける部分(見出し以外)を、範囲選択します。
itiretu1.JPG

「書式」 - 「条件付き書式」 を選択します。
color2.JPG

条件付き書式の設定画面が、開きます。

数式を設定します。「数式が」を選び、
   つぎの数式を入力します。    ※一つ目を入力したら「追加」を押して2つ目を入力します。
=AND(MOD(ROW(),2)=0,MOD(COLUMN(),2)=1
=AND(MOD(ROW(),2)=1,MOD(COLUMN(),2)=0
itiretu6.JPG

それぞれ、「書式」ボタン-「パターン」タブで色を同じ色を指定します。
itiretu3.JPGのサムネール画像

市松模様をがつきました。
itiretu7.JPG

資料の用途、形態に応じて、より見やすく、規則的に色がつくと便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                        前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村
newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

最近、お料理熱が復活♪
美味しくできると本当に嬉しいものです。

とくに美味しかったのは、「サバの味噌煮」
↓こちらのレシピでつくりました。
       NHKきょうの料理
テレビで見てすごく美味しそうだったのです^^

料理番組は、録画してよく見るんです。
とてもわかりやすくて、美味しくなるコツが随所にあって、オススメです♪

料理本を見てるだけだと、出来上がりや手順をイメージしずらくて、
途中で適当になって、  ???な味になってしまう・・・(わたしだけ?)

でも、番組を見ると、映像で頭に入ってくるし、
アシスタントのタレントさんが作りたてを味見して絶賛してるのも、ポイント高い♪
けっこうテンション上がるんですよね~^^ 食べてみたい~~~!って。

美味しいもの食べて笑顔になってる姿っていいなぁ、と思います。
やっぱり、お料理は、食べる人が喜ぶ笑顔を見たい、が原点ですよね。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

一列おきに色を付けたり、市松模様を付ける方法①♪

一行おきに色をつける方法を以前ご紹介しました

今度は、列!一列おきに色をつける方法、それから、
交互に色をつけて市松模様にする方法をご紹介します。


①1列おきに色を付ける

1列おきに色をつける部分(見出し以外)を、範囲選択します。
itiretu1.JPG

「書式」 - 「条件付き書式」 を選択します。
color2.JPG

条件付き書式の設定画面が、開きます。

数式を設定します。「数式が」を選び、
   つぎの数式を入力します。    
=MOD(COLUMN(),2)=0
この数式は、偶数列に色が付きます。   最後を=1にすると奇数列に色が付きます。
itiretu2.JPG

上の画面で 「書式」 を押して、パターンから色を選び、「OK」を押します。
itiretu3.JPG

設定した色がプレビューされます(矢印)。「OK」を押します。
itiretu4.JPG

一列おきに 色がつきました。
itiretu5.JPG

いかがですか?1列おきに色がつくと見やすい場合がありますよね。
ぜひ、ご活用ください。

次回は、
②市松模様に色をつける  です♪
おたのしみに☆彡


◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                      前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村
こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

電車に乗ると、画面をなぞっている方スマートフォンの方が、
多いですね!

わたしはまだスマホデビューしていないせいか、
不思議な光景・・・と見つめてしまいます^^;&気になります^^

スマートフォン業界、
まだまだ進化していきそうなので、目が離せません^^

頭で描いたとおりに表示されると、
どんどんイメージを具体化できて、世界が広がっていきそう・・・

良いイメージをもっともっと描いておかなくては!
と、そろそろスマートフォンユーザーになろうと考えているモカなのでした^^

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

参照の意味とうまく活用する方法(両替表の作成)♪

エクセルでは、数式をコピーすると、
参照先が自動的に調整されるようになっています(相対参照)

数式を下のセルにコピーすると、自動的に =D2*D13  =D3*D14 となります。
ryougae2.JPG

そこで、このセル参照の方式をうまく使って、
さらにあらゆる場面に対応することができる方法をご紹介します。

◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..
その前に、参照の方式について、おさらい♪ 3つあります。

1.参照先セル(A1)の行だけは固定したい場合    A1(混合参照<>)
        だけは固定したい場合  $A1  (混合参照<列>)
.         行列共に固定したい場合 $A$1  (絶対参照)

ちなみに、設定は簡単♪ セルにカーソルを置いて、
 絶対参照は、     F41回押します。
 混合参照<行>は、F42回押します。
 混合参照<列>は、F43回押します。
◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..◇...☆...◇..

