2010年8月アーカイブ

こんにちは!
hnb0027-033.JPG
お元気ですか?

クーラーの聞いた会社の中にいると、外の暑さを忘れてしまいそうです。
みなさんはいかがですか?

クーラーの効き過ぎで体調を崩さない様に
気を付けてくださいね。
特に女性の方は冷やさない様に
厚着するのをおすすめします^^
(私は只今レッグウォーマー愛用中です♪)

体調管理もなかなか難しい陽気ですが、
(9月、10月も例年よりは暑いそうです^^;)

無理をしないように、体の声を聞きながら、
旬の食材を頂きながら^^、季節の移り変わりに順応していきたいものですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日頃、みなさま、EXCELの魅力 それぞれ感じておられることと思います。
わたしのお勤めしている会社内でも、EXCELをよ~く利用している方々がいます♪

その方々にインタビューしていきながら、EXCELの魅力を探ってしまおう!というこの企画。

今回は、第2弾!

開発チームのお父さん的存在。
いつも穏やかな文学者的な雰囲気ながら、とても複雑なプログラムを組んでおられて、
文系なの?理系なの?と一度お聞きしてみたい^^Mさんへのインタビューです♪

=====================================
Q1、エクセルが便利だと思うところを教えてください。

A1、・住所録など比較的件数の多いデータをデータベース的な管理が出来、
     オートフィルタ機能が利用できる。
   ・大量のデータのコピー、ペーストができる。 
   ・罫線が簡単に引けて、複雑な表の作成が便利。
=====================================

そうなんです!エクセルの優れたところ!
なんといっても「オートフィルタ機能」!データを管理しやすいんですよね~♪
firuta20.JPG

わたしもよく使います♪みなさんよく使われる機能の一つですよね^^。

データがある程度集まると、いろんな視点(条件)で絞り込める「オートフィルタ機能」は
と~っても重宝します。
ただの表計算ソフトではない、と感じさせてくれる機能の一つだと思います。

さらに、「大量のデータのコピー、ペーストができる」
そうなのです♪ エクセルは気軽につかえるツールでありながら、
大量のデータを簡単な操作で、さくさく!っと扱えるのも魅了の一つですよね。

ちなみに、エクセルの最大行数&最大列数は、
こんなにあります
   65,536行 255列 (EXCEL2003まで)

 1,048,576行 16,384列 (EXCEL2007から)

かなりの量ですよね・・・。全部使い切ったことないから実感ないです^^;


うん!
さすが、エクセルを知り尽くして、さらにデータベース機能を付加したソフトを開発されたMさん。
よくご存知です!エクセルのすてきな魅力を^^

=====================================
Q2、エクセルで一番重宝してる機能、好きな機能は何ですか?

A2、 書式設定(日付、色付け)、条件付き書式設定。
=====================================
 「条件付き書式」奥深いですよね、これが。。。
いろんな使い方、応用の仕方がありますよ~^^

例えば、
・一行おきの色付け・・・こちら
・曜日の色付け・・・はまちゃんさんの運営されているHP♪
           http://hamachan.info/excel/jyoken.html

まだまだ、たくさんありますが、またの機会にして、このへんにしておきますね。

======================================
Q3、エクセルをどんな用途で使うことが多いですか?

A3、 スケジュール管理。
    ブログラムの仕様書。
    表形式の簡単なホームページの作成(Webページとして保存)
    住所録の管理。
======================================
 
後から行や列を追加したり、表を思うように(罫線を引いて)作れるので、
仕様書などにもエクセルは大活躍!!!ですよね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いかがでしたか?
「EXCELの魅力」共感されるところがありましたか?
実はみなさん、こちらでご紹介しきれないくらい、たくさん回答してくださっています。
それだけ、魅力がいっぱいなツールなんだわ~と、改めて実感♪

次回も、お楽しみに~♪
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ


こんにちは!
kht0011-004.JPG
みなさまお元気ですか?

残暑がきびしいみたいですね。今年は。
秋は来るのかしら?と心配になってしまいます。

当たり前のように来てくれてた、
4つの季節。

日本はとくに、四季折々の風情ある自然の表情が美しく、
心を潤してくれますよね。

やっぱり冬が来る前に、「秋」を味わいたいものです。
あ、食べることばかりではないですよ^^念の為。 紅葉や鈴虫の声や・・・

栗ごはん、食べたくなってきたーーーー^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、今回は「四捨五入」「切り上げ」の方法をご紹介します。


日頃エクセルでデータ計算をしていると、四捨五入したい、切り上げたい!という時がありますよね。
四捨五入の設定方法には、ROUND関数 が便利です!
また、切り上げするには、 ROUNDUP関数 がおすすめ!


