(108)一目で時間帯(勤務時間)が分かる~フローティング横棒グラフ~

| コメント(2) | トラックバック(0)
こんにちは!モカです。
sak0068-013.JPG

出来事が起こったとき、
そこから、いろんな教訓を得ること、無駄にしないこと、大切だと思います。

本当に悲しい、苦しい出来事を前にしても・・・
乗り越えて、バネにして、前を向いていくしかない。

わたしも毎日無事に生活させていただけてる中で、
つい、逃げるくせがついていたな、と思いました。

大きく成功した方たちをみると、大きな逆境を見事に乗り越えた方が多いですよね。

あきらめず、投げ出さず・・・
希望を捨てないで、命があれば、可能性は無限!

それは、自分にも当てはまるんだと気づかされました。

◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★

一目で時間帯(勤務時間)が分かる
            ~フローティング横棒グラフ~

開始時間と実働時間を範囲選択して、「グラフウィザード」ボタンを押します。
kintaikanri1.JPG

タブ「ユーザ設定」を開いて、「フローティング横棒」を選択して、
「完了」を押します。
kintaikanri2.JPG

作成したグラフの数値軸の上で右クリックします。
「軸の書式設定」をクリックして開きます。
kin3.JPG
タブ「目盛」を開きます。
最小値に「6:00」、目盛間隔に「1:00」と入力して、「OK」を押します。
kin4.JPG

グラフの上を右クリックして、「データ系列の書式設定」を押します。
kintaikanri3.JPG

グラフ上で右クリック-「データ系列の書式設定」をひらきます 。
kintaikanri5.JPG

「データラベル」タブを開きます。「値」にチェックをいれ「OK」を押します。
kin7.JPG

勤務時間が一目で把握できるグラフができました。
kintaikanri6.JPG

ぜひ、ご活用ください。

=================================
※参考までに
私の働いている会社(株式会社ニューコム)では、
 「就業管理と残業管理をEXCELでWeb化するシステム」を提供しています。

エクセルを使った勤怠管理のための良いシステムをお探しの方はぜひご覧ください。
おすすめです。

Excel勤怠管理をWebシステムにレベルアップした「勤怠管理システム」
=================================


◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★◆◆◆★
ご覧いただきありがとうございます。
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ      
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
 
                           にほんブログ村






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.newcom07.jp/mt6/mt-tb.cgi/363

コメント(2)

大変参考になりました。
このグラフはどうやら2003でないと無理の様ですね。
2011で作成しようとしましたが、最近のグラフはカスタマイズも以前のようにできないばかりか、型通りのものしか作れないようになっているようです。
もし、2011でも可能であれば、ご教授ください。
宜しくお願い致します。

コメント、ありがとうございます♪ 嬉しいです^^
温かいコメント、とっても励みになります!
これからも参考になる記事をどしどしアップしていきたいと思いますので、
ぜひ、またお越しください。

さてグラフのご質問ですが、2007以降、フローティング横棒グラフは無くなってしまいました。
とても残念です。2007以降はデザイン性はとてもアップしたのですが・・・。。。。
方法としては、折れ線グラフで表す方法があります。
ちょっと一手間必要なのですが。
後日、記事でアップしてご紹介しますので、少々お待ちください^^

コメントする

  • ディービーシート・クライアントの紹介
  • ディービーシート・クライアントでいこう
モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

この記事について

このページは、Mochaが2011年3月30日 10:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「(107)グラフの効果をアップする方法♪柄や画像を設定してみよう♪」です。

次の記事は「(109)折れ線グラフをイラストで描く方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。