では、参照の仕方を組み合わせて、「両替表」を作成する例で、ご紹介します。

行を固定したい場合と列を固定したい場合、ちょうど両方が必要な表です。


最初のセルに  =$B3/C$2 と入力します。 B列を固定し、2を固定してます。
kawase1.JPG

下の行に数式コピーをします。
一つ下のセルC4は、 =$B4/C$2 となっています。
列は固定・B列、行も固定・2行目を参照しています。
kawase2.JPG

セルC7も見てみると、B列は固定で同じ7行目を参照してます(B7)、
2行目は固定で同じC列を参照しています(C2)。
kawase3.JPG


ほかの列にも数式コピーします。レート60を全部選択して横にドラッグします。
kawase4.JPG

セルD3を見てみると、数式は、 =$B3/D$2
B列は固定で同じ3行目を参照してます(D3)、2行目は固定で同じD列を参照しています(D2)。
kawase5.JPG

sルF12を見てみると、
B列は固定で同じ12行目を参照してます(B12)、2行目は固定で同じF列を参照しています(F2)。
kawase6.JPG

このように、列の固定と行の固定を使い分けて^^
数式をコピーすると、一瞬で表が出来上がり♪

絶対参照や混合参照もうまく活用すると、とても便利です。

ぜひ、ご活用ください。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

ご覧いただきありがとうございます。                        前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村





こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

台風が過ぎていきました。
みなさんのところは大丈夫でしたか?

こちら埼玉も雨、風が激しかったです。
aozora.JPG
電車もとまり・・・

今日は、写真のようなかんじ^^
青空が広がっています♪

道端のコスモスが、みんな斜めに倒れかかっていて、
ちょっとかわいそう・・・でもたくましいですね~。

今年は例年と少し違った台風がきますよね。
ゆっくり進んだり、
その進路にとまどいます。

日頃から備えはしていても、しすぎることはないですよね。
自然の力の大きさを改めて感じます。

災害の起こる心配のある場所などの整備が
早くされると良いですね。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
500円単位で入力する設定
         ~入力規則とMOD関数~


決まった単位での入力しか出来ないように設定することができます。
入力規則を設定しておけば、間違って違う単位で入力する心配がなくて便利です。



設定するデータ範囲を選択してから、「データ」「入力規則」を押します。
500tani1.JPG

入力値の種類を「ユーザ設定」
数式を「 =MOD(E3,500)=0 」と入力して、「OK」を押します。
            ※セルE3 は、範囲選択した一番上のセルです。
500tani2.JPG

MOD関数は「割った余り」を求める関数なので、
500で割って、きりがよければ余りが「0」になるはず。ということで、この数式になります。


「100」と入力してみると、エラーになります。「キャンセル」を押して、入力し直します。
500tani3.JPG

「1500」と入力すると、入力が出来ました。
500tani4.JPG


決まった単位で入力する場合には、入力規則とMOD関数の組み合わせ、
ぜひ、ご活用ください。
◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

ご覧いただきありがとうございます。                       前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村





newcom_cafecs3.jpgのサムネール画像人の一生って、「ゴム紐と同じだ」と、言っていた方がいました。

その言葉にとても納得してしまいました。
誰にも同じく与えられた時間があって、

もしぼーっとしてたら、中身や質のあった日は、1年間のうち1日かも^^;
でも、ある人にとっては、同じ1年間が10年分もの価値を持つ、濃い日々になったり・・・

食べて、寝て・・・というだけに、時間を浪費しておわらず、
真っ白な今からの自由な私の時間を、自分で色を付けていける♪って、

考えてみれば、とてもワクワクすることですよね。

目の前のことだけにとらわれずに、
もう少し、視野を広げて、ビジョンを持って(描いて)、
有意義な毎日を過ごしていきたいな、と思いました。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