この関数では、桁数を指定します。次のように位ごとに決まっています。
四捨五入する桁が、千の位  百の位  十の位  一の位  小数第1位  小数第2位
            -3    -2    -1     0     1        2

平均値を求めたセルを四捨五入してみます。
平均値の隣のセルを選んで、関数の挿入ボタンを押します。ROUND2.JPG

関数の分類は「数学/三角」
関数名は「ROUND」を選びます。※R を押すとRから始まる関数に跳べますよ。
「OK」を押します。
ROUND1.JPG

数値に「F7」(平均値)
桁数に「0」←1の位で四捨五入するときは「0」を入れます。
「OK」を押します。
ROUND3.JPG

1の位以上で四捨五入されました。
                  ※「小数点表示桁下げ」を2回押すと、1の位までの表示になります。
ROUND4.JPGROUND5.JPG

元々あった平均を出す数式に、ROUND関数を組み合わせると、
平均が分かると同時に、四捨五入されますよ。

ROUND6.JPG

ROUND7.JPG


切り上げをしたい という場合には、、、、

また来週♪

良い週末を~^^
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ


こんにちは!kis0101-009.JPG
みなさんお元気ですか?

わたしは遅めの夏休みをいただいて、
田舎で家族との時間を過ごしてきました。

家族って良いですね!やっぱり。
お互い元気でいてくれるだけで嬉しい!

また元気に充実して再会できるように、お仕事がんばります^^



日頃、みなさま、EXCELの魅力 それぞれ感じておられることと思います。
わたしのお勤めしている会社内でも、EXCELをよく利用している方々がいますので、
インタビューしていきながら、その魅力を探ってしまおう!ということで、連載で、
ご紹介していきたいと思います。


今回は、その 第1弾!

営業畑で培われた行動力とするどい勘!
S事業部長へのインタビューです♪

=====================================
Q1、エクセルが便利だと思うところを教えてください。

A1、表を作る時に使用する「コピー機能」が最高!
   DBの設計といった難しいことを考えなくてもデータが作成できること。
=====================================
同感!!!

EXCELでは、表を一から作る必要がないのが良いですよね!
「コピー機能」では、見事にスピーディーに表の作成ができ、
統一感もあるので分かりやすい!

蓄積したデータではなく、現状分析であれば、データベースの設計などを考えなくても、
手軽に(気軽に^^)資料の作成ができますよね。まさにEXCELの出番!という感じ^^


=====================================
Q2、エクセルで一番重宝してる機能、好きな機能は何ですか?

A2、コピー機能。
   ある意味、非常に深いものを持った機能だと思う。
   セルの横方向、縦方向のコピー機能もさることながら、
   シートを超える機能でも非常に便利で生産性を高めてくれるものが多くある。
=====================================
なるほど!
確かにEXCELの「コピー機能」は、と~っても奥深い、と私も思います。

ただのコピーではなく、こんなに豊富なメニューがあるんですよね。
kopi2.JPG

用途に応じて、「コピーさせたい」ものだけ
選べる! 便利!!!

わたしが良く使うのは、「値コピー」です。
数式も罫線もコピーされず、
数式の結果「値」だけがコピーできます^^


S部長は、
以前作成した表を活かした、新しい資料を作成する際、コピー機能がとても重宝するそうです。



======================================
Q3、エクセルをどんな用途で使うことが多いですか?

A3、データ計算する表作り。
   月報や半期、年次報告のパワーポイントの資料に使う表やグラフ作り。
   営業の担当者別物件管理一覧表もExcelを良く使う。
======================================
現場ならでは!
EXCELをよく活用していらっしゃいます。

とくにS部長は、
経営的な観点での分析の表や資料(グラフ)などをよく作成されるので、
EXCELは、手軽にそうした資料(表やグラフ)作成ができ、なくてはならないツールなのですね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いかがでしたか?
「EXCELの魅力」共感されるところがありましたか?

