(147)データ分析のコツ3♪字体をそろえる♪

| コメント(2) | トラックバック(0)
newcom_cafecs3.jpgのサムネール画像
みなさま、こんにちは!
モカです。

大きな台風がすごいコースで日本に接近して来ましたね!?
みなさまのところは、大丈夫ですか?

早く過ぎ去ってほしいですね。

毎朝、通勤で通る道端に、いろんな野菜の苗が植えられています。
近所の方が植えたみたいです^^

たくさん陽をあびて、すくすくと育っていく様子を見ると自然と笑顔に
なって、元気をもらっています。

今朝は、トマトの実が5、6個、もうすぐ"食べごろ!"という感じで、
たわわに実っていました^^
IMGP3542.JPG

美味しいだろうな~♪
わたしもまた、家庭菜園 ベランダ版! 
始めようかな~

みなさんは、なにか作っていますか?
   →最近のお気に入りの写真^^ ふたたび登場~♪
◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★
データ分析のコツ3
        ~字体をそろえる~

エクセルでデータ分析するためには、
まずデータを整えることが大切です。

今回は、全角(または半角)に文字を統一する方法をご紹介します。

統一しておかないと、全角と半角の文字は、別々のものとして集計されてしまいます。
※アルファベットは、同一のものとして認識されます。ここでは見栄えよくするためにご紹介します。


1.「JIS関数 or ASC関数」
2.「UPPER関数」※アルファベットの大文字小文字を統一する場合


1.「JIS関数」
JIS関数は、半角文字全角文字に変換します。
(ASC関数は逆。全角→半角にします)

図のように、番地が全角、半角と混ざっている場合、
どちらかに統一するときにも使います。
zenkaku11.JPG

表の横の列に関数式を入力します。「 =JIS(E2)」。関数式を下の行にもコピーします。
zenkaku12.JPG

文字が全角になりました。このデータを「コピー&値の貼りつけ」をします。
zenkaku13.JPG



2.「UPPER関数」
アルファベットの大文字、小文字を統一する関数です。

UPPER関数は、大文字に変換して、統一します。C列を大文字に統一します。
=UPPER(C4) と表の横の列に入力して、下行にもコピーします。
upper2.JPG

小文字の「a」を含む製品番号3ヶが大文字になりました。
関数式で求めた値をC列にコピーします。貼付け方法を必ず「値貼り付け」にします。
upper1.JPG

LOWER関数は、小文字に変換して、統一します。
upper3.JPG

PROPER関数は、単語の先頭文字だけ大文字に変換します。
upper4.JPG

関数をつかって、さくっと一気に整えることができるのでおすすめです。
ぜひ、ご活用ください。
◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★◆★
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ      
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
                           にほんブログ村


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/402

コメント(2)

今年は、緑のカーテンとしてゴーヤーを植えました。
ベランダ菜園です。

1つ目の収穫を行ったのですが、巨大なピーマンのような形でした。
さっそく、かきあげにして食べましたよ。

そっとみさん、コメントありがとうございます♪
緑のカーテン、作られたんですね!?すごい!
ゴーヤーは栄養価高いし、いいですね!わたしも今週末こそ、と毎週過ぎていきますが、
ゴーヤー植えてみようかと思います。かきあげ大好きなので^^

コメントする

  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2011年7月20日 15:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(146)データ分析のコツ2♪空白の削除♪」です。

次の記事は「(148)期間内の件数を求める~SUMPRODUCT関数&COUNTIFS関数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。