登録者(リスト)以外を入力するとエラーになる設定
                   ~COUNTIF関数~

登録者(リスト)以外を入力しようとすると、
「登録なし」とか「会員登録が必要」などのエラーメッセージを出して、
知らせてくれるような機能があります。

入力規則COUNTIF関数を使います。最初に設定しておくと重宝します。


まず、設定したい範囲を選択して、「データ」ー「入力規則」を開きます。
countif7.JPG

入力値の種類を「ユーザー設定」にします。
数式は、 =COUNTIF(I2:I11,B2)>0 入力します。
I2:I11は、会員リストの名前の範囲。
countif8.JPG

次に、タブ「エラーメッセージ」を開きます。
スタイルは「情報」、タイトルは「登録なし」、エラーメッセージは「会員登録が必要です」と入力し、「OK」を押します。
countif9.JPG

リストにない人(田中 薫さん)を入力すると、
図のように、エラーメッセージが表示されます。「キャンセル」を押して入力し直します。
countif11.JPG

リスト(登録者数)が大量の場合、いちいちチェックするのは大変。
でも、この方法なら、簡単、便利ですよね♪

ぜひ、ご活用ください。
◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                        前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村


newcom_cafecs3.jpgのサムネール画像こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

朝、モーツァルトの曲に癒されながら、
ゆったりした気持ちで家を出発しました。

忙しさに追われると、
自分でコントロールするはずの時間やモノに振り回されていること、
あるなぁ、と思いました。

ちょっと早起きして、
朝、ゆったりした時間を持ったり、
読書をしたり、趣味をしたり、、、

新鮮な朝にしか味わえない、心地よさがありますよね♫
朝活、みなさんはなにかやってますか?

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

紙幣の枚数を割り出す関数~QUOTIENT関数~

金種表と呼びますが、紙幣、硬貨の必要枚数を把握できる表を
エクセルで作ることができます。

一度、雛型を作成しておけば、毎月の作業が効率UP!
家計簿や給与、支払など、いろんな用途で活躍してくれます。


氏名、給与、紙幣・硬貨の種類が書かれた表を作ります。
下2行に合計もでるようにしています。
枚数(SUM関数)、金額(枚数×紙幣か硬化の数値)
                        ※図をクリックすると拡大します。
kinshu2.JPG

関数式を入力します。まず、一番目の社員の¥10,000の枚数を求めます。
=QUOTIENT(C3,$D$2)
kinshu1.JPG
町田真子さんの給与には、1万円札30枚必要とわかりました。
下の行にも関数式をコピーします。

つぎに、¥5000です。青く囲んだ部分です。
=QUOTIENT(MOD($C3,10000),5000)
kinshu3.JPG
¥5000の列も下行にコピーします(赤矢印)。

つぎに、赤枠のセルを隣の青枠にコピーします。
コピーした関数式を修正します。10000→5000、5000→1000にします。

=QUOTIENT(MOD($C3,5000),1000)
kinshu4.JPG

全種類の紙幣、硬化の枚数が表示できました。
kinshu5.JPG

【 One Point ♪ 

上図の青枠の合計枚数に、"枚"という文字を付ける方法は、、、
青枠部分を範囲選択して、「書式」ー「セル」ー「表示形式」タブの「ユーザー定義」で以下のように設定します。  #,### "枚"
kinshu6.JPG

経理の給与支給のときや家計簿で付き始めに袋分けしたり、
金種表があると便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。 
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村
newcom_cafecs3.jpg
みなさま、こんにちは!
モカです。お元気ですか?

残暑がきびしいですね。夏の疲れも出始めるころ・・・
お体に気を付けてお過ごしくださいね。

水分と睡眠をしっかりとって^^
それから、つぼ押し もおすすめ!

血流、気の流れをスムーズにすることが大切。

適度な運動は一番良いですが、
つぼの集中している足裏をマッサージすると、全身がぽかぽかしてきて、
いいかんじです。

同じ姿勢でいることが多いお仕事中って、
体には意外と負担なんですよね。

ちょっと伸びをしてみたり、深呼吸してみたり、
足裏マッサージしてみたり^^

元気に、残暑を乗り切りたいですね!