本当にいろんな場面で、用途で使われている「EXCEL」。
その魅力は、100人居たら、100通り♪

こうして実際に使っている方の声を通して、
EXCELが身近な、とっても便利な、奥深いツールだと、わたしも改めて感じています。

さらにインタビュー継続中!です。
次回も、お楽しみに~♪
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

こんにちは!
yam0035-013.JPG
昨日、田舎の親と電話で話していて、
「この夏
クーラーを使ってないよ♪」
と、一言。
うそ~~~!!!と
叫んでしまいました^^;

ちなみに田舎は長野なのですが、朝晩は涼しいそうですよ。

涼みたい方は、ぜひ長野まで足を
のばしてみてください^^

地球に「おんぶにだっこ」ではなくて、
温暖化対策、環境への配慮、自分のできるところから行動していかないとなぁ、
と連日の猛暑に、ふと思わされます。

エアコンの設定温度を1度上げる、地元の作物を食べる(フードマイレージを減らす)etc、
みなさんも何か行動してますか?まずは「わたしから」ですよね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて今回は、データベース関数人数(件数)を数える」編!

日頃、Excelで顧客リストなどデータを扱っていると、
ふと件数が知りたい! 
この場合に当てはまる人数は?すぐ把握したい!
なんて時ありませんか?

そんなとき、いろんなケース(条件)の場合の、
人数(件数)が把握できる、関数「DCOUNT」を、ご紹介していきますね。

前回にひきつづき、下図のようなリストを使います。
(※「条件」と「結果」を表示する欄を、表の右よこに作りました)
datebace-max2.JPG

ちなみに、「平均額」「最高額」「最低額」も、それぞれデータベース関数をつかって、
値を求めています。
datebace-count1.JPG

まず、「人数」のセルにカーソルを置き、関数の挿入ボタンを押します。
関数の分類に 「データベース」、
関数名に 「DCOUNT」を選び、「OK」を押します。
datebace-count2.JPG

Databaseに「リスト」、
フィールドに「寄付金」、
Criteriaに「条件」 を入力して「OK」を押します。
datebace-count4.JPG

結果の人数に、数字が人数「19」と表示されました。
(※条件を設定していないので、全部の人数が表示されています)
datebace-count7.JPG

条件を設定してみると・・・

・東京都の方は、4人 です。平均額、最高額、最低額も同時に分かります。
datebace-count8.JPG

・大阪府の40歳以上の人は、1人。
平均、最高額、最低額も当然、同じ¥5000になっていますね。
datebace-count10.JPG

いかがでしたか?
いろんな条件を設定しておけば、同時に結果が見れて便利ですよね。

ぜひ、ご活用ください。
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ









こんにちは!o0640048010500281347.jpg
みなさま、水分ちゃんと、とってますか?
これがこの夏の挨拶のことばになりつつあります

夜は寝れてますか?
わたしは、なかなか寝付けないので、
ストレッチしています。
それと、氷枕!

暑い時は太い血管の通っている後頭部、
脇の下、などを冷やすのが良いそうですよ。
おかげで、ぐっすりです^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さてこのたび!タイトルにもありますように、

EXCELを愛用している会社内の方々に、
EXCELの魅力をインタビューしてご紹介することになりました!

わたしがお勤めしている、株式会社ニューコムでは、
EXCELをよくお使いの企業様に、
EXCELにデータベース機能を付加する製品を販売しています。(ディービーシートクライアント

そのため会社内でも、EXCELをかなり使いこんでいるプロ級?の方や、
EXCEL大好き!な方が結構いらっしゃいます。

そんな方々の生の声をお届けできたら・・・と思っています。
お楽しみに~♪

応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ


こんにちは!
sng0005-024.JPG
お盆、いかがお過ごしでしたか?
海の写真をみると、涼みます^^

公園に行って地面を見たら、
穴がた~っくさん!!!
蝉が出てきた穴のようなんです。

7年たって、やっと。出番を待ってましたーーー!と、ばかりに、元気な鳴き声を聴かせてくれています。

あまりに一生懸命鳴いているのを聞いてると、
なんだか、見習わなくちゃ(?)と元気をもらった気がします^^

もうしばし、蝉の大合唱~♪聞きながら、夏を過ごしたい、と思っているところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて今回は、データベース関数の中でも「最大値」の求め方のご紹介です。

エクセルで作ったリスト(表)の空いたスペースに、条件と結果を表示する欄をつくります。
今回は横ですが、上でも、下でも構いません。
datebace-max2.JPG


条件の欄に入力したものにマッチした「最高額」を出したいと思います。
「最高額」セルにカーソルを置いて、「関数の挿入」ボタンを押します。
datebace-max1.JPG