♪おすすめのつぼ♪
 女性の健康維持にかかせないつぼ「三陰交」♪ マクロビパパの奮闘記より

【探し方】
  内くるぶしの頂点から指幅4本分上がったところで、骨と筋肉の境目
【ポイント】
  ゆっくり息を吐きながら静かに押して、息を吸いながら離します。
  目安としては、一度に続けて3回程度押すと良いでしょう。
  押す力は控えめに。温灸も効果的です。


◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆


スケジュール表の今日の日付の行に色をつける
         ~条件付き書式&TODAY関数~


エクセルでつくったスケジュール表の、当日の行が付いたら、
他の日の予定と見間違えることがなくて、便利ですよね♪

条件付き書式TODAY関数で簡単に設定できます。


設定したい範囲を選択して、「書式」「条件付き書式」を開きます。
joukenhiduke1.JPG

「数式が」と設定して、数式を「=$A2=TODAY()」と入力します。次に「書式」を押します。
                  ※この数式は、A列絶対参照にしています。
joukenhiduke2.JPG

タブ「パターン」を開き、任意の色を選び、「OK」を押します。
joukenhiduke3.JPG

設定した色がプレビューとして表示されました。「OK」を押します。
joukenhiduke4.JPG

当日の日付(9/12)に色が付きました。
joukenhiduke5.JPG

簡単な設定で、毎日、ちゃんと色がついてくれますので、便利ですよね。
ぜひ、ご活用ください。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                       前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村
newcom_cafecs4.jpg
みなさま、こんにちは!
モカです。お元気ですか?

朝外にでると、めっきり秋らしくなって、涼しい♪
空は、きれいな水色!透き通るよう・・・秋空です^^

休日、お友達とランチしました♪
女子の会話は、話しがあちこち飛びます^^;

でも、それが、また楽しいのです♪♪♪

とりとめのない会話をしながら、お互いの気持ちを受け止めて、
110814_133519.jpg
共感して、信頼を深められて・・・

男性は、「共感」ではなくて、
「意見」や「アドバイス」をしようとすることが多いそうですね。

前置きがない、思いつくままの会話って、
理解が難しいみたい^^;

でも、今一緒にランチが出来て嬉しい!というその時の気持ちの交わしあい、という感じなのです♪

もっとお話していたかったのですが、
次回のお楽しみにして切り上げて、
帰ってきたのでした^^

楽しかった~。お友達とのゆっくり過ごすひととき、大切にしたいです。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆

一行おきのデータを合計する~SUMIF関数~

一行おきに小計している表で、合計を求めたい、という場合がありますよね。
この場合は、SUMIF関数を使いましょう!

以前、指定した項目だけを合計する の記事でご紹介した、この関数。
便利なので、いろんな場面で使えますよ。


図のように商品ごとに小計した「売上表」があります。
一行おきにある「金額」だけ又は「数量」だけを(一行おきに)合計したい、と思います。
sumif23.JPG

まず、7月の数量を合計するセルを選択して、関数式を入力します。
         ※後で他のセルにコピーしやすいように、範囲は絶対参照にします。
=SUMIF($C$3:$C$14,C15,$D$3:$D$14)                  
=SUMIF(項目名の範囲、条件値、合計金額の範囲)
sumif22.JPG

【関数で指定している範囲】
sumif25.JPG

数量の合計が求められました。下のセルにもコピーします。金額の合計も表示されました。
sumif26.JPG
「数量」「金額」の合計(関数式)を、横のセル(8月、9月の合計セル)にコピーします。
※コピーする前に、「検索値」を絶対参照にします。また、
 合計金額の範囲が変わりますので、CからE,Fにそれぞれ変えます。
sumif27.JPG

合計がすべて求められました。
sumif28.JPG

いかがですか?
データが大量の場合、複雑な表(一行おきに合計)には、とても便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                         前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。
newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像みなさま、こんにちは!
モカです。お元気ですか?

最近、旅行はされてますか?
わたしは、ここ1年くらいは、田舎に行くくらいです。
帰省でも旅行気分いっぱいですけど^^

東北へもそのうち訪れてみたいし、
韓国と中国にも行きたいなぁ、と思っています。

いろんな所に出かけ、実際に感じたものって、
貴重ですよね。百聞は一見にしかず♪と言いますよね。


旅行といえば、食べ物!
以前、韓国に旅行に行ったとき、
仁川空港の地下のレストランで食べた冷麺が絶品で忘れられません^^

飛行機の時間がせまり、食べきれなかったのが心残りです^^;

程よい酸味がさわやかで、もう一度あの感動を・・・を期待しながら、
近所のスーパーで冷麺を買ったりしてます。
でも、本場の味にはなかなか、かないません。

旅をすると、その土地、その土地の名産品があり、
楽しみの一つですよね♪

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆


抽出または指定したものだけで平均する~AVERAGEIF関数
                      ~おまけAVERAGEIFS関数

データの中から、たとえば「男性」の方だけの購入額の平均が知りたい、と
いう場合がありますよね。

Excel2007以降しか使えませんが、AVERAGEIF関数を使うと、とても簡単です。


男性だけの購入平均額を表示するセル(D1)を選択して、「関数の挿入ボタン」を押します。
averageif1-thumb-300x318-3504.jpg

「統計」の中から、「AVERAGEIF」を選択して、「OK」を押します。
averageif2-thumb-300x241-3506.jpg

それぞれの項目を入力して、「OK」を押します。
 範囲・・・性別データの範囲                  (B3:B17)
 条件・・・文字を" "(ダブルクォーテーション)で囲みます。"男"
 平均対象範囲・・・購入金額のデータ範囲         (D3:D17)
averageif3-thumb-400x184-3508.jpg
関数式はこうなります。

=AVERAGEIF(B3:B17、"男"、D3:D17)

男性の方だけの平均購入額が表示されました。
averageif4-thumb-400x155-3511.jpg

他にも、いろんな条件(性別だけじゃなくて)で、
平均を求めることができますので、便利ですよね。商品名、都道府県など・・・。


さらに、複数の検索条件を指定することができる、AVERAGEIFS関数もあります。
東京都男性の方の購入平均額を一度に求められます。

=AVERAGEIFS(E3:E17、D3:D17、"東京都"、B3:B17、"男")
averageif5-thumb-400x258-3516.jpg
詳しく見てみると、
 平均対象範囲 購入金額のデータの範囲      (E3:E17)
 条件範囲1   都道府県のデータの範囲      (D3:D17)
 条件1      検索する都道府県名を" "で囲む  "東京都"
 条件範囲2   性別のデータの範囲         (B3:B17)
 条件2      検索する性別を" "で囲む       "男"
averageif6-thumb-400x213-3513.jpg
一度に知りたい数値が把握できて、便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。
◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                        前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。

newcom_cafecs4.jpgのサムネール画像
こんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

残暑が厳しいですね。
埼玉は、と~っても蒸し暑いです^^;

目的や目標ってお持ちですか?
いきなりですが^^;

最近思います。
自分の目指すもの、姿への思いが強い分、
多少大変でも、これも肥やしになっているという感じで、
前向きにとらえられるんです♪


先日、少し遠いところへ行く用事が何回かあったのですが、
良い運動になる、健康のために良い♪

だから、毎日、いろんなことに取り組むとき、
動機付けをしっかりしたいな、と心がけています。

料理をするときには、美味しくな~れ!と思いながら^^
じゃがいもの皮をむいたり、味付けしたり、美味しいお料理をイメージしています。

◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...

チェックボックスを作って、チェックしたものだけ集計する


チェックボックスにチェックをいれたものだけが集計されると、
便利ですよね。

エクセルでは、結構かんたんに出来るんですよ。


売上一覧表に、「選択列」を作成します。

「ツール」-「フォーム」を押すと、フォームツールバーが表示されます。
「チェックボックス」をクリックしてから、配置するセルをクリックします。
              (2007以降は、「開発」-「挿入」-「チェックボックス」をクリック)
check3-thumb-100x199-3481.jpg

※フォームがツールバーにない場合:
「ツール」-「ユーザ設定」-フォームにチェック-「閉じる」を押します。
check1-thumb-200x180-3476.jpg
check2-thumb-300x265-3478.jpg