関数の分類を「データベース」に、
関数名を「DMAX」(最高額を求める関数)を選択して、「OK」を押します。
datebace-max3.JPG

・Datebaseに、「リスト」
・フィールドに、「E3」(寄付金の項目名のセル)
        ※寄付金額の最高額を求めるので、「寄付金」(項目セル)を選びます。
・Criteriaに、 「条件」を設定(入力)し、「OK」を押します。
        ※あらかじめデータの範囲に名前をつけてあります。前回の記事参照ください。
datebace-max4.JPG

このような数式が入力できました。
datebace-max9.JPG

それでは、条件の欄(赤丸)に、いくつか条件を設定して、
最高額の結果を確認してみます。
datebace-max8.JPG

1、地域が「東京」で、年齢40歳以上の職業「会社員」の寄付金の最高額は、¥2000。
datebace-max10.JPG

2、地域が「大阪府」、年齢20歳以上の「派遣社員」の寄付金の最高額は、¥1000。
datebace-max11.JPG

3、地域が「大阪府」、年齢50歳以上の「自営業」の方の寄付金の最高額は、¥5000.
datebace-max12.JPG

いかがでしたか?
ちなみに、「最少額」は、 DMIN 関数で、だせます!

次回は、人数を求める関数をご紹介しますね。
お楽しみに~♪
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ




こんにちは!
hns0006-009.JPG
お元気ですか?

電車の中はお子さんでいっぱい!

夏休みモードの中、出勤するのも、
なんだか、良いものですね♪

いつも馴染みの場所が
別の場所のようで新鮮だわ~と、
つぶやきながら出勤しております。

アイスが美味しい、陽気!
食べ過ぎてお腹冷やしすぎない様に気を付けましょうね♪あ、わたしだけ?^^;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて今回は、前回に続いて、データベース関数のご紹介♪
条件にあてはまるデータのみ「平均」「合計」「人数」etcを出せます。

お使いの名簿などエクセルのリストがありましたら試してみてくださいね♪


下図のように、表以外の空いたところに「条件」「結果」を表示させる場所を作ります。
いくつでも、好きな項目(リストの項目の)を作れます。
(※図をクリックすると拡大しますヨ)
datebace1-1.JPG

関数をつかって数式を設定していきますが、その前に!
数式で使うデータの「範囲」に、名前を付けておきます。範囲を選ぶ手間が省けます^^

リスト全体を選択して、左上の名前ボックスに「リスト」(お好きな名前を)と入力します。
(名前ボックスへの入力後は必ずEnterを1回押して確定してくださいね)
datebace2.JPG
同じく、「条件」も名前を付けます。
datebace3.JPG

「結果」欄の平均額のセルに、関数を使って数式を入力します。
関数の挿入ボタンを押します。
datebace4.JPG

「データベース」-「DAVERAGE」を選び、「OK」を押します。
datebace5.JPG

Datebaseに「リスト」、フィールド「E3(寄付金)」、Criteriaに「条件」と入れ「OK」を押します。
datebace6.JPG

条件の年齢のセルに、30歳以上(>=30)と入力すると!
30歳以上の方だけの「平均額」が表示されました。
datebace7.JPG

いかがでしたか?
瞬時に数値が求められるのが良いですよね!
ぜひ、ご活用ください♪

次回以降は、最高額、最低額、人数、合計の求め方を紹介していきます^^
お楽しみに~♪
応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

こんにちは!
brd0026-024.JPG

台風がいよいよ到来!
おかげで、だいぶ涼しくなりましたよね。
関東上陸かも!?とニュースになっていたので
ちと心配ですが^^;

自然とうまく付き合いながら、
たくさんの自然からの恵みにも日頃からもっと感謝しなくちゃ!と、
こんなときばかりではないですが、
ふと思うこの頃♪

気候の変化激しいので、体調管理に気をつけてくださいね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、今回は、データベース関数 のご紹介♪
「データベース関数」ってご存知ですか?