配置されたチェックボックス上で右クリックし、「テキストの編集」を押します。
check7-thumb-200x181-3490.jpg

「チェックボックス1」という文字を消します。
check4-thumb-300x150-3486.jpg

チェックボックスの位置、サイズを調整し、
チェックボックス上で右クリックし、「コントロールの書式設定」を押します。
check8-thumb-200x223-3492.jpg

「リンクするセル」ボックスにカーソルを置いてから、リンクするセル(G4)クリック、「OK」を押します。
check9-thumb-300x287-3494.jpg

合計金額を表示するセルに数式を入力します。
=SUMIF(G4:G53、TRUE、F4:F53)
=SUMIF(リンクさせたセルの範囲、TRUE、金額のセルの範囲)
check10-thumb-400x98-3496.jpg

チェックボックスにチェックを入れてみます。
チェックが入ったものだけが集計されました。
check11-thumb-500x95-3500.jpg

数式も複雑ではないので、決まった種類の製品などがある場合は、
チェックをいれるだけで集計されので、便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。
◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                         前の記事
応援クリックよろしくおねがいします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ にほんブログ村
moca.jpgこんにちは!モカです。
みなさま、お元気ですか?

思い入れのある「物」を大切に大切にする方がいます。
奮発して、質の良いものを購入して・・・・

その方は、万年筆 をなんと、紐をつけて首から下げているのです。

その万年筆を眺めているだけで、
夢見心地^^なんだそうですよ♪

そんな瞬間が大切なんだ・・・としみじみ、おっしゃってました。
わたしは、ずっと愛用しているカバンがあります。使いやすくて好きなんです。

物を大切にすると、人間関係もスムーズにいく、と聞いたこともあります。

物には、気持ちがこもるし、
生き物でなくても、何か、良い波動?のようなものを発しているような気がします。

代表的なものが、「お金」ですよね^^
umi.jpg大切にしてくれる人のところに寄ってくるような気がします。


身の回りで、わたしの役にたってくれている物に、
もっともっと感謝して、大切に扱っていきたいな、と思わされまし
た。

残暑きびしい時ですが、
お体に気を付けてお過ごしくださいね。
◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...

エラーの種類を整理して即対処!


作成中の表や、他の人が作ったシートでエラーが出ると、
ちょっと困りますよね。

エクセルを使っていて、エラーになると、表示されるものが何種類かあります。

エラーの意味が分かると、すぐに対処できます。
そこで、それぞれのエラーにどんな意味があるのか、整理してみたいと思います。



①#DIV/0!
【原因】 0で割り算した為
      参照先が未入力の為

【対処】 0以外の数値で割る。
      参照先を変更する。


②#N/A
【原因】 関数や数式に使用できる値がない場合
     例:HLOOKUP、LOOKUP、MATCH、VLOOKUP関数の「検索値」が
       不適切な値の時や、参照する表が並べ替えされていない時。

【対処】 使用できる値にする。
      元表を数値で並べ替える。


③#NULL
【原因】 セル範囲(例、A3:D7)の「:」コロン や 「,」カンマ が抜けてる場合。

【対処】 正しく入力する。

④#NUM!
【原因】 数式、関数に使用する数値に不適切なものが使用されている場合。

【対処】 数値が大きすぎたり、小さすぎたり、数値でないものを正しく入力し直す。


⑤#REF!
【原因】 数式で参照先のセルが削除された場合。

【対処】 削除したセルを元に戻す か 数式を変更する。

⑥#VALUE!
【原因】 数式で参照するセルに「文字」が入力されている場合。

【対処】 関数で、セルを参照するときに「範囲」を参照してしまった場合。


⑦#NAME?
【原因】 関数名や定義した名前が、正しくない、存在しない場合。
      数式内の文字列に付ける「" "」(ダブルクォーテーション)が抜けてる場合。
      参照するセル範囲の「:」(コロン)が抜けてる場合。

【対処】 抜けてる演算子を入力する。


いかがですか?
よく見るエラー、ありましたか?

エラーが日本語だったら・・・なんて、ちょっと思う時がありますが^^;
意味が分かってしまうと、あわてなくて良いですよね♪


◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆...◇...☆..◇...☆
ご覧いただきありがとうございます。                         
応援クリックよろしくおねがいします。
  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。