「条件に一致するデータだけ」を対象にして、計算ができる関数です。

この関数を使うと、いくつもいろんな条件での絞り込みが設定できます。
オートフィルタ機能だと、抽出後の件数などが分かりませんが、
この関数を使えば、すぐに合計、件数が分かるので、
使いなれると、結構便利ですよ♪

どんな条件で絞り込んだっけ?と、うっかり忘れる私はとっても重宝しています~^^

データベース関数には、6個あります。最初に「D」がついています。

DSUM・・・・・・・ 条件に一致するデータを対象に指定した列の合計を計算します。
DAVERAGE・ ・・ 同じく、平均値を計算。
DCOUNT ・・・・・・・数値の個数。
DCOUNTA ・・・・・・データの個数。
DMAX  ・・・・・・・・最大値。
DMIN ・・・・・・・・・・最小値。

=データベース関数名(リスト範囲、計算する列、検索条件範囲)

という式になります。

実際の使用例は、次回ご紹介しますね!
お楽しみに~♪

応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
現在6
位! にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
          にほんブログ村
もうすぐ夏休み!
fireworks_beiz.jp_M00553.jpg

帰省される方は、なつかしい家族親戚の顔を
見れて、ほっとする、お互いの元気を確認しあえる大切な時ですよね。

お仕事に追われながらも、
ふと気付くと、故郷の風景の中にいるのを想像してたりする、、、のは、
わたしだけ?^^

なにはともあれ、
もうひと頑張りですね^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて今回は、エクセルの表に連動した「グラフの活用」をご紹介します。

光熱費の管理表とグラフです。(図をクリックすると拡大します)
こんなかんじで、上の表に数値を入れると自動的にグラフが作られていくようにできます。
glaf1.JPG
★「EXCELテンプレート」よりダウンロードさせていただきました。
  http://excelman.blog73.fc2.com/



グラフにするエリアはここ♪
glaf9.JPG

範囲を選択して「グラフウィザード」ボタンを押します。
グラフのタイプを選んで「OK」を押します。
glaf8.JPG

後は、数値が分かり次第、入力していけば、
分析が出来てしまいます。
glaf4.JPG

会社でEXCELを使っている方でしたら、
いつも入力している表を、

グラフで表してみる・・・と!

いつもと違う視点から分析ができたり、注意点が分かったり、
傾向が分かったりして、今後の仕事に活かせると思います。

Excelの表がもう、ただの表ではなくて、立派な分析管理するデータへと
グレードアップ!

ぜひ、お試しください♪

応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
現在7
位! にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
          にほんブログ村
 

猛暑が続く中ですが、みなさま、夏バテしていませんか?
himawari_005.jpg

先日、朝テレビを見ていたら、
農業用の「遮光ネット」を窓の外に覆ったら、
ガラスの温度が、7度も低くなった!? と、やっていましたよ♪

昼間の太陽の熱を防ぐから、夜も冷房なしで快適に眠れるとか・・・。
さっそく、この週末にホームセンターに行ってみよう!と思っています。

工夫次第で、快適に過ごせる方法が
まだまだ、ありそう^^
アンテナ張っていよう!と、思っているところです。ゲットしたらまたお知らせしますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、今回は、エクセルの代表的な機能、ピボットテーブルのご紹介!

表の項目を自由に配置して作成する「集計表」です。

ピボットテーブルが便利なのは、
いろんな集計がいとも簡単にできるところ!
日別、月別と集計をすぐに表示してくれます。

項目の場所を入れ替えるのも簡単!自由自在なんです。
置きたいところに、ドラッグするだけ!

表の中にカーソルを置いて、「データ」-「ピボットテーブルとピボットグラフレポート」を
押します。
piboto1.JPGのサムネール画像

「完了」を押します。
piboto2.JPG

それぞれの項目を、ドラッグして任意の位置にもっていきます。
piboto3.JPG

日付ごとの表示を、月単位に変更します。
日付の上で右クリックして、「グループ化詳細の表示」-「グループ化」を押します。
piboto5.JPG


月別の表示になりました。
piboto7.JPG


項目名を表の外までドラッグすると、削除することができます。
piboto8.JPG

さらに!
商品名と日付の位置を変えてみたり・・・自由自在^^
piboto9.JPG

データを追加、修正しても、すぐに反映されます。
分析するには、と~~~っても便利なのが、ピボットテーブル!

ぜひ、お試しくださいね。

応援クリックよろしくおねがいします 
       人気ブログランキングへ
現在7
位! にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
          にほんブログ村
 




  • ディービーシート・クライアントの紹介

月別 アーカイブ

モカの画像
名前: モカ
職業: 事務(エクセルをかなり使いこなしている)
年齢: ひみつ
性格: のんびり、さっぱりしてる(忘れっぽい)
趣味: 山登り、EXCELで家計簿管理、読書、コーヒーの香りにうっとりすること
好きなことば: 必然・必要・ベスト!
好きな食べ物: チョコレートケーキ、五穀米
チャームポイント: 風になびく髪、ほんとは顔が小さい

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。